【固定費削減】持ち家の固定費を削減する方法を紹介!

住居費
ちくわ
ちくわ

どうも、ちくわやで!!

この記事は、マイホームを買ったけど固定費にヒーヒー言っている方必見の、固定費削減方法を紹介するで!!

このブログでは、様々な固定費の削減方法を紹介してきました。

えっ?そうなんですか?

という方は、こちらをご覧ください!

ちくわ
ちくわ

火災保険や自動車保険など色々見直してきたけど、次に見直したいのはこれや!!

住宅ローンの金利を見直す

ちくわ
ちくわ

これを住宅ローンの借り換えっていうんや!

借りてるとこを換えるからやな。

何年前に家を買ったかによってだいぶ変わるんやけど、住宅ローンの金利は10年前から下がり続けているんや。

家は金額が大きいから、1%も金利が違うと、物凄く差が出るんやで!!

契約している住宅ローンの金利が、現在の金利水準よりも高い場合、見直しすることで総返済額を減らせる可能性があるんや!!

えっ!?

金利って一度契約したらもう変更できないんじゃないんですか?

ちくわ
ちくわ

そんなことはないで!

固定金利から変動金利へ、変動金利から固定金利へ、固定金利から安い固定金利へ、変更が可能や。

仕組みとしては、新たな銀行で、現在の住宅ローンの残高を借り入れ、そのお金で今の住宅ローンを完済するんや!

住宅ローンの借り換え時の注意事項
  • 新たに登記関連の費用や事務手数料が掛かる
  • 固定金利から変動金利にした場合、金利変動リスクが伴う
  • 変動金利から固定金利にする場合には、金利変動リスクは無くなるが、金利が上昇してしまう可能性がある
  • 現在、借り入れしている金融機関での借り換えはできない
  • ローン残高が1,000万円以上ないと、借り換えの諸費用を差し引くとメリットが低くなる
  • 返済期間がのこり10年以下だと上記と同じくメリットが低い
  • 借り換えすることで金利差が1%以上ないと、メリットが低くなる

ちくわ
ちくわ

登記費用や事務手数料はかなり掛かるから、借り換えをしても、お得になるには上記の赤文字の項目は、満たしている必要があるで!

なるほど・・・

借り換えっていつでもできるんですか?

ちくわ
ちくわ

いつでも可能やで!

ただ、新しい金融機関への借り入れ時の審査や手続き、現在の借入先への返済の手続きといったことをせなあかんから、時間がかかるんや・・

どう見直すか?

でも、実際に見直すって・・・

どうすればいいんですか?

ちくわ
ちくわ

ワイがおすすめしたいのは、「モゲチェックプラザ」や。

ここは口コミをいいし、何よりすごいのは、金利が安いところへの借り換えが成功しても、手数料がかからないんや!

モゲチェックプラザの流れ
  1. メールアドレス・パスワード・プロフィールを入力する
  2. 最短で当日に金融機関の事前審査結果を踏まえ、No.1金利に借り換え可能か結果の連絡が来る(No.1金利とはモゲチェックが収集する全国119の金融機関の住宅ローン金利で最も低い金利のこと。)
  3. No. 1金利の金融機関に借り換えを決めたら、申し込みを行う(金融機関との交渉や必要書類の収集はモゲチェックが代行してくれるので、忙しくて金融機関に行けない方も便利)
  4. 金融機関への借り換え申し込み後、最短2週間で借り換え成功!(この場合、手数料無料!)
ちくわ
ちくわ

もちろん、借り換えに成功しなくても、手数料は取られんで!

住宅ローンやから審査に通らず、No.1金利で借り換えできない場合もあるんや。

そうした場合でも、希望すればあなたにとって1番ベストな借り換えプランを提案してくれるで!

ただ、これは有料になるから注意してな!

金利を見直してみる

【固定費削減】持ち家の固定費を削減する方法を紹介!(まとめ)

  • 住宅ローンの金利は10年前から下がり続けている
  • 10年前の金利では、現在の金利水準より高い可能性があるので借り換えを検討する
  • ローン返済1,000万円以上・返済期間10年以上・借り換え金利差1%以上だとお得になる可能性が大きい
  • モゲチェックプラザで相見積もりを取ってもらい、最も安い金利を探す
ちくわ
ちくわ

火災保険・車両保険でも言ったんやけど、相見積もりは非常に重要なんや!

なんでも相見積もりをする癖をつけような!!

金利を見直してみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました