【2022年最新】ワイモバイルとUQモバイルのサブブランドを徹底比較!【超初心者向け】

UQモバイル
ちくわ
ちくわ

どうも、ちくわやで!
この記事は、「結局ワイモバイルとUQモバイルはどっちがええのん!?」と悩まれている方に、ワイモバイルとUQモバイルのプランはどこが違うのか、結局どっちにしたらいいのか、といった内容を何社もの携帯会社を渡り歩いたスマホオタクのワイが徹底的に比較検証したで!
サブブランドのどちらにしようか迷われている方は参考になるはずやから是非見てみてな!

ゆっくり読む時間がない方は、先に本記事の結論をどうぞ!

価格は税込です!
項目ワイモバイルUQモバイル
料金プラン2,178円(3GB)
3,278円(15GB)
4,158円(25GB)
1,628円(3GB)
2,728円(15GB)
3,828円(25GB)
家族割
適用料金
2,178円⇨990円(1,188円割引)
3,278円→2,090円(1,188円割引)
4,158円→2,970円(1,188円割引)
※2回線目以降より割引適用
家族割なし
光回線割
適用料金
2,178円⇨990円(1,188円割引)
3,278円→2,090円(1,188円割引)
4,158円→2,970円(1,188円割引)
1,628円⇨990円(638円割引)
2,728円→2,090円(638円割引)
3,828円→2,970円(858円割引)
通信速度高速高速
低速通信速度3GBプラン(300kbps)
15GBプラン(1Mbps)
25GBプラン(1Mbps)
3GBプラン(300kbps)
15GBプラン(1Mbps)
25GBプラン(1Mbps)
追加データ料金0.5GB(500円)0.1GB(220円)
0.5GB(550円)
低速・高速通信
切り替え機能
非対応対応
利用回線ソフトバンク回線au回線
基本通話料22円/30秒22円/30秒
かけ放題
オプション
10分かけ放題(月/770円)
無制限かけ放題(月/1,870円)
10分かけ放題(月/770円)
通話パック60分(月/550円)
無制限かけ放題(月/1,870円)
データ繰り越し翌月の末日まで翌月の末日まで
5G対応対応
テザリング対応対応
留守番電話対応対応
初期費用3,300円3,300円
エンタメフリーなしなし
最低契約期間・
解約金
なしなし
支払い方法口座振替・クレジットカード口座振替・クレジットカード
取扱SIMnano SIM
micro SIM
標準SIM
eSIM
nano SIM
micro SIM
標準SIM
eSIM
特典LINE MUSIC6ヶ月無料
データ増量無料
60歳以上通話割引
10,000円のau PAY還元
(オンラインショップ限定)
youtube premium3ヶ月無料
データ増量無料
比較表(ワイモバイル×UQモバイル)
本記事の結論
  • 家族割や光回線とのセット割を適用されないのであれば純粋に料金の安いUQモバイル
  • 光回線セット割は適用しないが家族みんなで乗り換えを検討しているのなら家族割があるワイモバイル
  • 光回線とのセット割を適用するのであれば割引後の料金は同じ
  • 通信速度・低速通信速度はどちらも同じだが、低速・高速通信切り替え機能があるUQモバイルが魅力
  • データ容量を超過した際の追加データ購入料金はどちらも同じだが、UQモバイルの方が種類が豊富
  • かけ放題オプション料金は同じだがUQモバイルの方が種類が豊富
  • 60歳以上で電話をよくされる方であれば60歳以上通話割引のあるワイモバイル

1番のポイントは「低速・高速通信の切り替え」の有無ですね。

これがあるのとないのではデータ容量の消費量は雲泥の差なので要チェックポイントと言えるでしょう。

低速通信の1Mbpsでも特に不満がなければ高い料金プランにする必要もないので、安い料金プランでデータ使い放題とすることも可能です。

ちくわ
ちくわ

人によってこだわりのポイントは違うやろうからよく比べてみてな!

\1年間データ増量キャンペーン中!!/
\データ増量キャンペーン中!!/

以下、本編になります!

ひよっこ
ひよっこ

ワイモバイルとUQモバイルで迷っとるんやけど・・
どんな違いがあるのかイマイチわからんな・・
ワイはどっちを選んだらええんやろ?

ちくわ
ちくわ

確かに似たような特徴があるから迷ってしまうわな・・
そこで今回はワイモバイルとUQモバイルにはどんな違いがあるのか?
結局どっちがいいのか?といった内容を徹底的に比較検証したから解説していくで!

ソフトバンクが運営する「ワイモバイル」

auが運営する「UQモバイル」

どちらも大手キャリアが運営している2つ目の携帯会社なので「サブブランド」と言われますが、両社は「話し合ったんか・・・?」というくらい特徴が似ています。

どちらが自分の環境に適しているのか、確認していきましょう!!

ワイモバイル・UQモバイル徹底比較【サブブランド比較】

まず始めに両社の比較表を見てみましょう。

価格は税込です!
項目ワイモバイルUQモバイル
料金プラン2,178円(3GB)
3,278円(15GB)
4,158円(25GB)
1,628円(3GB)
2,728円(15GB)
3,828円(25GB)
家族割
適用料金
2,178円⇨990円(1,188円割引)
3,278円→2,090円(1,188円割引)
4,158円→2,970円(1,188円割引)
※2回線目以降より割引適用
家族割なし
光回線割
適用料金
2,178円⇨990円(1,188円割引)
3,278円→2,090円(1,188円割引)
4,158円→2,970円(1,188円割引)
1,628円⇨990円(638円割引)
2,728円→2,090円(638円割引)
3,828円→2,970円(858円割引)
通信速度高速高速
低速通信速度3GBプラン(300kbps)
15GBプラン(1Mbps)
25GBプラン(1Mbps)
3GBプラン(300kbps)
15GBプラン(1Mbps)
25GBプラン(1Mbps)
追加データ料金0.5GB(500円)0.1GB(220円)
0.5GB(550円)
低速・高速通信
切り替え機能
非対応対応
利用回線ソフトバンク回線au回線
基本通話料22円/30秒22円/30秒
かけ放題
オプション
10分かけ放題(月/770円)
無制限かけ放題(月/1,870円)
10分かけ放題(月/770円)
通話パック60分(月/550円)
無制限かけ放題(月/1,870円)
データ繰り越し翌月の末日まで翌月の末日まで
5G対応対応
テザリング対応対応
留守番電話対応対応
初期費用3,300円3,300円
エンタメフリーなしなし
最低契約期間・
解約金
なしなし
支払い方法口座振替・クレジットカード口座振替・クレジットカード
取扱SIMnano SIM
micro SIM
標準SIM
eSIM
nano SIM
micro SIM
標準SIM
eSIM
特典LINE MUSIC6ヶ月無料
データ増量無料
60歳以上通話割引
10,000円のau PAY還元
(オンラインショップ限定)
youtube premium3ヶ月無料
データ増量無料
比較表(ワイモバイル×UQモバイル)
ちくわ
ちくわ

この比較表を元に、各項目ごとの詳細を確認していくで!

料金プラン

項目ワイモバイルUQモバイル
料金プラン2,178円(3GB)
3,278円(15GB)
4,158円(25GB)
1,628円(3GB)
2,728円(15GB)
3,828円(25GB)
料金プラン比較

単純な料金プランのみで比較するとUQモバイルの方が安くなっております。

ちくわ
ちくわ

家族割や光回線のセット割を適用されない方はUQモバイルが断然お得となるで!

家族割や光回線とのセット割を適用しないのならUQモバイルがオススメ!

家族割適用料金

項目ワイモバイルUQモバイル
家族割
適用料金
2,178円⇨990円(1,188円割引)
3,278円→2,090円(1,188円割引)
4,158円→2,970円(1,188円割引)
※2回線目以降より割引適用
家族割なし
家族割適用料金比較

UQモバイルは以前までは家族割がありましたが今は受付を終了してしまっております。

一方、ワイモバイルには家族割があり各3種類の料金プランから1,188円の割引が永年適用されます。

ちくわ
ちくわ

ただ注意したいのは1回線目は割引が適用されないということと、
次の項目で説明する「光回線割」との併用ができないという点やな!

家族みんなで乗り換えを検討しており、光回線とのセット割は考えていないという方はワイモバイルがオススメ!

光回線割適用料金

項目ワイモバイルUQモバイル
光回線割
適用料金
2,178円⇨990円(1,188円割引)
3,278円→2,090円(1,188円割引)
4,158円→2,970円(1,188円割引)
1,628円⇨990円(638円割引)
2,728円→2,090円(638円割引)
3,828円→2,970円(858円割引)
光回線割適用料金比較

ワイモバイルでは「ソフトバンク光」や「ソフトバンクAir」などの光回線とセット契約することで、毎月1,188円が永年割引されます。

一方、UQモバイルも「auひかり」などの光回線とセット契約することで、638円〜858円の割引が永年適用されます。

ちくわ
ちくわ

これにより両社の金額はどちらも偶然?同じ金額となるで・・

※光回線のセット割と家族割は併用できないので注意!

光回線とのセット割だけで見ると両社に差はないので比較対象にならず。

通信速度

項目ワイモバイルUQモバイル
通信速度高速高速
通信速度比較
ひよっこ
ひよっこ

高速って言われたってわからんで・・!
どれくらい高速なん!?

ちくわ
ちくわ

その気持ちはわかるんやけどな・・・
通信速度の比較にあまり意味はないんや・・

ワイモバイルはソフトバンク、UQモバイルはauが運営するサブブランドのため通信速度はどちらも非常に高速です。

通信速度は「上り○○Mbps・下り○○Mbps」と表現され、上りはアップロードの速度、下りはダウンロードの速度となります。

しかし大手キャリア回線の場合は50Mbps〜100Mbpsほどの通信速度があり速すぎるんです。

ちなみに下記の動画は私が以前使用していた楽天モバイルでの低速通信(1Mbps)の通信速度です。

1Mbpsの通信速度はこれくらいです!
ひよっこ
ひよっこ

普通に動画とかも見れるんやな・・

ちくわ
ちくわ

これで1Mbpsや・・
50Mbpsや100Mbpsが速すぎることがお分かりいただけたやろか?
50Mbpsも100Mbpsも感想としては「速いな・・」って思うだけやで・・

さらにスマホが古い人や新しい人、都心の人や田舎の人、昼間に通信する場合と深夜に通信する場合など、環境によっても通信速度は大きく異なります。

これらを踏まえた結果、当サイトとしては通信速度の比較にあまり意味はないと考えており、どちらも速いよ!という結論になります。

使用環境によって通信速度は大きく異なるので通信速度比較はあまり参考にならない。
結論、どっちも速いです!!

低速通信速度

項目ワイモバイルUQモバイル
低速通信速度3GBプラン(300kbps)
15GBプラン(1Mbps)
25GBプラン(1Mbps)
3GBプラン(300kbps)
15GBプラン(1Mbps)
25GBプラン(1Mbps)
低速通信速度比較

契約しているギガ数を超えてデータ通信をしてしまうと速度制限がかけられます。

この時の通信速度が低速通信速度というものであり、契約しているプランにより低速通信速度は異なります。

ワイモバイル・UQモバイルともプランごとの低速通信速度は同じとなっており3GBプランで300kbps、15GBプランと25GBプランで1Mbpsとなります。

300kbpsがどれくらいの速度かというと、TwitterなどのSNSの利用やテキストベースで画像などが少ないページのWEB閲覧は可能ですが、画像の多いページの閲覧や動画視聴は見れないことはありませんがストレスを感じるレベルです。

1Mbpsは画像付きのWEBページでもサクサク閲覧でき、YouTubeなどの動画も標準画質程度であれば問題なく視聴できるので、人によっては全くストレスにならないレベルと言えるでしょう。

1Mbpsの通信速度
ちくわ
ちくわ

これだけ使えれば全く問題ないという方もいそうやね!

ワイモバイル・UQモバイルとも低速通信速度は同じなので比較対象にならず。

追加データ料金

項目ワイモバイルUQモバイル
追加データ料金0.5GB(500円)0.1GB(220円)
0.5GB(550円)
追加データ料金比較

契約しているギガ数を超えてデータ通信をしてしまった場合に低速通信となってしまいますが、追加でデータ料金を支払うことでギガを購入することができます。

金額はどちらも同じですがワイモバイルは0.5GBからしか購入できないのに対して、UQモバイルでは0.1GBから購入することが可能です。

ちくわ
ちくわ

ただこの追加データ料金は他社と比較して割高や。
正直なところ、できれば使わないことをオススメするで・・

追加データ料金設定は、UQモバイルの方が種類が豊富であるがどちらも料金は高いので、できることなら使わないことをオススメします。(低速通信で十分!)

低速・高速通信切り替え機能

項目ワイモバイルUQモバイル
低速・高速通信
切り替え機能
非対応対応
低速・高速通信切り替え機能比較

低速通信は契約したギガ数を超過してデータ通信をしてしまった場合に自動的になるものですが、UQモバイルなら自分で切り替えて低速通信とすることが可能です。

ひよっこ
ひよっこ

わざわざ低速にしてどうするん?
高速通信の方がええやん!?

ちくわ
ちくわ

契約しているデータ容量を節約できるんやで!

低速通信に切り替えている間は一切のデータ容量を消費しないので、何気ないネットやSNSの閲覧や標準画質程度のYouTubeなどは低速通信で使い、大きなデータをダウンロードしたり高速通信が肝心なゲームアプリをするときに高速通信に切り替えるなどの使い分けができるようになるんです。

ワイモバイルではこの切り替え機能はありませんので、低速通信を利用して節約したいという方はUQモバイルが良いでしょう。

UQモバイルにはデータ容量を節約するための低速・高速通信切り替え機能があるが、ワイモバイルにはこの機能はない。
この機能は非常に便利なので両社の違いは大きな判断基準となります。

\1年間データ増量キャンペーン中!!/

利用回線

項目ワイモバイルUQモバイル
利用回線ソフトバンク回線au回線
利用回線比較

ワイモバイルはソフトバンクが運営しているのでソフトバンク回線となり、UQモバイルはauが運営しているのでau回線となります。

今現在、使用されている回線と同じ回線に乗り換えの場合は乗り換えがスムーズというメリットがありますが、そこまで手間ではないのであまり気にしなくても問題ありません。

ちくわ
ちくわ

回線はどっちも超優秀やからな!

現在お使いの回線がソフトバンクだから乗り換え先もソフトバンクでなければダメ!などということはなく、どちらも超優秀な回線なのでお好きな回線をお選びください。

基本通話料

項目ワイモバイルUQモバイル
基本通話料22円/30秒22円/30秒
基本通話料比較

基本通話料はどちらも22円/30秒となっており、標準的な料金設定です。

価格差はないので比較対象にはならず。

かけ放題オプション

項目ワイモバイルUQモバイル
かけ放題
オプション
10分かけ放題(月/770円)
無制限かけ放題(月/1,870円)
10分かけ放題(月/770円)
通話パック60分(月/550円)
無制限かけ放題(月/1,870円)
かけ放題オプション比較

かけ放題オプションはUQモバイルの方が種類が豊富ですが、料金は同じに設定されています。

解説
  • 10分かけ放題:電話をした最初の10分間は無料となる(10分以降22円/30秒)
  • 通話パック60分:月に60分間の無料通話分が付与される(60分以降22円/30秒)
  • 無制限かけ放題:どれだけ電話をしても一定金額以上かからない
ちくわ
ちくわ

今はLINE通話などで無料にできるからな!
参考程度に確認しといてや!

かけ放題の種類としてはUQモバイルの方が多いが、金額はどちらも同じ料金設定となっている。

データ繰り越し

項目ワイモバイルUQモバイル
データ繰り越し翌月の末日まで翌月の末日まで
データ繰り越し比較

その月によって使い切らなかったデータ容量を繰り越すことができるサービスです。

両社ともデータ繰り越しに対応しており、翌月の末日まで繰り越すことが可能となっております。

ちくわ
ちくわ

せっかくもらったデータ容量は無駄なく使い切りたいからな!
どちらも対応しとるからありがたいとこや!

データの繰り越しは両社ともに対応しており比較対象にはならず。
繰り越せる期限も翌月末までと同じになっている。

5G

項目ワイモバイルUQモバイル
5G対応対応
5G比較

5G通信にはもちろん両社とも対応しており、5Gスマホをお持ちの方でも安心して乗り換えることができます。

格安SIMなどでは5Gに対応していないところも多いのでありがたいですね!

5Gには両社とも対応しているので比較対象にはならず。

テザリング

項目ワイモバイルUQモバイル
テザリング対応対応
テザリング比較

テザリングとはデータ通信機能を持たないパソコンやタブレット・ゲーム機などを、スマホ通じて通信する機能のことをいいます。

テザリングができれば外出中でも手軽にパソコンやタブレットを接続できるほか、ポケットWiFiなどを持つ必要がないので固定費を抑えることも可能です。

ちくわ
ちくわ

テザリングはスマホのデータ容量の消費が大きいから注意してな!

テザリングは両社とも対応しているため比較対象にならず。

留守番電話

項目ワイモバイルUQモバイル
留守番電話対応対応
留守番電話比較

現在は使う方も減ってきているかと思いますが、地味にありがたいのが留守番電話サービス機能。

こちらも両社とも対応しております。

留守番電話は両社とも対応しているので比較対象にならず。

初期費用

項目ワイモバイルUQモバイル
初期費用3,300円3,300円
初期費用比較

初期費用とは契約をするときにかかる料金のことであり、どちらも3,300円と同額となっております。

初期費用は両社とも同額のため比較対象にならず。

エンタメフリー

項目ワイモバイルUQモバイル
エンタメフリーなしなし
エンタメフリー比較

エンタメフリーとは、一定のアプリなどを利用する際のデータ通信量がかからないというサービスですが、どちらもエンタメフリーサービスはありません。

エンタメフリーは両社とも提供がないため比較対象にならず

最低契約期間・解約金

項目ワイモバイルUQモバイル
最低契約期間・
解約金
なしなし
最低契約期間・解約金比較

携帯会社によっては1年契約・2年契約という縛りがあり、その契約期間内に解約すると違約金が発生し、高いと1万円以上取られるところもあります。

しかし、ワイモバイル・UQモバイルとも最低契約期間や解約金が設定されていないので、気軽に乗り換えることが可能です。

ちくわ
ちくわ

最低契約期間や解約金を設定しているところは結構多いんやで。
両社とも良心的と言えるわな!

両社とも最低契約期間・解約金とも設定されていないため比較対象にならず。

支払い方法

項目ワイモバイルUQモバイル
支払い方法口座振替・クレジットカード口座振替・クレジットカード
支払い方法比較

両社とも口座振替・クレジットカードに対応しているため比較対象にならず。

取扱SIM

項目ワイモバイルUQモバイル
取扱SIMnano SIM
micro SIM
標準SIM
eSIM
nano SIM
micro SIM
標準SIM
eSIM
取扱SIM比較

スマホによって対応しているSIMは異なりますが、両社とも現在利用されているすべてのSIMカードに対応しておりますので、どのスマホでもほぼ利用することが可能です。

SIMって何!?という方はこちら!

両社とも今現在、使用されているすべてのSIMに対応しているため比較対象にならず。

特典

項目ワイモバイルUQモバイル
特典LINE MUSIC6ヶ月無料
データ増量無料
60歳以上通話割引
10,000円のau PAY還元
(オンラインショップ限定)
youtube premium3ヶ月無料
データ増量無料
特典比較

特典でいうとワイモバイルの60歳以上通話割引が魅力的といえます。

これは60歳以上の方であれば、月に1,870円かかるかけ放題オプションから1,100円の割引が永年適用され、770円で毎月誰とでも電話かけ放題とすることができます。

60歳以上で電話をする機会が多いという方はワイモバイルの方がオススメだと言えるでしょう。

\データ増量キャンペーン中!!/

まとめ

  • 家族割や光回線とのセット割を適用されないのであれば純粋に料金の安いUQモバイル
  • 光回線セット割は適用しないが家族みんなで乗り換えを検討しているのなら家族割があるワイモバイル
  • 光回線とのセット割を適用するのであれば割引後の料金は同じ
  • 通信速度・低速通信速度はどちらも同じだが、低速・高速通信切り替え機能があるUQモバイルが魅力
  • データ容量を超過した際の追加データ購入料金はどちらも同じだが、UQモバイルの方が種類が豊富
  • かけ放題オプション料金は同じだがUQモバイルの方が種類が豊富
  • 60歳以上で電話をよくされる方であれば60歳以上通話割引のあるワイモバイル
価格は税込です!
項目ワイモバイルUQモバイル
料金プラン2,178円(3GB)
3,278円(15GB)
4,158円(25GB)
1,628円(3GB)
2,728円(15GB)
3,828円(25GB)
家族割
適用料金
2,178円⇨990円(1,188円割引)
3,278円→2,090円(1,188円割引)
4,158円→2,970円(1,188円割引)
※2回線目以降より割引適用
家族割なし
光回線割
適用料金
2,178円⇨990円(1,188円割引)
3,278円→2,090円(1,188円割引)
4,158円→2,970円(1,188円割引)
1,628円⇨990円(638円割引)
2,728円→2,090円(638円割引)
3,828円→2,970円(858円割引)
通信速度高速高速
低速通信速度3GBプラン(300kbps)
15GBプラン(1Mbps)
25GBプラン(1Mbps)
3GBプラン(300kbps)
15GBプラン(1Mbps)
25GBプラン(1Mbps)
追加データ料金0.5GB(500円)0.1GB(220円)
0.5GB(550円)
低速・高速通信
切り替え機能
非対応対応
利用回線ソフトバンク回線au回線
基本通話料22円/30秒22円/30秒
かけ放題
オプション
10分かけ放題(月/770円)
無制限かけ放題(月/1,870円)
10分かけ放題(月/770円)
通話パック60分(月/550円)
無制限かけ放題(月/1,870円)
データ繰り越し翌月の末日まで翌月の末日まで
5G対応対応
テザリング対応対応
留守番電話対応対応
初期費用3,300円3,300円
エンタメフリーなしなし
最低契約期間・
解約金
なしなし
支払い方法口座振替・クレジットカード口座振替・クレジットカード
取扱SIMnano SIM
micro SIM
標準SIM
eSIM
nano SIM
micro SIM
標準SIM
eSIM
特典LINE MUSIC6ヶ月無料
データ増量無料
60歳以上通話割引
10,000円のau PAY還元
(オンラインショップ限定)
youtube premium3ヶ月無料
データ増量無料
比較表(ワイモバイル×UQモバイル)

いかがだったでしょうか?

両社の判断基準は「家族割を適用するかどうか」60歳以上かどうかというところです。

ワイモバイルには、UQモバイルにはない家族割があったり60歳以上にありがたい特典があります。

しかしこのどちらにも該当しない場合、純粋な料金の安さやオプションの豊富さ、低速・高速通信切り替え機能などUQモバイルが一歩リードしています。

ちくわ
ちくわ

低速・高速通信の切り替え機能がUQモバイルにはあるがワイモバイルにはない。
ここがかなりのポイントとなるで!
せっかく低速通信速度が1Mbpsもあるのに毎月のデータ容量を使い切るまで使えないなんて勿体無いからな!

低速通信を使って賢く節約すれば毎月5〜10GB程度で済ませることもできますし、その分料金プランを下げることも可能です。

さらに余ったデータ容量を繰り越して翌月に高速通信をガンガン使う!といったことも可能となりますので、私の環境であればUQモバイルを選択するかと思います。

ただ人によって環境は異なるので、両社のメリット・デメリットを理解した上で判断されることをお勧めします。

他社と比較しても非常に料金は安くセット割なども充実しているサブブランド、「ワイモバイル」「UQモバイル」はどちらも自身を持ってオススメできる携帯会社となります。

ぜひご検討の上、お試しいただければと思います!!

\1年間データ増量キャンペーン中!!/
\データ増量キャンペーン中!!/
メリット・デメリットはこちらから!
他の携帯会社も気になる方はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました