【徹底検証】povoの特徴やメリット・デメリットから他社との違いをスマホオタクが完全解説!

povo
ちくわ
ちくわ

どうも、ちくわやで!
この記事は「povoってどんなプランなんやろ・・」と思っている方にpovoの特徴からメリットやデメリット、他社との違いやオススメできる人、オススメできない人といった内容を、何社もの携帯会社を渡り歩いたスマホオタクのワイが丁寧に解説するで!
これ1つでpovoの疑問をマルっと解決できるはずやからぜひ読んでみてな!

ゆっくり読む時間がない方は本記事の結論を先にどうぞ!

povoの特徴
  • 携帯会社は大きく分けて「大手キャリア」「大手キャリアのサブブランド」「格安SIM」に分けられ、povoは「大手キャリア」に属しているものの、大手キャリア最大のデメリットである料金が高いという欠点がない。
  • 以前はpovo1.0という20GBプランしかなかったが、2021年9月に現在のpovo2.0となり基本料金0円でのトッピング方式となった。
  • 何もトッピングしないまま180日間が経つと利用停止や契約解除となる可能性があるので注意!
  • povoには細かなデメリットがあるが大きなデメリットは存在せず、最大のメリットとしてはやはりauの超高速通信を格安SIM並みの料金で利用できるというところである。
povoのデメリット
  1. データ通信専用プランがない
  2. 光回線とのセット割や家族割などがない
  3. au回線しか利用できない
  4. 通話料の割引がない
  5. かけ放題オプションが安くはない
  6. 余ったデータの繰り越しに対応していない
  7. 留守番電話を利用できない
  8. データ追加料金が安くはない
  9. 申し込みやサポートがオンラインのみ
  10. 180日以上トッピングしないと契約解除される可能性がある
  11. 国際ローミングが利用できない
  12. 格安SIMと比較すると割高な設定となっている
  13. 低速通信・高速通信の切り替えに対応していない
  14. キャリアメールが使えない ※2021年12月から利用可能!
  15. povo2.0から支払い方法がクレジットカードのみ
povoのメリット
  1. auの超高速通信を低価格で利用できる
  2. 150GBプランがとてもお得
  3. 自分の環境に合う料金体系を自由に組み合わせられる
  4. 初期費用がかからない
  5. 最低契約期間がなく解約金が発生しない
  6. テザリングが申し込み不要、月額料金無料で利用できる
  7. eSIMに対応している
  8. 貴重な5Gに対応している
povoをオススメできない方
  • データ通信専用プランを検討されている方
    (povoにはデータ通信専用プランはありません)
  • auひかりを契約中でセット割を適用して値段を安くしたいとお考えの方
    (通常プランではセット割を適用できますが、新料金プランであるpovoはセット割を適用できません)
  • ドコモ回線やソフトバンク回線でのご利用を検討されている方
    (povoはau回線のみしか利用できません)
  • 電話をよく利用される方
    (通話料の割引などがなく、かけ放題オプションも安いとは言えません)
  • 購入したデータを無駄なく利用したいという方
    (余ったデータの繰り越しには対応しておらず、プランによりデータ容量の使用可能期間があります)
  • ついついデータ容量をオーバーしてしまい追加購入をよくされる方
    (povoのデータ追加購入は1GB/550円と安くはありません)
  • どうしても対面での契約・サポートが受けたいという方
    (povoはオンライン契約・オンラインサポートによりコスト削減を行なうことで安い料金を実現しているので対面による応対はしておりません)
  • 海外旅行や海外出張の多い方
    (国際ローミングに対応していないため、海外で利用することができません)
  • スマホ代を1円でも安くしたい!という方
    (auの通常プランと比較するとお安くなっていますが、格安SIMと比較すると割安とは言えません)
  • 少ないデータ容量で節約しながら賢く利用したいという方
    (povoは低速通信・高速通信の切り替えができないため、常に高速通信となってしまい余計なデータ容量を使ってしまいます)
  • クレジットカードをお持ちでない、または持つ予定のない方
    (支払い方法はクレジットカードのみとなっており、口座振替などには対応しておりません)
povoをオススメできる方
  • スマホはいつでも超高速通信しかありえない!けどスマホ料金は安くしたい!という方
    (auの超高速通信を格安SIM並みの料金で利用することができます!)
  • 長期的な契約を検討されている方
    (150GBプランを半年間で計画的に使うことができれば、他社と比較しても最安となります!)
  • 自分の環境にあったプランを探したい!という方
    (povoは自分の好きなようにデータプランや通話プランなどをトッピングして組み合わせるスタイルとなっており、自分だけの料金プランを作ることが可能です!)
  • 色々な携帯会社を試してみたい!という方
    (povoは初期費用無料・最低契約期間なし・解約金無料となっており、いつでも気軽に乗り換えが可能です!)
  • 外出中にPCやタブレットをよく利用される方
    (povoは申し込み不要・月額料金無料でテザリングを利用することができるので外出中の通信環境で困るということはありません!)
  • eSIMでの利用を検討されている方
    (povoは貴重なeSIMに対応しているため、デュアルSIM運用なども可能です!)
  • 5Gスマホをお持ちで5Gエリア内に自宅や職場がある方
    (povoは貴重な5G通信に対応しております!)

以下、本編になります!

ひよっこ
ひよっこ

新料金プランでpovoってあるやろ?
他社と比べてどんな特徴があるんや?

ちくわ
ちくわ

povoはauから提供されている新料金プランやな!
ドコモからのahamo、ソフトバンクからのLINEMOと同様、2021年3月より提供されたんや。
povoは9月からpovo2.0になり、ahamoやLINEMOとは違いデータ容量や通話オプションなどを組み合わせられるのが特徴となっとるで!

povoの特徴をご説明する前に、最初に確認していただきたいことがあります。

携帯会社には大きく分けて3種類あり、乗り換えの目的によって選ぶ会社は変わってきます。

あなたが乗り換えを検討している目的は何なのか、povoはあなたの目的を果たしてくれるのか確認してみましょう。

まず1つ目は「大手キャリア」です。

大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)

自社回線を所有し全国各地に多数の基地局や店舗を持っているため莫大なコストがかかっている。
そのため、他社と比較しても料金は高めに設定されているが通信環境は抜群。
※多少料金が高くてもいいから超安定した通信環境が欲しい方向け※

ちくわ
ちくわ

新料金プランの登場でかなり安くなってはきたんやけど、サブブランドや格安SIMと比較するとまだまだ高い料金設定となっとるで。

2つ目はサブブランドです。

サブブランド(ワイモバイル・UQモバイル)

大手キャリアが運営する2つ目の携帯会社なのでサブブランドと言われる。
大手キャリアより料金が安く格安SIMより通信環境が安定しているというメリットがあるが、大手キャリアより通信環境は劣り、格安SIMより料金が高めというデメリットを持つ。
※大手キャリアよりは値段を下げたい、でも通信環境も譲れない!という方向け※

ちくわ
ちくわ

大手キャリアが運営してるから光回線とのセット割なんかも充実してるで!
うまく組み合わせることで格安SIMより安くすることも可能やけど、セット割を適用するにはそれなりにルールがあるから注意が必要や!

最後の3つ目は格安SIMです。

格安SIM(mineo・nuroモバイル・IIJMIOなど)

自社回線を持たず、大手キャリアから回線の一部を借りて通信事業を運営している。
オンライン契約・オンランサポートが主流となっておりコストを極限まで削っているため、ユーザーに対して超割安料金で提供することができる。
ただ回線の一部を借りている状態なので、多くの人がスマホを使う時間帯になると混雑してしまい、通信速度が遅くなるというデメリットを持つ。
※多少の通信環境の悪さは許容でき、スマホ代を1円でも安くしたい!という方向け※

ひよっこ
ひよっこ

各社によって特徴が違うんやな・・

ちくわ
ちくわ

povoは大手キャリアに属しとるで!
あなたのこだわりや乗り換えの目的を、大手キャリアの新料金プランであるpovoが満たせるか確認してみてな!

povoは、auが運営しており信頼性も抜群・通信環境も抜群・料金も割安と魅力あふれるプランではありますが、表面上のメリットだけをみて契約してしまうと思わぬ後悔をしてしまうのも事実です。

まずはこの記事でメリット・デメリットの双方をしっかりと確認し、他社との比較もした上でご契約されることを強くお勧めいたします!

ちくわ
ちくわ

携帯会社は比較必須やで!
それではpovoの特徴から見ていこか!

povoの特徴

povoは大手キャリアであるauが2021年3月に提供を開始した新料金プランです。

当初、povoは20GBで2,728円となっており、ドコモの新料金プランである「ahamo」、ソフトバンクの新料金プランである「LINEMO」と似た特徴をしていました。

しかし2021年9月に「povo2.0」となり、基本料金は0円で自分の好きなようにデータ・通話・コンテンツなどをトッピングする形へと変更されました。

トッピングは様々なものがあり、幅広いユーザーに対応できるようになっております。

povoのトッピングの一覧はこちらです。

トッピング内容料金内容
データ使い放題
(24時間)
330円/回購入完了から24時間の間、データ通信が使い放題となる
データ追加1GB
(7日間)
390円/回購入後すぐに利用可能だが7日間の利用可能期間がある
データ追加3GB
(30日間)
990円/回購入後すぐに利用可能だが30日間の利用可能期間がある
データ追加20GB
(30日間)
2,700円/回購入後すぐに利用可能だが30日間の利用可能期間がある
データ追加60GB
(90日間)
6,490円/回購入後すぐに利用可能だが90日間の利用可能期間がある
データ追加150GB
(180日間)
12,980円/回購入後すぐに利用可能だが180日の利用可能期間がある
データトッピング(税込)
トッピング内容料金内容
DAZN使い放題パック
(7日間)
760円/回購入後7日間DAZNの利用と利用中のデータが使い放題となる
smash使い放題パック
(24時間)
220円/回購入後24時間smashの有料プランの利用と
smashのデータが使い放題となる
コンテンツトッピング(税込)
トッピング内容料金内容
5分以内通話かけ放題550円/月1回5分以内であれば国内通話が無料で利用可能
通話かけ放題1,650円/月国内通話が無料で利用可能
通話トッピング(税込)
トッピング内容料金内容
スマホ故障サポート830円/月スマホの故障や水濡れの際に年2回まで端末交換ができる
サポートトッピング(税込)
ひよっこ
ひよっこ

いろいろなトッピングがあるんやな・・
でもこれ・・何もトッピングしないとどうなるんや?

ちくわ
ちくわ

何もトッピングしないでも利用できるで!
ただ、データ通信は最大128kbpsとなってしまうからスマホを投げ捨てたくなるくらいの速度しかでないで・・
あとは、180日間トッピングしないままだと利用停止や契約解除となる可能性もあるんや。

povoは、ahamoやLINEMOの20GBプランと比較すると料金が最も安く設定されておりますが、格安SIMと比較すると最安ではありません。

なるべく安い料金プランを掴むために重要なことは、携帯会社の相場を知ることです。

もし、目の前に売られている「普通のおにぎり」が1,000円したら、おそらく3度見くらいするでしょう・・

ひよっこ
ひよっこ

せ・・せ・・千円のおにぎりとな!?

おにぎりの相場を知っているからこそ、1,000円のおにぎりを買ってしまうリスクは著しく減るんです。

携帯料金も同じで各社の相場を把握していれば、割高な料金を掴まずに済むわけですね。

ちくわ
ちくわ

各社がどんな料金設定で提供しているのか。
どのプランが高くてどのプランが安いのか。
それには下記の記事で比較すると相場が掴めるで!

他社との比較はこちら!(2〜3分で読めます!)
ひよっこ
ひよっこ

1GBと3GBは最安ではないけど他社と比べてもなかなか安いんやな!

相場が掴めてくると、どのプランがお得かということもわかってきますよね。

しかし、料金だけではなく大手キャリアならではの魅力から、惜しいところもあるのが事実。

次からは他社と比較した時のメリットと・デメリットを見ていきましょう!

povoのデメリット

povoのデメリット
  1. データ通信専用プランがない
  2. 光回線とのセット割や家族割などがない
  3. au回線しか利用できない
  4. 通話料の割引がない
  5. かけ放題オプションが安くはない
  6. 余ったデータの繰り越しに対応していない
  7. 留守番電話を利用できない
  8. データ追加料金が安くはない
  9. 申し込みやサポートがオンラインのみ
  10. 180日以上トッピングしないと契約解除される可能性がある
  11. 国際ローミングが利用できない
  12. 格安SIMと比較すると割高な設定となっている
  13. 低速通信・高速通信の切り替えに対応していない
  14. キャリアメールが使えない ※2021年12月から利用可能!
  15. povo2.0から支払い方法がクレジットカードのみ

順番に解説します。

①データ通信専用プランがない

povoにはデータ通信専用プランというものは存在せず、基本料金0円の1プランのみで通話が可能です。

スマホの2台目やタブレットなどで、データ通信専用プランをお探しに方は利用できませんのでご注意を。

②光回線とのセット割や家族割などがない

auには、「auひかり」やWIMAXとのセット割りである「auスマートバリュー」により毎月1,100円が無期限で値引きされたり、家族で加入することで割引となる「家族割プラス」という割引を適用することで2人で加入すると月/550円、3人以上の加入で月/1,100円の値引きが受けられます。

しかし、povoにはこれらのセット割は適用できずauひかりなどを使われている方などには残念なところでしょう。

ひよっこ
ひよっこ

同じauなのにセット割使えないんや・・

ちくわ
ちくわ

元が相当安いから仕方のないとこやな・・

③au回線しか利用できない

povoはauの新料金プランなので、当たり前ではありますがau回線しか利用できません。

しかし、中にはドコモユーザーの方やソフトバンクユーザーの方でpovoに興味をお持ちで乗り換えを検討されている方もいらっしゃるでしょう。

ドコモやソフトバンクで購入したスマホでpovoに乗り換えようとする場合に問題になる可能性があるのが、「SIMロック」と「対応周波数」です。

SIMロックとは?

大手キャリアで購入したスマホには、その購入元のキャリアでしかスマホを使えないように「SIMロック」がかけられています。
このロックがかかった状態では他社に乗り換えたとしても使用することはできず、事前に「SIMロック解除」をする必要があります。
※総務省のガイドラインによりSIMロックは原則禁止され、2021年10月1日以降に発売されているスマホにはSIMロックはかかっておりません!

ちくわ
ちくわ

SIMロックがかかっている方はこちらの記事で簡単に解除できるからぜひやってみてな!
auの方もSIMロック解除をすることでスマホを売るときに値段が上がったりといいことが多いんや。
この機会にSIMロック解除してしまうことをオススメするで!

対応周波数とは?

大手キャリアは国から割り当てられた「周波数帯」というものを利用して通信事業を行なっております。
また、スマホ本体にも対応できる「周波数帯」というものがあり、これは端末によって異なります。
大手キャリアの周波数帯とお手持ちのスマホの周波数帯が同じであれば問題なく通信することができるのですが、違っていると通信速度が遅くなったり、最悪の場合使えなくなる可能性があります。
回線を変える際にはこの周波数帯があっているかを確認する必要があるんです!

ひよっこ
ひよっこ

なんか・・
難しそうやな・・

ちくわ
ちくわ

慣れない方にはようわからんかもしれんな・・
でもそんなに難しいもんではないで!

④通話料の割引がない

どこの携帯会社も通話料は大体22円/30秒となっていますが、他社では専用アプリを利用することで11円/30秒と半額で通話をすることができるサービスなどが非常に多くあります。

しかしpovoにはそのようなサービスはなく、通話料は通常料金である22円/30秒となっています。

ひよっこ
ひよっこ

結構電話とか使うんやけどな・・

ちくわ
ちくわ

よく電話をかける方は料金がかかってしまうんやけど、かけ放題オプションを検討した方がええかもしれんな!

⑤かけ放題オプションが安くはない

povoのかけ放題オプションは2種類となっております。

トッピング内容料金内容
5分以内通話かけ放題550円/月1回5分以内であれば国内通話が無料で利用可能
通話かけ放題1,650円/月国内通話が無料で利用可能
通話トッピング(税込)

「5分かけ放題」の月額550円は他社と比べてもごく平均的な料金となっており割安感はありません。

ahamoではこの5分かけ放題が無料で標準装備されていますので通話に関してはahamoが有利でしょう。

また、「通話かけ放題」の料金も他社と比較して安いところもあれば高いところもある・・といった感じで同じく割安感はありません。

ちくわ
ちくわ

高いところやと2,700円ほどするところもあるんやけど、安いところでは1.400円くらいやったり楽天モバイルは無料で利用できてしまうで・・

ひよっこ
ひよっこ

む・・無料!?
かけ放題が無料って・・

通話を多く利用される方は、povoに乗り換えてせっかく安くしたスマホ代が通話料によって結局割高になってしまう可能性があるので注意してください!

⑥余ったデータの繰り越しに対応していない

povoでは余ったデータ容量を翌月に繰り越すということはできず、さらに購入したデータ容量には利用可能期間が存在します。

トッピング内容内容
データ使い放題
(24時間)
購入完了から24時間の間、データ通信が使い放題となる
データ追加1GB
(7日間)
購入後すぐに利用可能だが7日間の利用可能期間がある
データ追加3GB
(30日間)
購入後すぐに利用可能だが30日間の利用可能期間がある
データ追加20GB
(30日間)
購入後すぐに利用可能だが30日間の利用可能期間がある
データ追加60GB
(90日間)
購入後すぐに利用可能だが90日間の利用可能期間がある
データ追加150GB
(180日間)
購入後すぐに利用可能だが180日の利用可能期間がある
データトッピング(税込)

他社では、例えば20GBプランを契約して使いきれなかったとしても、翌月は「余ったデータ容量+20GB」を利用することができるところが多くありますが、povoは購入してから30日間と決められてしまっています。

この30日間の間に使いきれないともらったデータ容量は無くなってしまうので勿体無いですよね。

ひよっこ
ひよっこ

使いきれないと損した気分になるやん・・

ちくわ
ちくわ

そうやな・・
その気持ちはとてもわかるで・・

⑦留守番電話を利用できない

povoは色々な機能を省くことで料金の安さを実現しています。

そのため留守番電話機能も省かれてしまっており利用することができません。

ひよっこ
ひよっこ

留守電が使えないって地味に痛いな・・

ちくわ
ちくわ

仕事中などで手が離せないのに大事な電話がかかってくることが多いような方は注意が必要やな。

⑧データ追加料金が安くはない

スマホを使っているとついついやってしまいがちなのがデータ容量オーバーです。

そんなピンチの時にありがたいのがデータの追加購入ですが、povoのデータ追加料金は1GB/550円となっており安くはありません。

ちくわ
ちくわ

安いところやと1GB/220円で購入できるところもあるんやで。

ひよっこ
ひよっこ

ついつい使い過ぎてしまうワイには少しでも安い方がええわ・・

⑨申し込みやサポートがオンラインのみ

povoは店舗を持たずauショップでの対応もしていないため、申し込みやサポートはすべてオンラインによる利用となります。

これはpovoの料金体系を維持するためにやむを得ないことであり、どうしても対面受付やサポートを受けたいという方はpovoはオススメできません。

ひよっこ
ひよっこ

安い料金で利用するためには仕方のないことなんやな・・

ちくわ
ちくわ

ドコモの新料金プランであるahamoなら有料やけど店舗契約やアフターサポートに対応しとるで!
どうしても対面契約やサポートを受けたい方はahamoも検討してみてな!

⑩180日以上トッピングしないと契約解除される可能性がある

povoの基本料金は0円となっており、何もトッピングしなくとも128kbpsとかなり遅い通信速度ではあるもののデータ通信ができたり、通話を利用することもできます。

SMSも送信には3.3円ほどかかりますが受信は無料ですし、電話もこちらからの発信は22円/30秒かかりますが着信であれば無料で利用できます。

ひよっこ
ひよっこ

電話なんてしょっちゅうかけへんし、LINEのチャットとかで十分やん!
しかも家にいればWi-Fi使えるから何もトッピングしなくてもええんちゃう!?

と、思われる方もいるかもしれませんが、180日以上トッピングしないと契約解除されたり利用停止となる可能性があるので注意が必要です。

ちくわ
ちくわ

有料サービスを利用しないとあかんわけやな・・

⑪国際ローミングが利用できない

povoでは国際ローミングに対応していないため海外ではそのまま利用することができません。

国際ローミングとは、国内で契約しているスマホをそのまま国外でも利用することができる機能で、他社の新料金プランであるahamoやLINEMOでは対応しております。

ひよっこ
ひよっこ

海外旅行や海外出張によく行かれる方は注意やな・・

ちくわ
ちくわ

いずれ対応する予定ではあるんやけど今のところは未定やな・・

⑫格安SIMと比較すると割高な設定となっている

auの通常プランと比較するとかなりの割安感があるpovoですが、格安SIMと比較するとやはり割安とは言えないため、どのデータ容量をトッピングしたとしても最安とはならないでしょう。

ひよっこ
ひよっこ

その分、通信速度が速いからと割り切るしかなさそうやな・・

ちくわ
ちくわ

そうやな・・
通信速度は格安SIMと比較しても最速やで!

⑬低速通信・高速通信の切り替えに対応していない

スマホを高速通信で利用し続けるということは、例えるならF1レーシングカーで街中を爆走しているようなもの・・

要はオーバースペックとなってしまっています。

テキストベースのWEBサイトを閲覧したり、Twitter・Facebook・インスタグラムなどのSNSの利用も高速通信である必要はないんですね。

ちくわ
ちくわ

無駄なデータ容量をガンガン使ってしまっている状態なんや・・

そこでありがたいのが低速通信と高速通信の切り替え機能ですが、povoにはこの機能はありません。

常に高速運転をしてしまっているのでトッピングしたデータ容量を簡単に超えてしまう可能性があるので注意が必要です。

ひよっこ
ひよっこ

データ容量を超えてしまう自信しかないわ・・

⑭キャリアメールが使えない ※2021年12月から利用可能!

povoは大手キャリアが提供する新料金プランなので、キャリアメールも使えるかと思われがちですが利用することができないんです・・

ひよっこ
ひよっこ

そもそも・・
キャリアメールってどういうやつやったっけ?

キャリアメールとは
  • ドコモの場合:「〜@docomo.ne.jp」
  • auの場合:「〜@ezweb.ne.jp」
  • ソフトバンクの場合:「〜softbank.ne.jp」
ひよっこ
ひよっこ

povoはこのメールアドレスを使えんのか・・

今はLINEのチャットなどでやりとりされている方も多く使われていない方もいるかと思いますが、小さな子供がいる親世代の方は使われている方もいるのではないでしょうか。

実は私の妻もキャリアメールを酷使しており、幼稚園・学校・習い事・・と様々な連絡先をキャリアメール宛に設定してしまっているため、キャリアメールが使えなくなるのは不便だという理由からいまだに大手キャリアの通常プランを利用しています。

ちくわ
ちくわ

全ての連絡先を変更するのは大変やからな・・

キャリアメールは有料ではありますが2021年12月より持ち運びが可能となりました!

2〜3分で読めます!

⑮povo2.0から支払い方法がクレジットカードのみ

povo1.0まではクレジットカードと口座振替に対応していましたが、povo2.0となってからはクレジットカードのみの支払い方法となっております。

「クレジットカードを持っていない」「クレジットカードは持ちたくない」という方もいらっしゃると思うので、支払い方法はクレジットカードしか使えないというのはデメリットとなります。

ひよっこ
ひよっこ

クレジットカードって持ってると使ってまうから怖いのよね・・

ちくわ
ちくわ

ワイもそうやったから気持ちはわかるで!

⑯LINEの年齢認証に対応していない

povo1.0まではLINEの年齢認証に対応しておりましたが、povo2.0ではLINEの年齢認証を利用することができません。

ひよっこ
ひよっこ

年齢認証に対応していないと何か問題があるんか?

ちくわ
ちくわ

LINEの機能が制限されてしまうんや・・

そもそも以前は、LINEに年齢認証はありませんでした。

しかし、LINEは非常に便利で老若男女たくさんの方が利用するツールとなりましたが、思わぬところから個人情報が漏れてしまうという危険性が潜んでいるのも事実です。

そして実際に漏れてしまった個人情報を悪用され、子供たちが犯罪に巻き込まれるというケースが多発してしまったのです。

これにより、LINEには年齢認証が設けられ未成年者にはLINEの一部機能を制限するようになりました。

制限されるLINEの機能はこちら
  • ID検索・電話番号検索:LINE IDや電話番号を検索することで友達を追加できる機能。
    相手のLINE IDか電話番号さえわかっていれば友達追加をすることができる便利な機能。
  • ミーティング:WEB会議のようにURLを指定して最大500名で音声通話をしたりビデオ通話ができる。

そして、povo2.0ではLINEの年齢認証に対応していないため18歳以上の方も上記の機能を制限されてしまいます!

ひよっこ
ひよっこ

マジ・・・!?

本来、年齢認証は大手キャリアとLINEが連携して行なっています。

LINE「この方は18歳以上ですのん?」

大手キャリア「そうやで!!」

と、この連携がとれている為、大手キャリアはLINEの年齢認証に対応しているはずなのですが、povoではこの年齢認証に対応していないのです・・

ちくわ
ちくわ

大事なサービスまで切り離してしまったのやろか・・

チェック!

元々auを契約しておりpovoに乗り換える場合などは年齢認証済みなのでLINEの機能を制限されることはありません。
新規でpovo2.0を契約した場合には年齢認証はできずLINEの機能が制限されるものです。

povoのメリット

povoのメリット
  1. auの超高速通信を低価格で利用できる
  2. 150GBプランがとてもお得
  3. 自分の環境に合う料金体系を自由に組み合わせられる
  4. 初期費用がかからない
  5. 最低契約期間がなく解約金が発生しない
  6. テザリングが申し込み不要、月額料金無料で利用できる
  7. eSIMに対応している
  8. 貴重な5Gに対応している

順番に解説します。

①auの超高速通信を低価格で利用できる

povoの最大のメリットはやはり、auの超高速通信を低価格で利用できるということでしょう。

auは全国各地に多数の基地局と店舗を設けているため莫大なコストがかかっています。

このためスマホ料金がどうしても割高となってしまいますが、新料金プランであるpovoは店舗を持たずにオンライン契約・オンラインサポートとなっているほか、細かい機能(留守番電話機能など)を省いているため安い料金で提供できているんですね。

このため対面サポートが受けられないというデメリットがあるものの、auを利用する上で最大のデメリットであった割高な料金を格段に下げることに成功しています。

ちくわ
ちくわ

auの高速通信を利用できてこの価格は素晴らしいの一言やな!

ただ、格安SIMではpovoより安い料金設定のところもあります。

しかし格安SIMには大勢の人がスマホを使う時間帯に通信速度が遅くなるという最大のデメリットがあるんです。

ひよっこ
ひよっこ

なぜ格安SIMは通信速度が遅くなるんや?

例えるなら、大手キャリアは広い道路を使っているような状態、格安SIMは広い道路の1車線を使わせてもらっているようなイメージなんです。

こんな感じです!
大手キャリアは道幅が広く格安SIMは右幅が狭いので混雑する
格安SIMが遅くなる原因

大手キャリアはどれだけの人が一気にスマホを利用しても広い道路を走っているので混み合うことはありませんが、格安SIMの場合は狭い道路を走っているので多くの人がスマホを利用すると混み合ってしまうんです。

この広い道路を利用するのは高い料金を支払っている大手キャリアを利用する方の特権でしたが、この道路がpovoでは安い料金で利用できてしまうというわけですね!

料金・通信速度どちらをとっても魅力的なpovoは乗り換え先としては有力候補となることでしょう!

\「データ使い放題」プレゼントのpovoフェス開催中!/

②150GBプランがとてもお得

povoには12,980円で150GB利用できるデータトッピングがあります。

一見すると、

ひよっこ
ひよっこ

いや150GBもいらんわい!

と思われるかもしれませんが、これは150GBを180日間で利用するというものです。

各データプランを1GBあたりの単価で表すと次のようになります。

トッピング内容料金1GBあたりの単価
データ使い放題
(24時間)
330円/回
データ追加1GB
(7日間)
390円/回390円
データ追加3GB
(30日間)
990円/回330円
データ追加20GB
(30日間)
2,700円/回135円
データ追加60GB
(90日間)
6,490円/回約108円
データ追加150GB
(180日間)
12,980円/回約86円
1GBの単価
ちくわ
ちくわ

容量が大きいほど1GBあたりの単価が安くなるんやで!!

150GBを12,980円で180日間で利用するということは、1ヶ月あたりに換算すると

「150GB÷6ヶ月=25GB」

「12,980円÷6ヶ月=約2,163円」

ということになります。

ひよっこ
ひよっこ

1ヶ月あたり25GBで2,163円で利用できるって安いやん!!

ちくわ
ちくわ

そうや!
これは格安SIMと比較しても最安やで!!

もちろん1ヶ月で25GBを使い切る必要はなく、データ使用量が多い月もあれば少ない月もあるかと思うので、調整しながら180日で150GBを使えばいいというわけです。

例えばこんな感じです。

利用月利用データ容量1ヶ月換算料金
1月20GB約2,163円
2月15GB約2,163円
3月30GB約2,163円
4月13GB約2,163円
5月17GB約2,163円
6月55GB約2,163円
合計150GB12,980円
データ容量の使い方の例

そうすればデータ容量の支払いは年に2回だけで済みますよね!

ここに注意!

非常にお買い得な150GBプランですが、購入すると途中で解約するのはあまりにも勿体無いので180日間乗り換えができなくなるのと同じことです。
長期で契約をしようとお考えの方はいいのですが、乗り換える可能性がある方は注意が必要です!

③自分の環境に合う料金体系を自由に組み合わせられる

povoは基本料金が0円となっており、そこに自分が好きなようにデータ容量を追加させたりかけ放題オプションを追加させたりというトッピング方式となっております。

トッピングは非常に豊富にあり、データトッピングは6種類となっており自分の環境に合わせたトッピングが可能です。

トッピング内容料金内容
データ使い放題
(24時間)
330円/回購入完了から24時間の間、データ通信が使い放題となる
データ追加1GB
(7日間)
390円/回購入後すぐに利用可能だが7日間の利用可能期間がある
データ追加3GB
(30日間)
990円/回購入後すぐに利用可能だが30日間の利用可能期間がある
データ追加20GB
(30日間)
2,700円/回購入後すぐに利用可能だが30日間の利用可能期間がある
データ追加60GB
(90日間)
6,490円/回購入後すぐに利用可能だが90日間の利用可能期間がある
データ追加150GB
(180日間)
12,980円/回購入後すぐに利用可能だが180日の利用可能期間がある
データトッピング(税込)

コンテンツのトッピングは2種類あり、DAZNやsmashを利用されている方はお得に利用することが可能となっています。

トッピング内容料金内容
DAZN使い放題パック
(7日間)
760円/回購入後7日間DAZNの利用と利用中のデータが使い放題となる
smash使い放題パック
(24時間)
220円/回購入後24時間smashの有料プランの利用と
smashのデータが使い放題となる
コンテンツトッピング(税込)

通話のトッピングは2種類となっており、5分以内の通話をよく利用される方は「5分以内通話かけ放題」、よく長電話をする方は「通話かけ放題」をトッピングできます。

トッピング内容料金内容
5分以内通話かけ放題550円/月1回5分以内であれば国内通話が無料で利用可能
通話かけ放題1,650円/月国内通話が無料で利用可能
通話トッピング(税込)

最後にサポート用のトッピングも用意されており、よくスマホを落としてしまう方などにありがたいスマホ故障サポートをつけることが可能です。

トッピング内容料金内容
スマホ故障サポート830円/月スマホの故障や水濡れの際に年2回まで端末交換ができる
サポートトッピング(税込)
ひよっこ
ひよっこ

色々なトッピングがあるんやな!
この中から自分が使いたいものだけ選択すればええわけか!

ちくわ
ちくわ

そういうことやな!
色々な人の環境に合わせてトッピングできるから無駄なく利用することができるで!

④初期費用がかからない

乗り換えの際に初期費用がかかる携帯会社は非常に多く、8割以上で3,300円以上取られます。

しかしpovoの初期費用は無料となっており、乗り換えに一切の費用がかかりません。

ひよっこ
ひよっこ

気軽に乗り換えできそうやな!

ちくわ
ちくわ

今は乗り換えが当たり前の時代や!
初期費用がかからないというのは非常に嬉しいサービスやで!

⑤最低契約期間がなく解約金が発生しない

携帯会社は大手キャリアだけではなく、大手キャリアのサブブランドや格安SIMといった様々な会社が存在して通信事業を行なっています。

これらの会社による価格競争は激しさを増しており、料金体系は日々変更されています。

今現在、自分にとって最適なプランで契約したとしても3〜4ヶ月後にそのプランが最適なプランではなくなっている可能性もあります。

そこで必要になるのは「フットワークの軽さ」です。

今のプランと比較してもさらに良いプランが出てきた場合、すぐに乗り換えることで常に最適なプランを契約することが可能です。

そのフットワークの足枷となるのが「最低契約期間」と「解約金」の存在です。

他社では1年間の最低契約期間が設定されていて、その期間内に解約すると1万円以上の解約金が発生するところもあります。

しかし、povoには最低契約期間・解約金は設定されておらず、いつでも気軽に乗り換えることが可能です。

ひよっこ
ひよっこ

それはありがたいな!

ちくわ
ちくわ

今は乗り換えは当たり前なんやで!

⑥テザリングが申し込み不要・月額料金無料で利用できる

auの通常プランでもテザリングを無料で利用することはできますが、申し込みが必要となっております。

しかし、povoでは申し込み不要・月額料金無料で利用することがで切るので気軽にテザリングを行うことができます。

テザリングとは?

独自で通信機能を持つスマホなどを親機とし、独自に通信機能を持たないタブレットやPCなどをネットに接続する機能のこと。

⑦eSIMに対応している

eSIMとはスマホ本体に内蔵されたSIMのことで取り外すことができません。

eSIMのメリットはオンライン契約時に乗り換え先の会社からSIMカードを届くのを待つ必要がなく、eSIMの情報を書き換えるだけで乗り換えが完了してしまうということです。

また、携帯会社を2つ契約することで2つの携帯会社のいいとこ取りができる「デュアルSIM」として利用することもできる優れものです。

現在ではeSIMに対応しているスマホも多く、さらにお得にスマホを使いたい方にはeSIMに対応しているというのは非常に嬉しいことです。

ひよっこ
ひよっこ

A社のプランとB社のプランを組み合わせたらさらにお得になるのになぁ・・って時あるもんな!

ちくわ
ちくわ

それがデュアルSIMではできてしまうんやで!

\「データ使い放題」プレゼントのpovoフェス開催中!/

⑧貴重な5Gに対応している

povoはさすが大手キャリアの新料金プランともあり、5G通信にも対応しております。

格安SIMでは、5G通信に対応していないところが多いので5Gスマホをお持ちの方は嬉しいサービスと言えるでしょう。

ひよっこ
ひよっこ

5Gスマホ持ってるなら5G使いたいもんな!

ちくわ
ちくわ

5Gのエリア自体がまだまだ狭いから注意してな!

povoをオススメできる人、できない人の特徴は?

povoはどんな人にオススメできるのか、どんな人にはオススメできないのかをまとめてみました。

ちくわ
ちくわ

あなたの環境によりオススメできる携帯会社は異なるで!
これはあくまで参考までに見てみてな!

povoをオススメできない方
  • データ通信専用プランを検討されている方
    (povoにはデータ通信専用プランはありません)
  • auひかりを契約中でセット割を適用して値段を安くしたいとお考えの方
    (通常プランではセット割を適用できますが、新料金プランであるpovoはセット割を適用できません)
  • ドコモ回線やソフトバンク回線でのご利用を検討されている方
    (povoはau回線のみしか利用できません)
  • 電話をよく利用される方
    (通話料の割引などがなく、かけ放題オプションも安いとは言えません)
  • 購入したデータを無駄なく利用したいという方
    (余ったデータの繰り越しには対応しておらず、プランによりデータ容量の使用可能期間があります)
  • ついついデータ容量をオーバーしてしまい追加購入をよくされる方
    (povoのデータ追加購入は1GB/550円と安くはありません)
  • どうしても対面での契約・サポートが受けたいという方
    (povoはオンライン契約・オンラインサポートによりコスト削減を行なうことで安い料金を実現しているので対面による応対はしておりません)
  • 海外旅行や海外出張の多い方
    (国際ローミングに対応していないため、海外で利用することができません)
  • スマホ代を1円でも安くしたい!という方
    (auの通常プランと比較するとお安くなっていますが、格安SIMと比較すると割安とは言えません)
  • 少ないデータ容量で節約しながら賢く利用したいという方
    (povoは低速通信・高速通信の切り替えができないため、常に高速通信となってしまい余計なデータ容量を使ってしまいます)
  • クレジットカードをお持ちでない、または持つ予定のない方
    (支払い方法はクレジットカードのみとなっており、口座振替などには対応しておりません)
povoをオススメできる方
  • スマホはいつでも超高速通信しかありえない!けどスマホ料金は安くしたい!という方
    (auの超高速通信を格安SIM並みの料金で利用することができます!)
  • 長期的な契約を検討されている方
    (150GBプランを半年間で計画的に使うことができれば、他社と比較しても最安となります!)
  • 自分の環境にあったプランを探したい!という方
    (povoは自分の好きなようにデータプランや通話プランなどをトッピングして組み合わせるスタイルとなっており、自分だけの料金プランを作ることが可能です!)
  • 色々な携帯会社を試してみたい!という方
    (povoは初期費用無料・最低契約期間なし・解約金無料となっており、いつでも気軽に乗り換えが可能です!)
  • 外出中にPCやタブレットをよく利用される方
    (povoは申し込み不要・月額料金無料でテザリングを利用することができるので外出中の通信環境で困るということはありません!)
  • eSIMでの利用を検討されている方
    (povoは貴重なeSIMに対応しているため、デュアルSIM運用なども可能です!)
  • 5Gスマホをお持ちで5Gエリア内に自宅や職場がある方
    (povoは貴重な5G通信に対応しております!)
ひよっこ
ひよっこ

ワイはpovoに向いているやろか・・

ちくわ
ちくわ

万人にオススメの携帯会社というのは存在せんで!
みんな使用環境は違うからな!
携帯会社は必ず比較必須なんや!

他の携帯会社も検討したいならこちらもオススメやで!

格安SIMは比較必須です!
\「データ使い放題」プレゼントのpovoフェス開催中!/

povoユーザーの声

ちくわ
ちくわ

povoを使っている他の人の意見も聞いてみよか!
参考になるはずやで!

povoの悪い評判

ちくわ
ちくわ

データトッピングしないと通信速度は128kbpsとなりスマホを投げ捨てたくなるくらいの速度になってしまうんや。
所定のデータ容量をオーバーしてしまった時も同様やから注意してな!

ちくわ
ちくわ

やはりインターネットのみでの契約に戸惑ってしまう方も多いようやな。
ここはスマホ料金を安くするために我慢しなくてはいけないところや!

ちくわ
ちくわ

データは毎回購入をせんと128kbpsの低速通信となってしまうんや。
毎回購入するのが面倒という意見もあるんやな。

povoの良い評判

ちくわ
ちくわ

外出中などで突然、パソコンやタブレットを使いたい!というときに気軽にデータ通信無制限とできるのはpovoならではのメリットと言えそうやな!

ちくわ
ちくわ

自分のお気に入りのコンテンツを低価格で利用するという方法もpovoの使い道としてはあるんやな!

ちくわ
ちくわ

使いたい時だけデータをトッピングすることで節約しながらデータを利用することができるんやな!
これなら無駄なデータ容量が余ってしまうという心配もなさそうやな!

\「データ使い放題」プレゼントのpovoフェス開催中!/

まとめ

  • 携帯会社は大きく分けて「大手キャリア」「大手キャリアのサブブランド」「格安SIM」に分けられ、povoは「大手キャリア」に属しているものの、大手キャリア最大のデメリットである料金が高いという欠点がない。
  • 以前はpovo1.0という20GBプランしかなかったが、2021年9月に現在のpovo2.0となり基本料金0円でのトッピング方式となった。
  • 何もトッピングしないまま180日間が経つと利用停止や契約解除となる可能性があるので注意!
  • povoの料金が高いのか、安いのか判断するためには、他社の料金表などをみて比較をし相場を掴むことが非常に重要となる。
  • povoには細かなデメリットがあるが大きなデメリットは存在せず、最大のメリットとしてはやはりauの超高速通信を格安SIM並みの料金で利用できるというところである。
  • 万人にオススメできる携帯会社は存在しなため、色々な携帯会社を比較することが必要となる
povoのデメリットをおさらい
  1. データ通信専用プランがない
  2. 光回線とのセット割や家族割などがない
  3. au回線しか利用できない
  4. 通話料の割引がない
  5. かけ放題オプションが安くはない
  6. 余ったデータの繰り越しに対応していない
  7. 留守番電話を利用できない
  8. データ追加料金が安くはない
  9. 申し込みやサポートがオンラインのみ
  10. 180日以上トッピングしないと契約解除される可能性がある
  11. 国際ローミングが利用できない
  12. 格安SIMと比較すると割高な設定となっている
  13. 低速通信・高速通信の切り替えに対応していない
  14. キャリアメールが使えない ※2021年12月から利用可能!
  15. povo2.0から支払い方法がクレジットカードのみ
povoのメリットをおさらい
  1. auの超高速通信を低価格で利用できる
  2. 150GBプランがとてもお得
  3. 自分の環境に合う料金体系を自由に組み合わせられる
  4. 初期費用がかからない
  5. 最低契約期間がなく解約金が発生しない
  6. テザリングが申し込み不要、月額料金無料で利用できる
  7. eSIMに対応している
  8. 貴重な5Gに対応している

いかがだったでしょうか。

あなたがスマホを持ち続ける限り一生かかり続けるスマホ代を見直すということは、生涯で数百万円の固定費を削減するのと同じことです。

携帯会社の乗り換えというのは色々調べたり契約を変更したりと多少の手間は発生します。

しかし、多くの人はこのたった少しの手間を惜しんで数百万円を損してしまっています。

今の日本は、「増えない給料」「増える税金」により生活は一向に楽になりません。

給料を上げることは非常に大変です。

しかし、固定費を下げることは簡単にできてしまうんですね。

ここで行動できるかどうかで、あなたの生涯の固定費の支出は確実に変わります。

ちくわ
ちくわ

あなたがこの記事を見てくれたということは、もうすでに行動できている証拠やで!

povoはauの高速通信を利用できるだけでなく、格安SIM並みの料金とできる非常にオススメの新料金プランです。

あなたの環境に合えば、固定費削減の大きな助っ人となってくれることは間違いないでしょう。

ぜひ、比較・検討のうえ、お試しいただければと思います!

\「データ使い放題」プレゼントのpovoフェス開催中!/
大手キャリアからの乗り換え方法はこちら!
携帯会社の比較はこちらから!

コメント

タイトルとURLをコピーしました