LIBMO(リブモ)のメリット・デメリットは?特徴・料金プラン・評判・他社との違いなどを一挙解説!

LIBMO
ちくわ
ちくわ

どうも、ちくわやで!
この記事は、LIBMOってどんな格安SIMなんだろう・・?という方に向けて、LIBMOの特徴からメリットやデメリット、どんな方にオススメできてどんな方にはオススメできないのか、といった内容を何社もの携帯会社を渡り歩いたスマホオタクのワイがわかりやすく解説するで!
格安SIMは比較必須やから、これを読んで色々な格安SIMと比較検討してみてな!

ゆっくり読む時間がない方は結論を先にどうぞ!

LIBMOの特徴
  • LIBMOはTOKAコミニュケーション図が運営する格安SIMで、セット割などを使わずに純粋な料金の安さが魅力となっている
  • スマホが1円で購入できる大特価セールを開催していたり、セキュリティサービスが充実しているためお子様のスマホデビューにはオススメの格安SIM
  • LIBMOに限らず、格安SIMは平日の通勤時間帯・お昼休憩時間帯・帰宅時間帯など大勢の人がスマホを利用する時間帯に通信速度が遅くなるというデメリットがあることは認識しておく
  • 最低契約期間・解約金が設定されているので乗り換えの際は注意!
  • 20GBプラン・30GBプランは他社と比較しても最安料金となっている
  • 雑誌が読み放題となるエンタメフリーは貴重な存在となっている
  • 株主優待でスマホ料金が安くなるという珍しい割引方法がある
LIBMOのデメリット
  1. 平日の通勤通学時間帯・お昼休憩時間帯・帰宅時間帯に通信速度が遅くなる
  2. 低容量プランは最安ではない
  3. 料金プランが少ない
  4. 回線がドコモ回線のみ
  5. 専用アプリなどを利用した通話料の割引がない
  6. 5Gに対応していない
  7. 最低契約期間・解約金が設定されている
  8. 支払い方法がクレジットカードのみ
  9. eSIMに対応していない
  10. 取扱店舗が少ない
  11. キャリアメールが使えない ※2021年12月から利用可能!
  12. 低速・高速通信の切り替えができるが低速通信が遅い
  13. LINEの年齢認証に対応していない
  14. 家族割がない
LIBMOのメリット
  1. 20GB・30GBプランの料金が格安SIM界で最安
  2. 初期費用が0円になるキャンペーンを実施中
  3. データ追加料金が割安
  4. 低速通信・高速通信の切り替えが可能
  5. 雑誌が読み放題となる貴重なエンタメフリーオプションがある
  6. 余ったデータを翌月に繰り越せる
  7. テザリングを無料で利用できる
  8. 光回線とのセット割がある
  9. セキュリティーサービスが充実している
  10. かけ放題オプションが充実している
  11. 200kbpsで使い放題のプランがある
  12. 安心な端末補償がある
  13. 株主優待でさらにお得になる
  14. 豊富なキャンペーンを実施している
LIBMOをオススメできない方
  • スマホはどんな時でも最速でないと気が済まない!という方
    (LIBMOに限らず格安SIM最大の課題は、大勢の人がスマホを使う時間帯に通信速度が遅くなるということです)
  • スマホライトユーザーの方
    (低容量プランは他の格安SIMと比較しても最安ではなく、低速通信専用プランも安くはありません)
  • 色々な料金プランの中から自分に合った料金プランを探したい!という方
    (料金プランは5種類と格安SIMの中では少なくはないのですが、5GB〜20GBの間のプランが存在しないため、物足りなく思われる方もいるでしょう)
  • au回線・ソフトバンク回線での利用を検討されている方
    (LIBMOはドコモ回線のみを使用しています)
  • 通話料を少しでも安くしたい!という方
    (他の格安SIMでは専用アプリを利用することで無料で通話料を半額にできたりしますが、LIBMOにはその機能はありません。かけ放題オプションをつけることで通話料を半額とすることは可能です
  • 5Gスマホをお持ちで5Gを使ってみようとお考えの方
    (LIBMOは5Gに対応していません)
  • 色々な格安SIMを試してみたい!とお考えの方
    (LIBMOには1年間の最低契約期間があり、この期間内に解約すると10,450円という高額な解約金が発生してしまいます)
  • クレジットカードを持っておらず、持つつもりもない・・という方
    (料金支払い方法はクレジットカードのみとなります)
  • LIBMOをeSIMとしての利用を検討されている方
    (eSIMに対応していないので物理SIMでのみ契約可能です)
  • 契約時やアフターサポートは必ず対面でしてもらいたい!という方
    (取扱店舗が少なく、契約時や問題発生時も基本的にオンラインがメインとなります)
  • 家族みんなでの契約を検討されている方
    (家族割がないので家族割がある他社の方が安くなる可能性があります。※家族割を適用しなくても相当安いので他社との比較をオススメします!
LIBMOをオススメできる方
  • 20GB・30GBくらいのデータ容量プランを検討されている方
    (LIBMOは20GBプラン・30GBプランが他社と比べても最安となっております!)
  • お得なキャンペーンを利用したい!という方
    (LIBMOにはお得なキャンペーンが沢山あり、スマホが1円で購入できるものまであります!)
  • ついつい月のデータ容量をオーバーしてしまう方
    (データ追加料金が他社と比較しても非常に安く、気軽にデータ追加購入ができます!)
  • 少しでもデータ容量を節約して使いたい!という方
    (低速通信と高速通信を切り替える機能があるので、簡単なテキストベースのWEB閲覧やLINEのチャット、Twitterの閲覧などを低速通信ですることによりデータ使用量を使わずに節約することができます!)
  • 雑誌をよく読んでいて毎月決まった雑誌を購入されている方
    (雑誌が読み放題となる格安SIMの中では非常に貴重なエンタメフリーが存在し、お得に雑誌を読むことが可能です!)
  • データ容量を無駄なく使い切りたい!という方
    (余ったデータ容量は翌月に繰り越せるのであまり使わなかった月も安心!)
  • 外部でパソコンを利用したりする機会の多い方
    (テザリングが申請不要・月額料金無料で利用できるので、自分のスマホを経由して簡単にパソコンなどを接続することが可能となり、環境によってはモバイルルーターも不要となります!)
  • 光回線も同時に変更をしようか検討されている方
    (@T COMという光回線とのセット割を適用することで、光回線の料金から最大で月/330円の割引をすることができます)
  • お子様の格安SIMを検討されている方
    (セキュリティサービスが充実しているので様々なインターネットウイルスから守ってくれるだけでなく、使用するアプリや閲覧するサイトの制限、スマホの使いすぎ防止機能やスマホの使用時間制限などを細かく設定することが可能です!)
  • 特定の人とよく長電話をする方
    (LIBMOには「かけ放題ダブル」という他社にはあまりない珍しいかけ放題オプションがあり、よく電話をする上位3番号を自動で選び無料としてくれるかけ放題オプションがあります!)
  • よく携帯を壊してしまう方
    (端末補償オプションがあるので万が一の時にも安心!)
  • 現在、ドコモから購入したスマホをご利用の方
    (元々ドコモ回線をご利用の方は、SIMロック解除や対応周波数の確認といった手間が必要なく今すぐに安心してお使いいただけます!)
  • 平日の通勤時間帯・お昼休憩時間帯・帰宅時間帯の速度低下を許容できる方
    (格安SIMの宿命である通信速度低下は避けては通れません)
  • TOKAIホールディングスの株を所有されている方
    (LIBMOはTOKAIホールディングスの株主優待で月額料金を安くすることが可能です)

以下、本編になります!

ひよっこ
ひよっこ

LIBMOっていう格安SIMがあるって聞いたんやけど・・
どんな格安SIMなんや?

ちくわ
ちくわ

LIBMOはTOKAIコミニュケーションズが運営する格安SIMやな!

LIBMOの特徴を解説する前に知っておいて頂きたいのは、携帯会社は大きく分けて「大手キャリア」「サブブランド」「格安SIM」の3種類に分けられるということ。

これらはそれぞれ特徴が異なり、自分が何を目的として携帯会社を変更しようとしているのかによって選ぶ携帯会社は変わってきます。

まずはそれぞれの特徴をみてみましょう!

大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)

自社回線により通信事業を行なっており、全国各地に基地局や店舗を多数設けている。
そのため莫大なコストが掛かっているのでスマホ料金はどうしても高くなってしまうという欠点があるが、通信環境は最強でありアフターサポートなども充実している。

サブブランド(ワイモバイル・UQモバイル)

大手キャリアが運営する2つ目の携帯会社なのでサブブランドと言われる。
auのサブブランドがUQモバイルで、ソフトバンクのサブブランドがワイモバイルとなっており、ドコモのサブブランドは存在しない。
大手キャリアより非常に料金が安いのに、大手キャリア並みの通信速度を誇る。
ただ、格安SIMと比べると料金は割高な印象となっている。

格安SIM(LIBMOなど)

大手キャリアから回線を借りているので基地局を必要とせず、契約やサポートもWEB上で行うことが多く店舗自体が少ないところが多い。
そのため非常にコストを抑えているので、ユーザーに破格の料金で提供ができるという魅力があるが、大勢の人がスマホを使う時間帯に通信速度が遅くなりやすいというデメリットを持つ。

ひよっこ
ひよっこ

それぞれに特徴があるんやな・・
LIBMOは「格安SIM」に該当しているんか・・

ちくわ
ちくわ

まずあなたの目的はLIBMO(格安SIM)が満たしてくれているかを確認してな!

格安SIMは非常に料金が安く魅力的なプランが非常に多いですが、意外と見落としがちな落とし穴があるのも事実です。

よくありがちな落とし穴!
  • その料金は光回線や電気とのセット割の料金だった・・
  • その料金は1年間限定だった・・
  • その料金は家族割を適用した料金だった・・
  • 料金は安いがデータ容量がやたらと少なかった・・

これらを見落としたまま契約すると後悔してしまう可能性もありますので注意したいところです。

しかし、料金が高めだな・・と思っても実は60分の無料通話がついていて実はどこよりもお得だった!なんてこともあるので料金だけでは判断できないのも事実です。

料金だけに目を奪われず、その格安SIMの特徴やメリット・デメリット、自分の環境にあうかどうかを理解した上で契約されることを強くオススメ致します。

ちくわ
ちくわ

後悔しないようにしっかり確認してな!
それではLIBMOの特徴から解説するで!

クリックできる目次
  1. LIBMOの特徴
  2. LIBMOのデメリット
  3. LIBMOのメリット
  4. オススメできる人、できない人の特徴は?
  5. LIBMOユーザーの声
  6. まとめ

LIBMOの特徴

LIBMOは、光ファイバーを使用した通信サービスなどを展開する「TOKAIコミュニケーションズ」が運営する格安SIMです。

LIBMOはセキュリティサービスが充実しており、お子様の見守り機能などが1年間無料で利用できるなど嬉しいサービスがあるだけでなく、人気のスマホが1円で手に入るセールなども開催しているのでお子様のスマホデビューにオススメの携帯会社となっております。

回線は安心のドコモ回線となっており、とんでもない山奥でもない限り安心して利用することができます(笑)

そして特筆すべきはなんといっても料金の安さでしょう。

プランは5種類あり、20GB・30GBプランでは特にセット割などを使わずとも格安SIM界において最安となっております。

プラン名データ容量月額利用料
(音声通話・データ通信・SMS)
月額利用料
(データ通信専用)
なっとくプラン
(ライト)
無制限
(最大200kbps)
480円
(税込528円)
なっとくプラン
(3GB)
3GB891円
(税込980円)
780円
(税込858円)
なっとくプラン
(8GB)
8GB
1,380円
(税込1,518円)
1,200円
(税込1,320円)
なっとくプラン
(20GB)
20GB1,810円
(税込1,991円)
1,810円
(税込1,991円)
なっとくプラン
(30GB)
30GB2,480円
(税込2,728円)
2,480円
(税込2,728円)
LIBMOの料金プラン
ひよっこ
ひよっこ

最安です!と言われても・・
いまいちピン!とこないな・・

ちくわ
ちくわ

まずは相場を知ることが大事やで!

例えば、あなたは無性にメロンパンを食べたくなり、いてもたってもいられずスーパーへメロンパンを買いに走りました。

そして念願のメロンパンを目の前にして「700円」という値札を見たら・・

ひよっこ
ひよっこ

メロンパンが・・700円!?
高すぎやろ!!!

と感じることは間違いなく、暴動は不可避でしょう・・(笑)

メロンパンが高いと判断できたのは、いつも買っている・もしくはいつも見ているメロンパンは大体100円くらい、高くても200円〜300円くらいという相場を知っているからですよね。

携帯料金も同じで、相場を知っていれば適正な料金を掴むことができますが、相場を知らないと高い料金で契約してしまう可能性があります。

このLIBMOの料金は高いのか、安いのか、それはこちらの記事を読んでいただければ相場が掴めますよ!

他社との比較はこちらからどうぞ!(2〜3分で読めます!)
ひよっこ
ひよっこ

確かに・・安い!!

ちくわ
ちくわ

セット割などを使わずにこの料金やから純粋に安いと言えるで!

料金以外でも、LIBMOの魅力や惜しいところは沢山あります。

他社と比較してどのようなメリット・デメリットがあるのかを確認していきましょう!

ちくわ
ちくわ

料金も確かに大切やけどな・・
でも料金だけに目を奪われず様々な特徴を比較することが大事なんや!
まずはLIBMOのデメリットから見ていくで!

LIBMOのデメリット

LIBMOのデメリット
  1. 平日の通勤通学時間帯・お昼休憩時間帯・帰宅時間帯に通信速度が遅くなる
  2. 低容量プランは最安ではない
  3. 料金プランが少ない
  4. 回線がドコモ回線のみ
  5. 専用アプリなどを利用した通話料の割引がない
  6. 5Gに対応していない
  7. 最低契約期間・解約金が設定されている
  8. 支払い方法がクレジットカードのみ
  9. eSIMに対応していない
  10. 取扱店舗が少ない
  11. キャリアメールが使えない ※2021年12月から利用可能!
  12. 低速・高速通信の切り替えができるが低速通信が遅い
  13. LINEの年齢認証に対応していない
  14. 家族割がない

順番に解説します。

①平日の通勤通学時間帯・お昼休憩時間帯・帰宅時間帯に通信速度が遅くなる

これはLIBMOに限らず格安SIM全体の課題です。

格安SIMは大手キャリアから回線の一部を借りている状態なので、例えるなら広い道路の車線の一部を借りているような状態です。

この状態で大勢の人がスマホを使うと混雑してしまい、通信速度が遅くなってしまうというわけなんですね。

大手キャリアは道幅が広く格安SIMは右幅が狭いので混雑する
格安SIMが遅くなる原因
ひよっこ
ひよっこ

これが理由で遅くなってしまうんやな・・

要チェック!!

通信速度はその人の環境に大きく影響します。
同じお昼休み中だとしても、最新のスマホを持った人が田舎で通信をすれば通信速度は速いでしょうし、古いスマホをお持ちの方が都会のど真ん中で通信をすればかなり遅くなってしまうでしょう。
通信環境は使っている機種・使っている時間・使っている場所など人それぞれなので、一概に遅くなるという訳ではありません。

ちくわ
ちくわ

格安SIMによっても借りている回線の量は違うんやけどな!
ただ大手キャリアなどと比べると遅くなってしまうというのは覚えておいてな!
全く使い物にならん!というくらい遅くなる訳ではないので安心してや!

②低容量プランは最安ではない

LIBMOの低容量プランも非常に安くて魅力的ではあるのですが、他の格安SIMと比べると最安!というほどではありません。

他の格安SIMでは、「低速通信の無制限プラン」は500円ほどで利用できるものもあったり、「1GBプラン」であれば400円ほどで利用できるものから無料で利用できるものまで存在します。

5GBプランも目立って安いという訳ではないので、低容量プランで十分!というスマホライトユーザーの方は別の格安SIMにされることをオススメします。

ひよっこ
ひよっこ

低容量プランはオススメできんのやな・・

ちくわ
ちくわ

スマホヘビーユーザーの方でも、家に光回線の環境がありほぼ家でしかスマホを使わない!という方も当てはまってくるで!

③料金プランが少ない

LIBMOの料金プランは5種類しかなく、選びやすいという方もいるかと思いますが自分に合ったプランがない・・と思われる方もいるかと思います。

特に5GBプランの次は20GBプランと極端に容量に開きがあり、スマホのライトユーザーでもなく、ヘビーユーザーでもない10GBや15GBプランあたりを探しているミドルユーザーにはデメリットとなるでしょう。

ひよっこ
ひよっこ

自分に合ったちょうど良いプランやないとデータ容量足らんくても嫌やし、余らしても勿体ないもんな・・

ちくわ
ちくわ

そうなんや・・
余ったデータ容量は繰り越せるんやけど翌月までやからな・・

④回線がドコモ回線のみ

LIBMOはドコモ回線のみを利用しており、au回線・ソフトバンク回線は利用することができません。

ひよっこ
ひよっこ

ドコモ回線が利用できれば十分とちゃうの?

ドコモで購入したスマホでLIBMOを検討されているのであれば問題ありませんが、問題なのはauやソフトバンクでスマホを購入された方が、スマホはそのままでLIBMOのSIMカードを挿入して使用する場合です。

例えばauでスマホを購入した場合、そのスマホにはau回線しか利用できないように「SIMロック」というものがかけられています。

※2021年10月1日以降に販売されているスマホにはSIMロックはかかっていません!!

このSIMロックをかけられた状態では「ドコモ回線」「ソフトバンク回線」を利用することはできませんのでSIMロックを解除する必要があります。

ちくわ
ちくわ

2〜3分でできるで!

SIMについてもっと知りたい方はこちらもどうぞ!

その他、スマホには「対応周波数」というものがあり、こちらの確認も必要です。

ひよっこ
ひよっこ

対応周波数・・・?
そんなん初めて聞きましたわ・・

ちくわ
ちくわ

対応周波数っちゅうのは、スマホと通信事業者の相性のようなもんやな!

対応周波数とは?

大手キャリアは国から指定された「周波数帯」というものを利用して通信事業を行なっています。
また、スマホ本体にも対応する「周波数帯」というものがあり端末ごとに異なります。
お互いの周波数帯が同じであれば問題なく利用することができますが、周波数帯が違うと通信速度が遅くなったり最悪使えなくなるということが起きる可能性があります。

対応周波数についてわかりやすく説明している記事はこちら!
ひよっこ
ひよっこ

そんなん気にしたこともなかったわ・・

ちくわ
ちくわ

大手キャリアを使っていれば気にすることはないからな!

SIMロック解除も対応周波数の確認もそれほど難しいものではありませんが、慣れないとわかりにくく面倒だと感じる方もいるでしょう。

au・ソフトバンクで購入したスマホでLIBMOの使用を検討されている方は「SIMロック解除」と「対応周波数の確認」という作業が必要になる可能性があるということは覚えておいてくださいね!

⑤専用アプリなどを利用した通話料の割引がない

LIBMOの通話料は22円/30秒となっておりどこの携帯会社とも同じ金額となっています。

しかし、他の格安SIMなどでは専用のアプリを利用して通話をすることにより、11円/30秒と半額にできたり、無料で通話し放題になるものもあります。

LIBMOはかけ放題オプションなども豊富にあり、かけ放題オプションをつけることで通話料を11円30秒とすることができますが、オプションをつけないと基本の通話料は安くならないということは覚えておいた方が良いでしょう。

ひよっこ
ひよっこ

長電話とか結構してまうんやけど・・

ちくわ
ちくわ

月額料金はかかってまうけど・・
かけ放題オプションを組み合わせるのがええで!

⑥5Gに対応していない

LIBMOは5G通信に対応していないので、5Gスマホをお持ちの方はデメリットとなるでしょう。

ひよっこ
ひよっこ

5Gスマホ持ってるなら使いたいもんな・・・

ちくわ
ちくわ

5Gの対応エリア自体がまだまだ狭いから注意してな!

⑦最低契約期間・解約金が設定されている

現在はさまざまな携帯会社の参入で価格競争が激化しています。

今、自分にとって最良の携帯会社を選べていたとしても、価格の変動などにより数ヶ月後にその携帯会社や料金プランが最良のものでなくなってしまっている可能性は大いにあります。

もし、最良のプランが他にあった場合にはフットワークを軽く、すぐにでも乗り換えられるというのは非常に重要なポイントです。

しかし、LIBMOには1年間の最低契約期間が存在し、この期間中に解約をすると解約違約金として10,450円を徴収されます。

ひよっこ
ひよっこ

なかなかの金額やな・・

ちくわ
ちくわ

これは飛び抜けて高い解約金やで・・

他の格安SIMには最低契約期間や解約金が設定されていないものも多いので、乗り換えがスムーズにできなくなってしまうというのはデメリットとなるでしょう。

要チェック!

最低契約期間があり解約金が発生するのは音声通話SIMのみです。
(データ専用SIMには最低契約期間・解約金は設定されておりません。)

⑧支払い方法がクレジットカードのみ

他の格安SIMのスマホ料金の支払い方法は、クレジットカードや口座振替での支払いに対応しているところも多くありますが、LIBMOはクレジットカードのみとなっていますので、クレジットカードを持っていない、持ちたくない、という方にとってはデメリットとなるでしょう。

ひよっこ
ひよっこ

カードってなんか怖いから持ちたくないんよね・・

ちくわ
ちくわ

気持ちはわかるで・・
ワイもそうやったからな・・

⑨eSIMに対応していない

eSIMとはスマホの端末内に埋め込まれたSIMのことで、物理的なカードがあるmicro SIMやnano SIMとは異なります。

eSIMの最大のメリットはWEB上で登録するだけで簡単に携帯会社を乗り換えることができるので、「契約する」→「SIMが自宅に届く」→「SIMを入れ替える」という面倒がなくなるのです!

ひよっこ
ひよっこ

SIMを待ったり・・
交換したりって地味に面倒なのよね・・

ちくわ
ちくわ

eSIMならその問題は一切ナッシングやで!

その他、eSIMをうまく活用すると携帯会社のいいとこ取りができるデュアルSIMとして使うこともできる魅力的なeSIMですが、残念ながらLIBMOではeSIMは取り扱っておりません・・

LIBMOをeSIMで使いたい!という方はデメリットとなるでしょう。

⑩取扱店舗が少ない

LIBMOは基本的にオンライン契約がメインとなっていますので、大手キャリアやサブブランドと比べると店舗の量は明らかに少ないです。

ただ、オンライン契約をできる方であれば大抵の問題は自力で解決できますのでそこまでデメリットとはならないでしょう。

「どうしても・・何がなんでも店舗でサポートを受けたい!!」という方にとってはデメリットとなりますが、正直なところそういう方にはあまり格安SIMはオススメできません・・

ひよっこ
ひよっこ

大抵、問題が起きても調べればなんでも出てくるしな・・

ちくわ
ちくわ

そうなんや・・言い方がキツくなって申し訳ないんやけど・・
自分で調べることができず人に頼りたいという方には格安SIMはオススメできんで・・
料金に惹かれて安易に乗り換えて後悔しないようにここは強めに言わせてもらうで!
堪忍してな!

⑪キャリアメールが使えない ※2021年12月から利用可能!

大手キャリアから格安SIMへの乗り換えを検討されている方は、現在使っている「キャリアメール」を利用することができません。

ひよっこ
ひよっこ

キャリアメールってなんやったっけ・?

キャリアメールとは
  • ドコモの場合:「〜@docomo.ne.jp」
  • auの場合:「〜@ezweb.ne.jp」
  • ソフトバンクの場合:「〜softbank.ne.jp」

私の妻は、「幼稚園」「小学校」「習い事」、その他たくさんのところにキャリアメールアドレスを連絡先として登録しており、格安SIMに乗り換えようとした際にこのキャリアメールが使えなくなることを知り、乗り換えを断念しています。

キャリアメールを様々な連絡先などに登録している方は使えなくなってしまうので注意が必要です。

ちくわ
ちくわ

全ての連絡先の登録し直しはかなり面倒やもんね・・

キャリアメールは有料ではありますが2021年12月より持ち運びが可能となりました!

2〜3分で読めます!

⑫低速・高速通信の切り替えができるが低速通信が遅い

高速通信でテキストベースのWEBサイトなどを見ているのは、F1レーシングカーで街中を走っているようなもの・・

ちくわ
ちくわ

つまりオーバースペックということやな!

ひよっこ
ひよっこ

常にエンジン全開フルスロットル!!
爆速でGO!GO!やでぇ!!

こんなことをしていると、あっという間に月のデータ容量を超えてしまう可能性があります・・

テキストベースの簡単なWEB閲覧などは低速通信でも十分に可能なんですね。

こんな時に便利なのが低速通信と高速通信を切り替える機能です。

アプリで簡単に低速通信と高速通信の切り替えができデータ容量の節約に役立ちます。

LIBMOはこの低速・高速通信の切り替え機能に対応していますが、低速モードが遅すぎるというデメリットがあります・・

ちくわ
ちくわ

低速通信モードは最大128kbpsという速度や。

ひよっこ
ひよっこ

それってどれくらいの速度なん?

128kbpsの速度はこんな感じ!
  • WEB検索のトップページを表示するまでに1分ほどかかる
  • YouTubeはずーっとクルクル回ってロードしている。動画が流れても途中で止まる
  • Instagramは読み込み・表示に時間がかかる
  • Twitterの閲覧は多少時間がかかるが可能
  • LINEのチャットでのやり取りは可能だが写真などは読み込みに時間がかかる
ちくわ
ちくわ

まぁ要するに・・
スマホを投げ捨てたくなるくらいの速度っちゅうことやな!

ひよっこ
ひよっこ

・・・・・・。

他の格安SIMには低速通信となっても1Mbpsという通信速度を維持できるものもあり、1Mbpsの速度があればWEB閲覧はもちろん動画の視聴も可能なレベルです。

1Mbpsの通信速度はこちら!
ひよっこ
ひよっこ

これだけサクサク動いてくれれば問題ないやん・・

ちくわ
ちくわ

これなら遅くなっても気にならんレベルよね!

⑬LINEの年齢認証に対応していない

LINEは老若男女、沢山の方が利用している便利なツールですがとても便利な反面思わぬところから個人情報が漏れてしまうという危険性も潜んでいます。

そして漏れてしまった個人情報を悪用され子供達が犯罪に巻き込まれるというケースが増えてしまったため、LINEの機能の一部を制限するようになりました。

制限されるLINEの機能
  • ID検索・電話番号検索:LINE IDや電話番号を検索することで友達を追加できるのでQRコードを読み取ったりふるふるしたりせずに済む。
  • ミーティング:URLを指定してWEB会議のように最大500名で音声通話をしたりビデオ通話ができる機能。

そして、格安SIMでは18歳以上であっても上記の機能は制限されてしまうんです・・

ひよっこ
ひよっこ

な・・なぜや?!
年齢制限があるのは仕方ないことやと思うで!?
でもなんで18歳以上なのに格安SIMやと利用できんのや?!

LINEは、ユーザーの年齢を確認する方法として大手キャリアに情報開示を求めています。

大手キャリアもこれを承認しているため、大手キャリアや大手キャリアのサブブランドを利用されている方は、LINEが年齢を確認できるので18歳以上であればLINEの機能を制限されることはありません。

しかし格安SIMはLINEと大手キャリアのような連携が取れていないので、LINEとしては年齢を確認する術がないんですね・・

このため、格安SIMは全ての人が年齢認証できないためにLINEの機能を制限されてしまうという訳なんです・・

ひよっこ
ひよっこ

なるほど・・
格安SIMならではの問題っちゅうわけか・・

ちくわ
ちくわ

今後対応していく可能性はあるからな!

⑭家族割がない

他の格安SIMには家族割があるものも複数あり、家族まとめて格安SIMに変更することで家族割が適用され料金がさらに安くなるのですが、LIBMOに家族割はありません。

ひよっこ
ひよっこ

お得な割引はあったほうがええもんな・・

ちくわ
ちくわ

元々の料金が既に安いんやけどな・・
ただ、家族割は期間に制限がなくずっと割引されるところがほとんどやから、家族で契約を検討されている方は家族割がある携帯会社と料金を比べてみるのもええかもな!

家族割がある格安SIMはこちら!
家族割がある格安SIMはこちら!

LIBMOのメリット

LIBMOのメリット
  1. 20GB・30GBプランの料金が格安SIM界で最安
  2. 初期費用が0円になるキャンペーンを実施中
  3. データ追加料金が割安
  4. 低速通信・高速通信の切り替えが可能
  5. 雑誌が読み放題となる貴重なエンタメフリーオプションがある
  6. 余ったデータを翌月に繰り越せる
  7. テザリングを無料で利用できる
  8. 光回線とのセット割がある
  9. セキュリティーサービスが充実している
  10. かけ放題オプションが充実している
  11. 200kbpsで使い放題のプランがある
  12. 安心な端末補償がある
  13. 株主優待でさらにお得になる
  14. 豊富なキャンペーンを実施している

順番に解説します。

①20GB・30GBプランの料金が格安SIM界で最安

LIBMOは料金プランが非常に良心的となっており、どのプランでも非常に安いのですが特に、「20GBプラン」と「30GBプラン」の料金は他の携帯会社(大手料金プラン・サブブランド・格安SIM)と比較しても最安となっております。

他社との比較はこちら!(2〜3分で読めます!)
ひよっこ
ひよっこ

確かに・・
一番安いわ!

さらにLIBMOのスゴイところは、光回線とのセット割や家族割などを使わずにこの料金を実現しているということです。

ちくわ
ちくわ

セット割を使ってならこの料金にできるところもあるんやけどな。
純粋にここまで安いのはLIBMOの魅力やで!

これにより光回線とのセット割は考えていない方や、家族割を適用できない方でもお得に利用することができます!

注意!!
  • LIBMOに家族割はありません!

他の格安SIMでは、セット割が適用できたとしても割引が期間限定であったり、2回線目からしか割引されなかったりするものも多いので、純粋にずっとこの金額で利用できるというのは非常に有難い料金設定といえます。

ひよっこ
ひよっこ

セット割やら・・家族割やら・・期間限定やら・・
余計なこと考えずに済むのはありがたいわ!

ちくわ
ちくわ

1年後に料金が上がってしまう・・
などという心配をせんで済むのは嬉しいとこやな!

\スマホ大特価セール開催中!/

②初期費用が0円になるキャンペーンを実施中

LIBMOに限らず、通常どこの格安SIMであっても大体3,300円ほどの初期費用がかかりますが、LIBMOは「初期費用0円プログラム」というキャンペーンを実施しており、初期費用無料でLIBMOを利用することが可能です。

ひよっこ
ひよっこ

気軽に始められるのは有難い!

ちくわ
ちくわ

たかが3,300円・・されど3,300円や!
お得に契約できるに越したことはないで!

③データ追加料金が割安

スマホ利用中でピンチだった時ランキング第1位は、「データ容量不足」です。
(私の個人的ランキングです笑)

計画的に使っているつもりでも、いつの間にか使いすぎてしまうということもありますよね・・

そんな時に有難いのがデータ容量の追加購入ですが、LIBMOのデータ追加料金は1GB/330円と非常に割安になっております。

他の格安SIMでは1GBで500円以上したり、中には100MB(1GB=1000MB)200円ほどになっているなどあり得ない金額になっているものもあるので、LIBMOの追加料金は非常に良心的と言えるでしょう。

ひよっこ
ひよっこ

ついついデータ容量をオーバーしてしまうワイには助かるわ・・

ちくわ
ちくわ

緊急時にも安心して利用できるな!

④低速通信・高速通信の切り替えが可能

高速通信を使い続けるということは、例えるならF1レーシングカーで街中を走っているようなもの・・

要するにオーバースペックなので余計なデータ容量を使ってしまっているんです。

ちくわ
ちくわ

これでは月のデータ容量をオーバーしてしまう可能性があるで・・

そんな時に便利なのが低速通信と高速通信の切り替え機能です。

この機能を使うことでデータ容量を節約できるんですね!

ひよっこ
ひよっこ

でも低速通信って結構遅いんやないの・・?

簡単なメールの送受信やテキストベースのWEB閲覧、Twitterの閲覧・投稿やLINEのチャット送受信程度であれば低速通信でも問題なく行えるので普段は低速通信を使用し、動画の閲覧や重いファイルのダウンロードの時に高速通信を使う、という使いわけができるようになるんです。

ちくわ
ちくわ

ただやはり、慣れない人は結構遅く感じるので注意してな・・

そしてLIBMOには、常時低速通信ですが最大200kbpsのなっとくプラン(ライト)と、高速通信と低速通信を切り替えられるプランの2つのタイプがあるというのも覚えておきたいところです。

プラン名データ容量月額利用料
(音声通話・データ通信・SMS)
月額利用料
(データ通信専用)
低速通信速度
なっとくプラン
(ライト)
無制限
(最大200kbps)
480円
(税込528円)
最大200kbps
なっとくプラン
(3GB)
3GB891円
(税込980円)
780円
(税込858円)
最大128kbps
なっとくプラン
(8GB)
8GB
1,380円
(税込1,518円)
1,200円
(税込1,320円)
最大128kbps
なっとくプラン
(20GB)
20GB1,810円
(税込1,991円)
1,810円
(税込1,991円)
最大128kbps
なっとくプラン
(30GB)
30GB2,480円
(税込2,728円)
2,480円
(税込2,728円)
最大128kbps
LIBMOの料金プラン

本当にメールやLINEのチャットくらいしかしない!という方であれば問題ないのですが、正直なところ最大128kbpsも200kbpsも使い勝手がいいものではありません・・

ただ、低速通信・高速通信の切り替えがある格安SIMは貴重な存在です。

ひよっこ
ひよっこ

まぁないよりはあったほうがええよね!

ちくわ
ちくわ

その人の使用環境によっては便利な機能となるで!

⑤雑誌が読み放題となる貴重なエンタメフリーオプションがある

LIBMOには、人気雑誌800誌以上が読み放題となる「タブホ」というエンタメフリーオプションがあります。

格安SIM全体をみても、エンタメフリーオプションの存在自体が非常に珍しく貴重なサービスとなっております。

月額料金は税込550円で利用でき様々な雑誌がスマホで読み放題となるお得なサービスとなっており、今なら最大で2ヶ月無料となっております!

読み放題の雑誌(抜粋)
  • BAILA
  • 週刊現代(lite)
  • GetNavi
  • ESSE
  • MORE
  • 週刊SPA!
  • 週プレ(lite)
  • MAQUIA
  • eclat
  • LEE
  • オレンジページ
  • 週刊アスキー
  • non.no
  • FRIDAY
  • MEN’S NON-NO
ひよっこ
ひよっこ

これらが550円で読めるのは安すぎやろ!

ちくわ
ちくわ

これだけやなくてまだ大量にあるで・・
なんせ800誌以上やからな・・

\スマホ大特価セール開催中!/

⑥余ったデータを翌月に繰り越せる

LIBMOは大容量プランである20GBプラン・30GBプランが他の格安SIMと比較しても割安となっています。

そのため、データ通信を多く使うミドルユーザーからヘビーユーザーにオススメの格安SIMとなっておりますが、データ通信をよく使うといってもその月によってはあまり使わなかった・・ということもありますよね。

ひよっこ
ひよっこ

余ったデータ容量を捨てるのは損した気分になるわ・・

しかしLIBMOなら余ったデータ容量を翌月まで繰り越せるので、データ容量も無駄なく利用することが可能です。

ちくわ
ちくわ

他の格安SIMやと繰り越しできないものも結構あるんやで!

⑦テザリングを無料で利用できる

LIBMOは申し込み・月額料金無料でテザリングを利用することができるので、外出中のネット環境も安心です。

ひよっこ
ひよっこ

テザリング・・・?
って美味しいんでっか?

ちくわ
ちくわ

食べ物とちゃうで・・

テザリングとは

スマホなど独自に通信機能を持つものを親機として、通信機能を持たないPCやタブレット・ゲーム機などをWi-FiやBluetoothなどによりネットに繋ぐ機能のことをいい、状況によってはモバイルルーターなどが不要となるので大きな固定費の削減となる可能性がある。
しかし、スマホのデータ通信量が大きく減りやすくバッテリーの消耗も早いので注意が必要。

テザリングを詳しく知りたい方はこちら!

最近は、ほぼどこの携帯会社も無料で利用することができますが、以前は料金を取られることもありました。

また、今でも大手キャリアではわざわざ申し込みをしなくてはいけないところもあるので、申し込み不要・月額料金無料はありがたいサービスと言えます。

ひよっこ
ひよっこ

外でパソコンとか使うからありがたい機能やな!

ちくわ
ちくわ

データ通信量とバッテリーに注意してな!

⑧光回線とのセット割がある

当サイトでは、セット割が適用できるのであれば携帯会社と光回線の会社を同じ会社とすることをオススメしております。

スマホが「ドコモ」なら「ドコモ光」

スマホが「ソフトバンク」なら「ソフトバンク光」

スマホが「au」なら「auひかり」

といった感じですね。

ひよっこ
ひよっこ

それはなぜなんや?

ちくわ
ちくわ

やはりセット割の割引効果は大きいんや!
中には光回線とのセット割で毎月1,000円以上安くなることもあるんやで!

他の格安SIMには光回線とのセット割に対応していないものも多数ありますが、LIBMOは「@T COMヒカリ」という光回線とのセット割に対応しており、光回線の通信費を安くすることが可能です。

@T COMヒカリとは?

NTT東日本/西日本が提供する「フレッツ光」と@T COMのプロバイダがセットになった、高品質&お得なインターネット接続サービスです。

@T COMヒカリの料金プランと割引額はライトプランを除いて220円の割引となります。

要確認!

LIBMOの携帯料金が値下げされるのではなく、光回線料金が値下げされます!

ひよっこ
ひよっこ

スマホ料金からじゃなく、光回線の料金から割引されるんやな!

ちくわ
ちくわ

そうやな!
格安SIMの中では光回線の割引は珍しいということは覚えといてな!

\スマホ大特価セール開催中!/

⑨セキュリティーサービスが充実している

非常に便利なスマホですが、インターネットには様々な危険が潜んでいるのも事実です。

セキュリティが情弱なままだとインターネットウイルスに感染し、個人データを抜き取られてしまうということもあり得ますし、またお子様が思わぬ危険に晒されるということも起こり得る可能性があります。

ウイルスに感染するとこんな危険が!
  • 身に覚えのない高額請求
  • 身に覚えのない通信記録
  • 身に覚えのないアプリのダウンロードやアプリの破損
  • 端末が遠隔操作されてしまう
  • 個人情報漏洩
  • データの損失
  • 端末の破損
  • 金銭の搾取
  • SNSなどのアカウント乗っ取り
  • カメラを遠隔操作され盗聴・盗撮される
ひよっこ
ひよっこ

ヤバすぎですやん・・

そんな時に安心なのが、LIBMOの「TOKAI SAFE」というセキュリティオプションです。

TOKAI SAFEとは

オンラインの世界でお客様の情報を保護するために開発されたセキュリティサービス。
現在確認されているウイルスだけではなく未知のウイルスもブロックすることができ、第三者機関からも数多く表彰され世界に認められたセキュリティとなっているため、インターネット検索・オンラインショッピング・動画閲覧・音楽の再生・家族や友達とのコミュニケーションなど安心して利用することができる。

ちくわ
ちくわ

インターネットって便利やけどわからんことも多いからな・・
どこでどんな危険に晒されてるかなんてわからんのやで!

このTOKAI SAFEは1つのライセンスで7台まで追加することができ、家族全員をウイルスの脅威から守ることができるのも嬉しいところ。

さらに、保護者がお子様の使用するアプリや閲覧するサイト・スマホの使用時間なども簡単に設定できるため、お子様を危険から守るだけでなくスマホの使いすぎも防止できるので、スマホデビューしたばかりのお子様をお持ちの親御さんにとっては非常に嬉しいオプションとなっております。

ひよっこ
ひよっこ

子供の見守り機能も付いているのはありがたいな!

ちくわ
ちくわ

今なら3ヶ月無料で利用可能やで!

⑩かけ放題オプションが充実している

LIBMOには3種類のかけ放題オプションがあり充実しているので、自分の環境にあったかけ放題オプションを選択することが可能です。

10分かけ放題(月/850円(税込935円))

国内通話が10分間までなら何度かけても無料となる、かけ放題オプションとなります。
10分を超えた後も通常22円/30秒のところ、11円30秒で通話可能なのも嬉しいところ。
他社では専用アプリを利用して通話料を半額にすることができますが、RIBMOは専用アプリを使わずに半額にできます。

かけ放題ダブル(月/1,300円(税込1,430円))

その月の国内通話料上位3番号の通話料が無料となる、かけ放題オプションです。
上位3番号は自動で抽出されるのでわざわざ申請する必要はありません。
10分かけ放題の内容もセットとなっている為、上位3番号以外の方と通話する時も国内通話10分以内であれば通話料はかかりません。
こちらも専用アプリを使わずに利用することが可能です。

通話パック30(月/880円(税込968円))

月に30分の無料通話が付与される

ひよっこ
ひよっこ

なるほど・・
確かに色々あるわ・・

ちくわ
ちくわ

料金は平均的といったとこやな!
かけ放題ダブルは他の格安SIMにはあまり無い珍しいものや!
特定の方とよく電話する方は検討してみてな!

⑪200kbpsで使い放題のプランがある

LIBMOには低速通信専用でデータ容量無制限で利用できる珍しいプランがあります。

特徴は、他のプランとは違い低速通信速度が最大200kbpsであるということ。

家に光回線の環境があり、ネット通信は家でしかしない、

または外出中でもスマホでやることといえばメールかLINEのチャットくらい、

という方は十分な通信速度です。

ひよっこ
ひよっこ

高速通信ができないんやな・・
でも確かに、人によっては必要ない人もおるんか・・

ちくわ
ちくわ

その人によって使用環境は全く違うからな!
高速通信なんて使わないから勿体無い!という方にオススメのプランや!

⑫安心な端末補償がある

LIBMOには、「LIBMO端末補償」「つながる端末保証 by LIBMO」という2つの端末補償オプションがあり、スマホの万が一の故障に対応してくれるサービスがあります。

LIBMO端末補償

LIBMOで購入した端末を補償してくれる(iPhoneを除く) 月/税込418円

つながる端末保証by LIBMO

LIBMO以外で購入された端末を補償してくれる 月/税込550円
※新規申し込み時に限り申し込み可能なので注意!

こんなトラブルに対応!
  • タッチパネルやバッテリーの不具合など、突然の動作不良
  • 落下による画面やカメラの破損
  • 致命的な水没や水漏れなど

「アップルケア」の場合は修理代金が安くなるだけで無料とはなりませんが、LIBMOの端末補償は1年間に1回まで無料で修理してもらえます。

ちくわ
ちくわ

1回目の交換は4,400円、2回目の交換は8,800円や!

ここに注意!!
  • 修理と交換を合わせて1年に2回まで利用できる
  • 保証上限は50,000円/回となり、超過分は本人負担となる
  • 盗難・紛失は保証対象外となる
  • Wi-Fiモデルは補償の対象外となる
  • 故障してから7日以内の申請が必要となる
ひよっこ
ひよっこ

よくスマホを落とすワイにはええかもしれんな・・

ちくわ
ちくわ

毎月500円ほどで安心を買えるわけやな!

⑬株主優待でさらにお得になる

LIBMOには「TOKAIホールディングス株主優待制度」というものがあり、株主は月額料金を割り引いてくれます。

保有株数月額割引額割引期間割引額合計
100〜299株月/350円6ヶ月2,100円
300〜4,999株月/850円6ヶ月5,100円
5,000株以上月/1,880円
6ヶ月11,280円
株主優待割引額
ここに注意!
  • 株は100株単位でしか購入できません
  • 株価は毎日変動しますので、スマホ代で得をしても株で損をする可能性もあります

この記事を作成している2022年1月9日現在の株価は1株879円となっておりますので、350円の割引を適用したいのなら100株購入すると879円×100株で87,900円必要となります。

300株なら263,700円ですね。

ひよっこ
ひよっこ

ワイにとってはかなりの額やな・・

ちくわ
ちくわ

株にはリスクがあるんや!
増える可能性もあるし減る可能性もある。
自己責任で頼むで!

⑭豊富なキャンペーンを実施している

LIBMOは豊富なキャンペーンを実施しており、お得にスマホを持つことが可能です。

特典名内容併用できない
キャンペーン
スマホ大特価セール数量限定で対象の端末を1円で購入することも可能初期費用0円プログラム
データ増量プログラム
端末割引プログラム
最大12,000円相当還元プログラム
初期費用0円プログラム通常3,300円かかる初期費用が無料となる端末割引プログラム
最大12,000円相当還元プログラム
データ増量プログラム音声通話SIMで5GBを申し込むと最大1年間、毎月3GB無料でもらえる
(最大1年間は5GBプランで毎月8GB利用できる)
最大12,000円相当還元プログラム
端末割引プログラム
端末割引プログラム20GBまたは30GBプランの契約と同時に端末をセット購入すると、
LIBMO月額利用料から毎月最大550円が24ヶ月割引される
スマホ大特価セール
最大12,000円相当還元プログラム
初期費用0円プログラム
データ増額プログラム
最大12,000円相当
還元プログラム
20GBまたは30GBの音声通話SIMを申し込むと、
最大12,000円相当のポイントがもらえる
端末割引プログラム
初期費用0円プログラム
データ増額プログラム
QTモバイルのキャンペーン
ひよっこ
ひよっこ

色々なキャンペーンがあるけど併用できないものも多いんやな・・

ちくわ
ちくわ

そうやな。
全部適用できたら無料になってまうからな(笑)
自分の環境では何が一番お得になるか選ぶんやで!

ここまでキャンペーンが豊富な格安SIMは非常に貴重となっています。

ぜひこの機会にお得にLIBMOをお試しくださいね!

\スマホ大特価セール開催中!/

オススメできる人、できない人の特徴は?

LIBMOはどんな人にオススメできるのか、どんな人にはオススメできないのかをまとめてみました。

ちくわ
ちくわ

その人の環境によってオススメできる携帯会社は変わるで!
あくまで参考までに見てみてな!

LIBMOをオススメできない方
  • スマホはどんな時でも最速でないと気が済まない!という方
    (LIBMOに限らず格安SIM最大の課題は、大勢の人がスマホを使う時間帯に通信速度が遅くなるということです)
  • スマホライトユーザーの方
    (低容量プランは他の格安SIMと比較しても最安ではなく、低速通信専用プランも安くはありません)
  • 色々な料金プランの中から自分に合った料金プランを探したい!という方
    (料金プランは5種類と格安SIMの中では少なくはないのですが、5GB〜20GBの間のプランが存在しないため、物足りなく思われる方もいるでしょう)
  • au回線・ソフトバンク回線での利用を検討されている方
    (LIBMOはドコモ回線のみを使用しています)
  • 通話料を少しでも安くしたい!という方
    (他の格安SIMでは専用アプリを利用することで無料で通話料を半額にできたりしますが、LIBMOにはその機能はありません。かけ放題オプションをつけることで通話料を半額とすることは可能です
  • 5Gスマホをお持ちで5Gを使ってみようとお考えの方
    (LIBMOは5Gに対応していません)
  • 色々な格安SIMを試してみたい!とお考えの方
    (LIBMOには1年間の最低契約期間があり、この期間内に解約すると10,450円という高額な解約金が発生してしまいます)
  • クレジットカードを持っておらず、持つつもりもない・・という方
    (料金支払い方法はクレジットカードのみとなります)
  • LIBMOをeSIMとしての利用を検討されている方
    (eSIMに対応していないので物理SIMでのみ契約可能です)
  • 契約時やアフターサポートは必ず対面でしてもらいたい!という方
    (取扱店舗が少なく、契約時や問題発生時も基本的にオンラインがメインとなります)
  • 家族みんなでの契約を検討されている方
    (家族割がないので家族割がある他社の方が安くなる可能性があります。※家族割を適用しなくても相当安いので他社との比較をオススメします!
LIBMOをオススメできる方
  • 20GB・30GBくらいのデータ容量プランを検討されている方
    (LIBMOは20GBプラン・30GBプランが他社と比べても最安となっております!)
  • お得なキャンペーンを利用したい!という方
    (LIBMOにはお得なキャンペーンが沢山あり、スマホが1円で購入できるものまであります!)
  • ついつい月のデータ容量をオーバーしてしまう方
    (データ追加料金が他社と比較しても非常に安く、気軽にデータ追加購入ができます!)
  • 少しでもデータ容量を節約して使いたい!という方
    (低速通信と高速通信を切り替える機能があるので、簡単なテキストベースのWEB閲覧やLINEのチャット、Twitterの閲覧などを低速通信ですることによりデータ使用量を使わずに節約することができます!)
  • 雑誌をよく読んでいて毎月決まった雑誌を購入されている方
    (雑誌が読み放題となる格安SIMの中では非常に貴重なエンタメフリーが存在し、お得に雑誌を読むことが可能です!)
  • データ容量を無駄なく使い切りたい!という方
    (余ったデータ容量は翌月に繰り越せるのであまり使わなかった月も安心!)
  • 外部でパソコンを利用したりする機会の多い方
    (テザリングが申請不要・月額料金無料で利用できるので、自分のスマホを経由して簡単にパソコンなどを接続することが可能となり、環境によってはモバイルルーターも不要となります!)
  • 光回線も同時に変更をしようか検討されている方
    (@T COMという光回線とのセット割を適用することで、光回線の料金から最大で月/330円の割引をすることができます)
  • お子様の格安SIMを検討されている方
    (セキュリティサービスが充実しているので様々なインターネットウイルスから守ってくれるだけでなく、使用するアプリや閲覧するサイトの制限、スマホの使いすぎ防止機能やスマホの使用時間制限などを細かく設定することが可能です!)
  • 特定の人とよく長電話をする方
    (LIBMOには「かけ放題ダブル」という他社にはあまりない珍しいかけ放題オプションがあり、よく電話をする上位3番号を自動で選び無料としてくれるかけ放題オプションがあります!)
  • よく携帯を壊してしまう方
    (端末補償オプションがあるので万が一の時にも安心!)
  • 現在、ドコモから購入したスマホをご利用の方
    (元々ドコモ回線をご利用の方は、SIMロック解除や対応周波数の確認といった手間が必要なく今すぐに安心してお使いいただけます!)
  • 平日の通勤時間帯・お昼休憩時間帯・帰宅時間帯の速度低下を許容できる方
    (格安SIMの宿命である通信速度低下は避けては通れません)
  • TOKAIホールディングスの株を所有されている方
    (LIBMOはTOKAIホールディングスの株主優待で月額料金を安くすることが可能です)
ひよっこ
ひよっこ

色々あるんやな・・
ワイの環境ではLIBMOに適してるやろか・・

ちくわ
ちくわ

他の格安SIMも検討したいならこちらもオススメやで!

格安SIMは比較必須です!
\スマホ大特価セール開催中!/

LIBMOユーザーの声

ちくわ
ちくわ

LIBMOを使っている他の人の意見も聞いてみよか!
参考になるはずやで!

LIBMOの悪い評判

ちくわ
ちくわ

通信環境は問題ないという方も沢山いるんやけど、やはり環境によっては遅くなってしまう方はいるようやな。

ちくわ
ちくわ

こちらも環境によって繋がらなくなる時があるという意見や。
これは格安SIMを使っている以上、避けられない問題やな・・

ちくわ
ちくわ

頻繁に起こっとるわけや無いけど通信障害があることもあるんやな・・

LIBMOの良い評判

ちくわ
ちくわ

格安SIM最大の課題である通信速度が遅くなる問題は、環境によってはそれほど気にならないようやな!

ちくわ
ちくわ

毎月5,000円も安くなるのに品質も問題なし!という意見や。
こうなると・・乗り換えない理由はないな・・!

ちくわ
ちくわ

株主優待で料金を下げている方は多いんやな!

\スマホ大特価セール開催中!/

まとめ

  • LIBMOはTOKAコミニュケーション図が運営する格安SIMで、セット割などを使わずに純粋な料金の安さが魅力となっている
  • スマホが1円で購入できる大特価セールを開催していたり、セキュリティサービスが充実しているためお子様のスマホデビューにはオススメの格安SIM
  • LIBMOに限らず、格安SIMは平日の通勤時間帯・お昼休憩時間帯・帰宅時間帯など大勢の人がスマホを利用する時間帯に通信速度が遅くなるというデメリットがあることは認識しておく
  • 最低契約期間・解約金が設定されているので乗り換えの際は注意!
  • 20GBプラン・30GBプランは他社と比較しても最安料金となっている
  • 料金が高いのか、安いのか自分で判断するためには他の格安SIMと比較して相場を知る必要がある
  • 雑誌が読み放題となるエンタメフリーは貴重な存在となっている
  • 株主優待でスマホ料金が安くなるという珍しい割引方法がある
  • その人の環境によってオススメの格安SIMは異なるので、自分の環境に適した格安SIMかどうかをメリット・デメリットを理解した上で総合的に判断する必要がある
LIBMOのデメリットをおさらい
  1. 平日の通勤通学時間帯・お昼休憩時間帯・帰宅時間帯に通信速度が遅くなる
  2. 低容量プランは最安ではない
  3. 料金プランが少ない
  4. 回線がドコモ回線のみ
  5. 専用アプリなどを利用した通話料の割引がない
  6. 5Gに対応していない
  7. 最低契約期間・解約金が設定されている
  8. 支払い方法がクレジットカードのみ
  9. eSIMに対応していない
  10. 取扱店舗が少ない
  11. キャリアメールが使えない ※2021年12月から利用可能!
  12. 低速・高速通信の切り替えができるが低速通信が遅い
  13. LINEの年齢認証に対応していない
  14. 家族割がない
LIBMOのメリットをおさらい
  1. 20GB・30GBプランの料金が格安SIM界で最安
  2. 初期費用が0円になるキャンペーンを実施中
  3. データ追加料金が割安
  4. 低速通信・高速通信の切り替えが可能
  5. 雑誌が読み放題となる貴重なエンタメフリーオプションがある
  6. 余ったデータを翌月に繰り越せる
  7. テザリングを無料で利用できる
  8. 光回線とのセット割がある
  9. セキュリティーサービスが充実している
  10. かけ放題オプションが充実している
  11. 200kbpsで使い放題のプランがある
  12. 安心な端末補償がある
  13. 株主優待でさらにお得になる
  14. 豊富なキャンペーンを実施している

いかがだったでしょうか。

生活を豊かにするには大きな固定費を見直すことは必要不可欠です。

格安SIMは、大きな固定費であるスマホ料金を下げるための有効な手段であり、セット割などを利用しなくても純粋に料金の安いLIBMOは多くの方にオススメできる格安SIMとなっております。

当サイトのオススメは、「20GBプラン」と「30GBプラン」

他社と比較しても料金が最安となっているので安心して利用することができます。

その他、雑誌が読み放題となるエンタメフリーオプションなどありがたいサービスも充実していますが、大勢の人がスマホを使う時間帯に通信速度が遅くなってしまうというデメリットも存在します。

「大手キャリア」

「大手キャリアの新料金プラン」

「大手キャリアのサブブランド」

「格安SIM」

と、様々な携帯会社がありますが、どれも万人にオススメできる携帯会社というものは存在しません。

ちくわ
ちくわ

電話を沢山する人・・
電話は全くしない人・・
データ通信を沢山する人・・
データ通信は全くしない人・・
色々な人がいるからな!

あなたの環境によってオススメできる格安SIMは異なりますので、LIBMOはあくまで1つの選択肢とお考えください!

色々と比較された上でLIBMOがあなたの環境にあっているのであれば、あなたの生活を豊かにする強力な味方となってくれることは間違いありません。

ぜひご検討の上、お試し頂ければと思います!

ちくわ
ちくわ

給料を増やすのは大変やけど支出を減らすのは簡単なんやで!
LIBMOがあなたの環境に合えば必ず満足できるはずや!
ぜひ試してみてな!

\スマホ大特価セール開催中!/
色々な格安SIMを比較したい!という方はこちらをどうぞ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました