【携帯会社・格安SIM比較】【2022年1月版】格安SIM・サブブランド・新料金プランを扱う21社をまとめて比較!

スマホ基礎知識
ちくわ
ちくわ

どうも、ちくわやで!!
この記事は携帯料金を安くしたいけど、色々な携帯会社がありすぎてどれがいいのかさっぱりわからん!という方の為に、各携帯会社の特徴やプランなどを分かりやすく解説するで!
ぜひ見ていってな!

大手3キャリア(docomo・SoftBank・au)でのスマホ料金はバカになりませんよね・・。

しかしそんな時に、大手キャリアから新料金プランが登場し値段もグッと下がってきました。

ひよっこ
ひよっこ

これだけ安くなればええわ〜

と思ってはいけません!

ちくわ
ちくわ

スマホ代はもっと安くなるで!

大手キャリアの新料金プラン意外にも、大手キャリアが運営している「サブブランド」というものが存在し、さらに料金を下げることも可能です。

その他にも「格安SIM」というものがあり、環境によっては数百円、または無料でスマホを持つことも可能となります。

ひよっこ
ひよっこ

む・・無料!?
それはありがたいけど・・
怪しくないんか・・?

ちくわ
ちくわ

全然怪しくないんやで!

まず、他の携帯会社に乗り換える前に覚えておいて頂きたいのは、「万人におすすめできる携帯会社は無い」ということです。

人によっては電話を沢山する方もいればあまりしない方もいますし、データ通信を沢山する方もいれば、しない方もいますよね。

ひよっこ
ひよっこ

かけ放題は絶対に譲れへんで!

ネコ
ネコ

データ通信は沢山するから大容量がええねん。

クマ
クマ

通信速度だけは最速で頼むで!!

最後は、自分自身でここだけは譲れないというポイントを明確にした上で決められることを強くお勧めいたします。

また、

ひよっこ
ひよっこ

もうすでに格安SIMやからワイには必要ない情報やな・・

と、思わずに今現在の料金プランを比較してみることをお勧めします。

携帯会社は競争が激化しており各社から様々な料金プランが誕生していますので、割高なプランに加入してしまっている可能性もあるんです!!

今の現状を確認してみて、乗り換える必要がなければそれでよし、乗り換えたほうがさらにお得になるのであれば乗り換えを検討してみましょう!

注意!!!

非常に長いので気になる携帯会社を見つけられたら「目次」、または「サイドバーの目次」からジャンプされることをオススメします!
※スマホの方は画面を一度、上にスクロールするとサイドバーメニューが出ますのでそちらの目次からジャンプ出来ます!

スマホでのサイドバーの出し方(1)
スマホでのサイドバーの出し方(2)

携帯会社比較表

まずは現在、どんな携帯会社があるのかを比較表でご覧ください!

ちくわ
ちくわ

通信速度は5点満点で評価しているで!

解説最安料金(データ)最高料金(データ)最安料金(音声)最高料金(音声)セット割通信速度利用回線サポート体制基本通話料通話手段かけ放題プラン毎月のデータ容量データ繰り越し5Gテザリング低速・高速通信切り替え留守番電話初期費用エンタメフリー最低契約期間解約金支払い方法追加データ料金取扱SIM特典
楽天
モバイル
知名度No.1の格安SIM。
節約したい方からヘビーユーザーまで幅広く対応の1プランのみ。
なしなし0円
(1GBまで※1回線のみ)
3,278円(税込)
データ無制限
楽天ひかり申し込みで楽天ひかりの月額料金無料3点楽天・au店舗・電話・チャット・メール22円/30秒
(Rakuten Link使用で0円)
通常電話・RakutenLINK10分かけ放題
(月/1,100円)
1GB・3GB・20GB・無制限非対応対応対応対応対応0円なしなしなし口座振替・クレジットカードなしnano SIM・micro SIM・標準SIM・eSIMプラン料金が3ヶ月無料
(通話料などは別。おひとり様最初の1回線のみ)
IIJ
MIO
使いたい機能に応じて自由に組み合わせることが可能。
ドコモ・auなどの回線を選ぶこともできる。
748円(税込)
(2GBプラン)
1,958円(税込)
(20GBプラン)
858円(税込)
(2GBプラン)
2,068円(税込)
(20GBプラン)
IIJMIOひかりとセットでずっと毎月660円割引3点ドコモ・au電話・チャット11円/30秒通常電話誰とでも5分(月/500円)
誰とでも10分(月/700円)
完全かけ放題(月/1,400円)
2GB・4GB・8GB・15GB・20GB翌月の末日まで対応対応対応対応3,733円なしなしなしクレジットカード1GB/220円nano SIM・micro SIM・標準SIM初期費用1円キャンペーン中!!
UQ
モバイル
auのサブブランドとして安心の通信速度を誇る。
いつでも安定した通信環境がいい!という方にオススメ。
なしなし1,628円(税込)
(3GBプラン)
3,828円(税込)
(25GBプラン)
auでんきなど対象サービス加入で580円〜780円割引4点au店舗・電話・チャット・メール22円/30秒通常電話かけ放題(月/1,870円)
10分かけ放題(月/770円)
通話パック60分(月/550円)
3GB・15GB・25GB翌月の末日まで対応対応対応対応3,300円なしなしなし口座振替・クレジットカード100MB(220円)
500MB(550円)
nano SIM・micro SIM・標準SIM・eSIM新規契約時、増量オプション加入で+7GB(2年間オプション料金無料)
ワイ
モバイル
ソフトバンクが2つ目のブランドとして展開する格安SIM。
通信環境が安定しておりサービスも充実。
なしなし2,178円(税込)
(3GBプラン)
家族割適用で990円(税込)
4,158円(税込)
(30GBプラン)
家族割適用で2,970円(税込)
ソフトバンクAir・ソフトバンク光などの対象サービス契約で
毎月ずっと550円〜1,188円割引
4点ソフトバンク店舗・チャット・LINE22円/30秒通常電話10分かけ放題(月/770円)
無制限(月/1,870円)
3GB・15GB・25GB翌月の末日まで対応対応非対応対応3,300円なしなしなし口座振替・クレジットカード0.5GB/500円nano SIM・micro SIM・標準SIM・eSIM家族割やソフトバンク光とのセット割が充実
BIGLOBE
モバイル
2020年格安SIMにおける顧客満足度で第1位に選ばれた実績を持つ。
YouTubeや音楽配信サービスの通信料がノーカウントになるエンタメフリーが特徴。
990円(税込)
(3GBプラン)
7,425円(税込)
(30GBプラン)
770円(税込)
(1GBプラン)※1年目のみ
2年目以降1,078円(税込)
7,645円(税込)
(30GBプラン)※1年目のみ
2年目以降8,195円(税込)
光★SIMセット割で月/330円割引
(新規受付停止中)
3点ドコモ・au店舗・電話・チャット・メール20円/30秒
BIGLOBEでんわ利用(9.9円/30秒)
通常電話・専用アプリ10分かけ放題・通話パック90(月/913円)
3分かけ放題・通話パック60(月/660円)
1GB・3GB・6GB・12GB・20GB・30GB翌月の末日まで非対応対応非対応対応3,733円税込308円/月
yotube・ABEMA・U-NEXTなど見放題
12ヶ月1,000円口座振替・クレジットカード100MB/330円nano SIM・micro SIM・標準SIM・eSIMエンタメフリーオプション初回最大6ヶ月無料!!
NURO
モバイル
ソニーグループのソニーネットワークコミュニケーションズが提供する格安SIM。
とにかくスマホ代を安くしたいライトユーザーにおすすめ。
330円
(0.2GBプラン)
1.320円
(8GBプラン)
792円
(3GBプラン)
2,699円
(20GBプラン)
なし3点ドコモ・au・ソフトバンク電話・チャット・メール22円/30秒
NUROモバイルでんわ利用時(11円/30秒)
通常電話・専用アプリ10分かけ放題(月/880円)0.2GB・3GB・5GB・8GB・20GB翌月の末日まで対応対応非対応対応3,740円20GBプランなら、
LINE・Twitter・インスタグラムのデータ通信ノーカウント
12ヶ月(12ヶ月ー利用開始月を0ヶ月とした利用月数)×1,100円クレジットカード1GB/550円nano SIM・micro SIM・標準SIM登録事務手数料3,300円が2,200円に割引中!
XPERIA10IIILite購入時4,000円キャッシュバック!
OCN
モバイルONE
NTTコミュニケーションズが運営する格安SIM。
繋がりやすく安心でOCN光とのセット割があるのも特徴。
858円(税込)
(3GBプラン)
1,628円(税込)
(10GBプラン)
550円(税込)
(500MBプラン)
1,760円(税込)
(10GBプラン)
OCN光とセット契約でスマホ代月220円割引(5回線まで)3点ドコモ店舗・電話・チャット・メール11円/30秒通常電話10分かけ放題(月/935円)
トップ3かけ放題(月/935円)
完全かけ放題(月/1,430円)
500MB・1GB・3GB・6GB・10GB翌月の末日まで非対応対応対応対応3,300円ミュージックのみカウントフリーあり新コースの場合はなし。
新コース以外の場合は6ヶ月
新コースの場合はなし
新コース以外の場合は1,000円
クレジットカード新コースでOCNモバイルONEアプリ経由の場合(1GB/550円)
上記以外の場合(0.5GB/550円)
nano SIM・micro SIM・標準SIM月/550円でデータ容量+0.5GB+無料通話10分付き!
HIS
モバイル
海外通信専用のSIMカードやレンタルWi-Fiも取り扱う。
旅行の際に重宝するサービスなどが豊富。
198円
(100MBプラン)
5,775円
(30GBプラン)
590円
(1GBプラン)
2,728円
(3GB〜30GB)
なし3点ドコモ・ソフトバンク店舗・電話・メール22円/30秒
(HIS通話アプリで11円/x30秒)
通常電話・HISアプリ格安かけ放題プラン(基本料2,728円〜)
格安ステップ(基本料590円〜)+700円/月で5分までかけ放題
格安弍拾プラン(基本料2,178円〜)月70分の無料通話付
ピタッ!プラン(基本料1,078円〜)+935円/月で10分かけ放題
1GB〜30GB非対応非対応対応非対応対応3,300円なしなしなしクレジットカード1GB/275円〜330円nano SIM・micro SIM・標準SIM期間限定の高額買取キャンペーン実施中!
イオン
モバイル
豊富な料金プランが魅力。
緊急時に全国のイオン200店舗以上でアフターサービスが受けられる。
ドコモ・auのマルチキャリア対応で通信環境も安定。
528円(税込)
(1GBプラン)
6,138円(税込)
(50GBプラン)
803円(税込)
(0.5GBプラン)
6,358円(税込)
(50GBプラン)
なし3点ドコモ・au店舗・電話・チャット・メール11円/30秒
(イオン電話アプリ使用時)
通常電話・イオンアプリ5分かけ放題(月/500円)
10分かけ放題(月/850円)
0.5GB〜50GB翌月の末日まで非対応対応対応対応3,300円なしなしなしクレジットカード1GB/528円nano SIM・micro SIM・標準SIM他社から乗り換えで5,000WAONポイント!
マイネオ当初au回線を利用する唯一の格安SIMであった。
今はドコモ回線・ソフトバンク回線も選択できるトリプルキャリアサービスを展開。
月/385円でネットも動画も1.5Mbpsで使い放題のオプションが魅力。
880円
(1GBプラン)
1,925円
(20GBプラン)
1,298円
(1GBプラン)
2,178円
(20GBプラン)
eo光とセットでeo光基本料金から330円割引(12ヶ月間まで)3点ドコモ・au・ソフトバンク店舗・電話・チャット・メール22円/30秒
(mineoでんわで10円/30秒)
通常電話・LaLa Call
mineoでんわ
10分かけ放題(月/935円)
月間最大30分間定額通話(月/924円)
月間最大60分間定額通話(月/1,848円)
1GB・5GB・10GB・20GB翌月の末日まで対応対応対応対応3,740円なしなしなし口座振替・クレジットカード100MB/55円nano SIM・micro SIM・標準SIM電子マネーギフトプレゼントキャンペーン中!
J:COM
モバイル
ケーブルテレビやインターネット回線を各地で展開しているJ:COMの格安SIM。
セット割などはないが月額料金が安いのが特徴。
なしなし1,078円
(1GBプラン)
2,728円
(20GBプラン)
なし3点au店舗・電話・チャット22円/30秒通常電話5分以内かけ放題(月/550円)
60分かけ放題(月/1,650円)
1GB・5GB・10GB・20GB翌月の末日まで対応対応非対応対応3,300円
WEB申し込みで0円
なしなしなしクレジットカード220円/500MB
1GB/330円
nano SIM・eSIMシニア60割(かけ放題12ヶ月無料!)
スタート割で1年間月額料金500円割引!
QT
モバイル
九州でBBIQというインターネットサービスを展開するQTネットが展開。
インターネット回線や電気とのセット割で料金を下げることが可能。
770円
(2GBプラン)
2,970円
(30GBプラン)
1,100円
(2GBプラン)
3,300円
(30GBプラン)
BBIQ光とセットでスマホ代最大月/220円割引3点ドコモ・au・ソフトバンク店舗・電話・チャット・メール16.5円/30秒(Q Tモバイル電話使用時)
22円/30秒(未使用時)
専用アプリ・QTモバイル電話10分かけ放題(月/935円)
無制限かけ放題(月/2,750円)
2GB・3GB・6GB・10GB・20GB・30GB通常データは翌月の末日まで。
追加データは3ヶ月後の末日まで。
非対応対応非対応対応3,675円なし12ヶ月最大13,200円クレジットカード100MB/220円nano SIM・micro SIM・標準SIMiPhone限定30,000円キャッシュバック中
LIBMO非常にシンプルなサービス内容で料金の安さを追求。
東海地方ユーザーならサポートも充実。
528円(税込)
(ライトプラン)
2,728円(税込)
(30GBプラン)
1,078円(税込)
(1GBプラン)
2,728円(税込)
(30GBプラン)
@T COMヒカリとセットで光料金最大月/330円割引3点ドコモ店舗・電話・チャット・メール22円/30秒通常電話10分かけ放題(月/935円)
かけ放題ダブル(月/1,430円)
30分かけ放題(月/968円)
1GB・5GB・20GB・30GB翌月の末日まで非対応対応対応対応3,300円雑誌読み放題(タブホ)12ヶ月10,450円クレジットカード1GB/330円nano SIM・micro SIM・標準SIM初期費用0円キャンペーン実施中!
エキサイト
モバイル
インターネットプロバイダサービスで有名な「エキサイト」が運営。
毎月固定の通信料を使えるプランと使った分だけ支払うプランを選べるのが特徴。
385円(税込)
(低速通信のみ)
3,135円(税込)
(25GBプラン)
495円(税込)
(低速通信のみ)
3,245円(税込)
(25Gプラン)
なし3点ドコモ・au電話・チャット・メール22円/30秒
11円/30秒(エキモバ電話利用時)
通常電話・専用アプリ3分以内かけ放題(月/759円)低速通信・3GB・7GB・12GB・17GB・20GB・25GB翌月の末日まで非対応対応対応対応3,300円なし12ヶ月10,450円クレジットカードFITプラン(5GB/1,100円))
FLATプラン(1GB/220円)
nano SIM・micro SIM・標準SIMFITプラン・FLATプランの音声通話機能付きSIM申し込みで
3,000円のギフトをプレゼント!
DTI
SIM
インターネットプロバイダとして20年の実績を持つDTIが提供する格安SIM。
半年間のお試しプランがあるのが特徴。
660円
(1GBプラン)
2,420円
(毎日1.4GBプラン)
1,320円
(1GBプラン)
3,190円
(毎日1.4GBプラン)
DTI光とセットで月/165円割引3点ドコモ電話・メール22円/30秒
(お得コールの申し込みで11円/30秒)※無料
通常電話10分以内かけ放題(月/902円)1GB・3GB・5GB・10GB・毎日1.4GB翌月の末日まで非対応対応非対応対応3,300円なし12ヶ月10,780円クレジットカード500MB/418円
1GB/660円
nano SIM・micro SIM・標準SIMお試しのでんわ定額プランなら2,541円⇨1,672円(半年間)
データ通信のみなら半年間無料
ロケット
モバイル
電気通信事業者であるIoTコンサルティングが提供する格安SIM。
業界最安のデータSIMやポイントで通信費を払えたりとユニークなサービスが特徴。
328円(税込)
(神プラン)
4,345円(税込)
(20GBプラン)
1,043円(税込)
(神プラン)
5,137円(税込)
(20GBプラン)
なし3点ドコモ・au・ソフトバンクメール・ヘルプセンター22円/30秒通常電話なし1GB・2GB・3GB・5GB・7GB・20GB・無制限(200kbps)翌月の末日まで非対応対応非対応対応3,740円なし12ヶ月9,500円クレジットカード・デビットカード100MB/165円nano SIM・micro SIM・標準SIMとくとくガスAPプラン同時申し込みで各種割引あり!
ドネドネビッグローブが新たに提供する格安SIM。
新しい料金プランや料金の一部を社会貢献団体に寄付するなどこれまでにない格安SIM。
0円
(128kbps)
0円
(128kbps)
2,728円(税込)
50GBプラン
2,728円(税込)
50GBプラン
ビッグローブ光とセットで月/220円割引3点auアプリ・チャット22円/30秒通常電話なし3GB・50GB非対応対応対応非対応非対応3,300円YouTube・Instagramなど3つの対象アプリを選んで通信速度無制限が可能なしなしクレジットカードnano SIM・micro SIM・標準SIM新規・乗り換えで10,000円キャッシュバック!
Links
mate
LogicLinksが運営する格安SIM。
ゲームアプリで特典がもらえる等ゲーマにメリットが大きくプランが豊富なのが特徴。
165円
(100MBプラン)
49,500円
(1TBプラン)
517円
(100MBプラン)
49,852円
(1TBプラン)
なし3点ドコモ電話・チャット22円/30秒通常電話10分かけ放題(月/935円)100MB〜1TBまで
翌月の末日まで対応対応対応対応1,100円
(沖縄のみ2,200円)
対象のゲーム・コンテンツ・SNSの通信量カウントを90%以上OFF
(月/550円)
なし3,300円クレジットカード・リンクスポイント支払い100MB/88円
1GB/550円
nano SIM・micro SIM・標準SIMなし
ahamoドコモが手掛ける新料金プラン。
大手キャリアの為、通信環境の安定性はピカイチ。
なしなし2,970円(税込)2,970円(税込)なし5点ドコモ店舗・チャット・アプリ22円/30秒通常電話5分以内かけ放題(無料)
無制限かけ放題(月/1,100円)
20GB非対応対応対応非対応非対応なしなしなしなしクレジットカード・口座振替1GB/550円ドコモnano・ドコモmini・ドコモSIMなし
Povoauが手掛ける新料金プラン。
大手キャリアの為、通信環境の安定性はピカイチ。
なしなし基本料金0円
(トッピング内容による)
基本料金0円
(トッピング内容による)
なし5点auチャット22円/30秒通常電話5分以内かけ放題(月/550円)
通話かけ放題(月/1,650円)
1GB・3GB・20GB・60GB・150GB・無制限(24時間のみ)非対応対応対応非対応非対応なしなしなしなしクレジットカード・口座振替1GB/550円au ICカード(nanoサイズ) eSIM他のキャリアからの乗り換えでau PAY10,000円がキャッシュバック!
LINEMOソフトバンクが手掛ける新料金プラン。
大手キャリアの為、通信環境はピカイチ。
なしなし990円(税込)
(3GBプラン)
2,728円(税込)
(20GBプラン)
なし5点ソフトバンクチャット22円/30秒通常電話5分以内かけ放題(月550円)
かけ放題(月1,650円)
3GB・20GB非対応対応対応非対応非対応なしLINEギガフリーによりLINE通信はデータ消費なしなしなしクレジットカード・口座振替1GB/550円nano SIM・micro SIM・標準SIM・eSIM他社からの乗り換えの場合PayPAyボーナス10,000円!
各通話オプション加入で500円割引※12ヶ月のみ

項目の意味がわからない方もいると思うので簡単に説明します。

項目の意味

最安料金(データ):格安SIMには「データ通信のみ」のプランと「音声通話・データ通信」のプランがあり、「データ通信のみ」の最安料金。
最高料金(データ):「データ通信のみ」の最高料金。
最安料金(音声):「音声通話・データ通信」の最安料金。
最高料金(音声):「音声通話・データ通信」の最高料金。
セット割:光回線などとのセットでの割引があるかどうか。
通信速度:データ通信をした時の速度(5点満点)
利用回線:格安SIMは基本的に大手3キャリアの回線を借りており、どの回線を借りているか。
サポート体制:店舗はあるのか、トラブル時の対応はどうしたらいいのかなど。
基本通話料:通常の電話をかけた時の料金。
通話手段:格安SIMによっては通常の電話とは別に、専用アプリを利用して電話をすることも可能。専用アプリは通話料が安くなるので要チェックポイント。
かけ放題プラン:かけ放題プランの有無とその料金。
毎月のデータ容量:何GBのプランが用意されているか。
データ繰り越し:余ったギガ数を繰り越せるかどうか。
5G:5Gの高速通信に対応しているか。
テザリング:スマホをモバイルルーター代わりにできるテザリング機能が使用可能か。
低速・高速通信切り替え:専用アプリにより高速通信と低速通信を簡単に切り替えられる機能でデータ使用量の節約が可能。
留守番電話:留守番電話に対応しているか。
初期費用:契約時にいくら掛かるか。
エンタメフリー:youtubeなどの通信量がノーカウントになるオプションはあるか。
最低契約期間:「1年縛り」など契約し続けなければならない期間が定められているか。
解約金:最低契約期間内で解約する場合にかかる違約金はいくらか。
支払い方法:支払い方法はどんなものがあるか。
追加データ料金:ギガ数が足らず低速通信になってしまった場合に追加で購入するギガの料金。
取扱SIM:SIMカードには種類があり、他社で購入したスマホを別会社で使用する場合に自分のスマホに対応したSIMが取り扱われているか確認する。
特典:期間限定のキャンペーンなどの情報。

ひよっこ
ひよっこ

今の携帯会社ってこんなにあるんやな・・

ちくわ
ちくわ

次に各社の詳細を見てみよか!

楽天モバイル

CMをバンバンやっているので知らない方はほぼいないと思われる楽天モバイル。

楽天モバイルは格安SIMではなく大手キャリアに分類されます。

ひよっこ
ひよっこ

えっ!?そうなん!?

格安SIMの会社は「MVNO(Mobile Virtual Network Operator)」といって、大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)から通信回線を借りて格安SIMを提供しています。

しかし楽天モバイルは自社回線を持っているので大手キャリアと同じく「MNO(Mobile Network Operator)」となるんです。

節約したい方からヘビーユーザーまで幅広く対応の1プランのみしかないシンプル設計の楽天モバイル。

そんな楽天モバイルのデメリットとメリットを確認してみましょう。

楽天モバイルのメリット
  • 通勤時間帯・お昼・帰宅時間帯でも通信速度が安定している
  • 通話アプリを利用すれば無料でかけ放題
  • キャリアメールが使えるようになる(2021年内を予定)
  • LINEのID検索ができる(Androidのみ)
  • データ高速モードのON/OFFができる
  • 料金プランがわかりやすく最安0円で利用可能(上限もあって安心)
  • 実店舗がある
  • テザリングが無料で使い放題
  • 海外でも利用可能
  • ポイントが貯まる
  • さまざまなキャンペーンを実施している
  • 契約期間の縛りがなく、いつ解約しても違約金がかからない
楽天モバイルのデメリット
  • 楽天回線エリアが限られている
  • 楽天回線エリア内なのにパートナー回線(au回線)になってしまうことがある
  • パートナーエリア(au回線)は5GBまでしか使えない
  • 1日に10GB以上使うと速度制限がかかる
  • かけ放題には専用アプリが必要
  • 通信の安定さや速度が大手キャリアと比べて劣る
  • 2回線目以降は1GB以下でも利用料金が発生する
  • 大手3キャリアに比べて実店舗が少ない
楽天モバイルをオススメできる方
  • 少しでもスマホ代を安くしたいという方
    (1GBまで無料で利用できる破格の料金設定は魅力!)
  • スマホライトユーザーの方からヘビーユーザーの方まで
    (スマホをあまり使わない方は料金が抑えられ、スマホを沢山使う方も最大でも税込3,278円とどんな方にもお得になる料金設定!)
  • 通勤通学時帯・お昼休憩時間帯・帰宅時間帯の通信速度低下を許容できる方
    (大手キャリアとなった楽天ですがまだ基地局は少なめなので沢山の方がスマホを使用すると遅くなります)
  • 多すぎるデータ量、少なすぎるデータ量で余計なお金を払いたくないという方
    (使った分だけ段階的に料金が上がっていく料金プランなので、使わなくて勿体無い、使い過ぎて足りない、といったことがおきません)
  • タブレットなどの2台持ちを検討されている方
    (テザリングもデータ無制限で利用できるのでタブレットなどを契約して月額料金を払う必要はありません)
  • 通話をたくさん利用される方
    (Rakuten Linkを使えば無料で誰とでも電話が可能になります)
  • 色々な格安SIMを使ってみたい方
    (最低利用期間・解約金は0円なので気軽に乗り換えも可能!)
  • 実店舗で安心してサポートを受けたい方
    (楽天ショップも増えてきており、ネット契約中心の格安SIMよりサポートも安心)
  • ポイントをお得に貯めたい方
    (毎月のスマホ料金でポイントが貯まり、そのポイントでスマホ代も払うことができるのでお得!)
  • テザリングをよく利用される方
    (データ無制限でテザリングを利用できるので外出中にタブレットやPCを使う方は無制限+無料で利用可能!)
  • 海外での利用を検討されている方
    (特別な手続きや料金が発生せずにそのまま海外で利用可能!)
  • 1Mbpsの通信速度で十分!という方
    (低速通信となっても1Mbpsの通信速度なのでネット閲覧や中画質程度の動画は普通に観れる)
楽天モバイルをオススメできない方
  • 自宅にWi-Fi環境がなく、楽天回線エリア外で1Mbpsの速度が許容できない方
    (楽天回線エリア内でないとデータ無制限の恩恵が受けられず、au回線の5GBまでとなってしまう)
  • スマホはどんな時でも高速通信がいい!という方
    (大手3キャリアと比べるとやはり通信速度はまだ遅い。これからに期待)
  • 1日に10GB以上使う、超ヘビーユーザーの方
    (1日に10GB以上使用すると速度制限がかかってしまう)
  • 専用アプリを使うのが面倒・・・という方
    (専用アプリを利用しないと無料通話にはできませんが、普段と勝手が違うので面倒だと感じる方もいるでしょう)
  • 自分で色々と対処するのはわからないから必ず家の近くに店舗があってほしい!という方
    (楽天モバイルも非常に店舗は増えていますが、大手キャリアと比較するとまだまだ少ないです)

楽天回線エリアを確認する

ちくわ
ちくわ

楽天は基地局をどんどん増やしているから今後に期待やな!

実際の使用感やメリット・デメリットの詳細はこちら!
\他社から乗り換えで最大20,000ポイント還元!/

IIJMIO

インターネット接続サービスを提供する株式会社インターネットイニシアティブが展開する格安SIM。

2021年の携帯電話サービス顧客満足度の「MVNO部門」で1位に輝いた実績を持ちます。

ひよっこ
ひよっこ

信頼性はバッチリやな!

IIJMIOの特徴はなんといってもセット販売されるスマホ機種の多さ!

AndroidやiPhoneなど46種類あります。(2021年11月現在)
※他の格安SIMは多くても20種類くらいです。

その他にも「速度切り替え」により高速通信のON/OFFを切り替えることで通信量をこまめに節約できたり、低速通信に切り替えても「バースト転送」というものがあり最初の読み込みだけ高速で通信してくれる機能がついています。

ちくわ
ちくわ

これならメールしたりLINEしたりTwitterしたり・・
ある程度のことはできるで!

IIJMIOのメリット
  • 料金が格安SIM最安クラス
  • 「IIJMIOひかり」とのセット割りで毎月660円の割引きされる
  • みおフォンダイアルを使えば通話料が半額になる
  • かけ放題プランが他の格安SIMと比べても最安クラス
  • 余ったデータは翌月末に繰り越しができる
  • 貴重な5Gに対応している
  • 無料でテザリングが使える
  • 最低契約期間がなく解約金も発生しない
  • 追加データ料金が他の格安SIMと比べても最安クラス
  • バースト機能で低速通信時でもページの読み込みが速い
  • 低速通信・高速通信の切り替えができる
  • LINEの年齢認証・ID検索ができる
  • データシェアができる
IIJMIOのデメリット
  • ソフトバンク回線が利用できない
  • 店舗によるサポートがない
  • 支払い方法がクレジットカードのみ
  • 平日の「通勤時間帯」「お昼休憩時間帯」「帰宅時間帯」で通信速度が遅くなる
  • 大容量プランがない
  • 低速通信が遅く、低速通信を使いすぎるとさらに通信制限がかかる
  • キャリアメールが使えない ※2021年12月より利用可能!
IIJMIOをオススメできる方
  • どうせ格安SIMにするなら最安がいい!という方
    (IIJMIOはどのプランにしても格安SIM界で最安クラス!)
  • IIJMIOひかりの同時契約が可能な方
    (IIJMIOひかりとのセット割で毎月660円安くなると破格の料金となります!)
  • 通話をよくする方
    (みおふぉんダイアルによる通話料半額や、格安SIM界でも最安クラスのかけ放題オプションが充実!)
  • 5Gスマホをお持ちの方
    (格安SIM界ではまだ珍しい5Gに対応しています!)
  • 色々な格安SIMを試してみたい方
    (最低利用期間・解約金が一切かからないので気軽に乗り換えが可能!)
  • ついついプランのデータ容量を超えてデータ通信してしまう方
    (追加データ料金が他の格安SIMと比べても非常に安価!)
  • 無駄なデータ消費を節約したい方
    (低速通信と高速通信をアプリ1つで切り替えることが可能で無駄なデータ通信を抑えることができる!)
  • 家族で乗り換えを検討されている方やタブレットなど複数端末を利用されている方
    (データシェアによりお得に無駄なくデータ通信ができる!)
  • 低速通信がストレスにならない方
    (低速通信ではバースト転送機能によりテキストベースのWEB閲覧などは容易にできますが高速通信と比べてしまうとやはり遅いです)
  • 平日の通勤時間帯・お昼休憩時間帯・帰宅時間帯の速度低下を許容できる方
    (IIJMIOに限らず格安SIM全体の課題です。ここを許容できればスマホ料金はグッと抑えることができますよ!私は全然気にならないくらいの速度です!)
IIJMIOをオススメできない方
  • 店舗でのサポートを受けたい方
    (IIJMIOは家電量販店で契約などはできますが、直営店などはないので契約後のサポートはチャットや電話のみとなります)
  • ソフトバンク回線での利用を検討されている方
    (IIJMIOはソフトバンク回線には対応しておりません。ソフトバンクだった方が、ドコモ回線・au回線を利用することは可能です!)
  • クレジットカードをお持ちでなく作る予定もない方
    (支払い方法はクレジットカード決済のみとなっているので口座振替などはできません)
  • 平日の通勤時間帯・お昼休憩時間帯・帰宅時間帯での速度低下を許容できない方
    (IIJMIOに限らず格安SIM全体の課題です。これを許容できなければ大手キャリアかサブブランドの方が良いでしょう)
  • スマホヘビーユーザーで大容量プランを検討されている方
    (IIJMIOのデータ容量は20GBまでのプランしかなく、それ以上使いたい方はオススメできません)
ちくわ
ちくわ

詳細はこちらの記事も読んでみてな!

IIJMIOについてもっと知りたい方はこちらをどうぞ!
\光回線とセットでずっと月/660円引き!/

UQモバイル

auが手掛けるサブブランドとして展開されるのがこのUQモバイル。

通常、格安SIMは大勢の人がスマホを使用する「通勤時間」「昼休み」「帰宅時間」に通信速度が遅くなると言われています。

しかしUQモバイルはauが直接手掛けているサブブランドの為、回線の一部を借りて格安SIMを展開している企業と比べて通信環境が優遇されている為、通信速度は落ちにくいのです。

ひよっこ
ひよっこ

通信速度は譲れない人にはええな!

UQモバイルの特徴はなんといってもそのブランド力です。

ほとんどの格安SIMは店舗が無くオンライン限定の販売なのに対して、UQモバイルではauショップで取り扱われている店舗も多いので店員さんのサポートを受けながら乗り換えることも可能です。

ちくわ
ちくわ

格安SIMを初めて使う方は安心やな!

その他にも「自宅セット割」といって、「auでんき」「auひかり」「UQでんき」などのサービスとあわせて契約すると、U Qモバイルの基本料金から最大で月/858円も安くなるセット割引もあります。

UQモバイルのメリット
  • 人口カバー率99.9%のau回線による安心の通信環境と通信速度
  • 低速通信となっても通信速度1Mbpsと高速
  • 自宅セット割・増量オプションIIでUQモバイル最大のデメリットを帳消し
  • 店舗が多数ありサポートが充実
  • かけ放題プランが充実しており、他の格安SIMと比べても割安
  • 余ったデータは翌月まで繰り越せる
  • 5Gに対応している
  • 最低契約期間・解約金がない
  • LINEの年齢認証・ID検索ができる
  • 高速通信・低速通信の切り替えが可能
  • 60歳以上だとかけ放題が安くなる
UQモバイルのデメリット
  • 他の格安SIMと比べて料金プランがどれも割高
  • 他の格安SIMと比べて通話料が高い
  • 料金プランが少ない
  • 追加データ料金が割高
  • キャリアメールが使えない ※2021年12月より利用可能!
  • データシェアができない 
  • au回線しか利用できない
  • データ通信専用プランがない
UQモバイルをオススメできる方
  • 高速通信だけは譲れない・・でもスマホ代は安くしたい!という方
    (UQモバイルはauのサブブランドとして格安SIM界でも最速クラス!料金も「自宅セット割」を組み合わせると最安クラスで抜け目なし!)
  • 現在、auを契約していてスマホ代が高いなぁ・・と感じている方
    (auからの乗り換えならSIMロック解除は必要ありません!)
  • auでんき・auひかりなどを契約している、又は契約を予定されている方
    (「自宅セット割」を適用できればスマホ代が毎月638円〜最大858円の値下げ!)
  • 電話を沢山かける方
    (かけ放題オプションが豊富で格安SIM界でもオプション料金が安い!)
  • 5Gスマホをお持ちで5Gを使いたい方
    (格安SIM界ではまだまだ珍しい5G通信に対応!)
  • 低速通信の1Mbpsがストレスにならない方
    (低速通信・節約モードでも「くりこしプランM・L」であれば1Mbpsで通信可能!ネット閲覧・中画質の動画再生は問題なし!)
  • 1人暮らしの方
    (「自宅セット割」の適用は1人暮らしでもできるので料金を下げることが可能!)
  • 店舗でのサポートを受けたい方
    (UQモバイルは全国にUQスポットと呼ばれる店舗を多数展開している。さらに全国のauショップでもUQモバイルのサポート対応可能!)
  • データは無駄なく使い切りたいという方!
    (余ったデータ量は翌月末まで繰り越し可能!)
  • 60歳以上の方
    (「60歳以上通話割」により完全かけ放題オプションが税込1,870円のところ税込770円で利用可能!)
UQモバイルをオススメできない方
  • auひかり・auでんきなどを契約する予定のない方
    (「自宅セット割」の恩恵は大きく、自宅セット割を適用できないと格安SIM界においては料金は高め。※大手キャリアよりは全然安いです※)
  • スマホはどんな時でも高速通信じゃないと気が済まない!という方
    (auのサブブランドとして通信環境は優遇されているものの、通信速度がどうしても気になる方は大手キャリア一択です)
  • 色々なプランを検討したい方
    (UQモバイルは、「くりこしプランS・M・L」の3種類しかありません)
  • 通話を沢山するが、かけ放題オプションは考えていない方
    (他の格安SIMと比べて通話料は安くありません)
  • ついつい決められたデータ容量を超えてしまい、データの追加購入をしてしまう方
    (追加データ料金が他の格安SIMと比べて割高となっています)
  • キャリアメールを酷使されている方
    (大手キャリアのキャリアメールは使用できなくなります)
  • 家族とのデータシェアや、2台目のスマホやタブレットとのデータシェアを検討している方
    (UQモバイルではデータシェアはできません)
  • 2台目の契約で、データ通信のみの契約を検討されている方
    (音声通話プランのみで、データ通信専用プランはありません)
メリット・デメリットなどの詳細はこちら!
\1年間データ増量キャンペーン中!!/

Y!モバイル(ワイモバイル)

ソフトバンクが手掛けるサブブランドとして展開されるのがこのワイモバイル。

一般的に格安SIMは大手3キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)から回線の一部を借りて格安SIMを展開していますが、ワイモバイルは回線をもつソフトバンクが手掛けるので通信環境が安定しているのが特徴です。

ひよっこ
ひよっこ

ソフトバンクユーザーにはええな!

その他にもソフトバンク光やソフトバンクAIRに加入されている方はセット割引を受けられるほか、同居していなくても受けられる家族割サービスなどが充実しているんです。

ちくわ
ちくわ

格安SIMでセット割があるのは少ないんやで!

ワイモバイルのメリット
  • サブブランドならではの快適な通信環境と通信速度
  • 店舗が多数ありサポートが充実している
  • セット割が充実している
  • データシェアプランがある
  • 最低契約期間がなく解約金が発生しない
  • 「シンプルM」「シンプルL」プランなら低速通信でも1Mbpsと高速
  • 支払い方法が口座振替に対応している
  • 余ったデータ容量は翌月まで繰り越し可能
  • 貴重な5Gに対応している
  • LINEの年齢認証・ID検索ができる
  • 60歳以上の方は通話料が安くなる
  • 家族割で2回線目以降から1,188円も値引きされる
ワイモバイルのデメリット
  • 格安SIMと比べると料金プランが割高
  • 格安SIMと比べて通話料が高い
  • 料金プランが少ない
  • 追加データ料金が割高
  • キャリアメールが使えない ※2021年12月より利用可能!
  • ソフトバンク回線しか利用できない
  • データ通信専用プランがない
  • 低速通信・高速通信の切り替えができない
ワイモバイルをオススメできる方
  • 高速通信とスマホ料金の安さを両立させたい方
    (ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドなので通信環境が優遇されており通信速度は非常に高速!さらに料金も光回線とのセット割や家族割を適用すると格安SIM全体と比較しても最安クラスとなる!)
  • ネットでの契約やアフターサービスが無いのは不安だから店舗などで対応してほしいという方
    (ワイモバイル専門のショップや、ソフトバンクショップでワイモバイルを取り扱っている場所もあるので全国に店舗がある!)
  • ソフトバンクひかり・ソフトバンクAirなどの光回線を契約している、又は契約を予定されている方
    (光回線とのセット割で、スマホ代が毎月全員、1,188円の割引!)
  • スマホやタブレットの2台持ちの方や家族とデータを分けたい方
    (ワイモバイルにはデータシェアプランがあり、2つの契約のデータ容量を分けて使うことができます)
  • 色々な携帯会社を試してみたい!という方
    (最低契約期間がなく解約金も発生しないため、気軽に試すことが可能です!)
  • ついついデータ通信容量を超えてしまう方
    (シンプルMプラン・シンプルLプランであれば低速通信となっても最大1Mbpsとなっており、WEB閲覧やyoutubeなどの動画も視聴可能!)
  • データ容量は無駄なく使い切りたい!という方
    (余ったデータ容量は翌月まで繰り越せるので無駄なく使い切ることができます!)
  • 5Gスマホをお持ちで5Gを使いたい方
    (格安SIM界ではまだまだ珍しい5G通信に対応!)
  • 家族で契約を検討されている方
    (ワイモバイルには貴重な家族割があり、2回線目以降から1,188円の割引が適用されます!)
  • 1人暮らしの方
    (光回線とのセット割は1人暮らしの方でも適用できるので料金を下げることが可能!)
  • 60歳以上の方
    (「60歳以上 通話ずーっと割引キャンペーン」により完全かけ放題オプションが税込1,870円のところ税込770円でずっと利用することができます!)
ワイモバイルをオススメできない方
  • 料金を1円でも安くしたい!という方
    (ワイモバイルは大手キャリアのサブブランドであり、通信環境やサポートが充実している反面、料金が高めです。)
  • 電話をよく利用する方
    (他社では通話料11円/30秒というものも多い中、ワイモバイルの通話料は22円/30秒と高めです)
  • 色々な料金プランから自分に合うプランを探したい方
    (ワイモバイルの料金プランは3GB・15GB・25GBの3種類しかないほか、データ通信専用プランはなく音声通話SIMのみとなります)
  • データ容量をオーバーしてしまい追加購入をよくされる方
    (他の格安SIMでは1GB/300円ほどで購入できるものもある中、ワイモバイルは0.5GB/500円と高額です)
  • au回線、もしくはドコモ回線を検討されている方
    (ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドであるため、利用できる回線はソフトバンク回線のみです)
  • ソフトバンク光やソフトバンクAirなどの光回線の契約をしていない、またはする予定のない方
    (光回線とのセット割を適用すると1,000円以上も値引きされ、格安SIM界においても最安クラスになりますが、セット割を適用しないと料金は割高です)
  • スマホはどんな時でも高速通信じゃないと気が済まない!という方
    (ソフトバンクのサブブランドとして通信環境は優遇されているものの、通信速度がどうしても気になる方は大手キャリア一択です)
ちくわ
ちくわ

セット割を使って効果が出るのがワイモバイルや!
セット割を使えないと割高になってまうから注意してな!

メリット・デメリットなどの詳細はこちら!
\データ増量キャンペーン中!!/

BIGLOBEモバイル

大手インターネットプロバイダのBIGLOBEが手掛ける格安SIM。

2020年格安SIMにおける顧客満足度で第1位に選ばれた実績を持ち信頼性は抜群です。

BIGLOBEモバイルは月1,000円台からスマホが使える安価な料金プランも魅力ですが、なんといってもBIGLOBEモバイル最大の魅力はエンタメフリーオプションです。

音声通話SIMの場合は月/308円(税込)で、

データSIMの場合は月/1,078円(税込)でYouTube・ABEMA・U~NEXTなど全21種類のサービスがデータ消費なしで使用することができます!

ひよっこ
ひよっこ

YouTube見まくるワイにはありがたいで!!

ちくわ
ちくわ

ここまで破格のエンタメフリーは他にはないで!

その他にも1GB〜30GBまでのデータ量ごとに幅広いプランが用意されていたり、「BIGLOBEでんわ」を利用すると、通話料が安くなるのも魅力の1つです。

BIGLOBEモバイルのメリット
  • エンタメフリーオプションが低コストで魅力的
  • ドコモ回線とau回線に対応している
  • 追加料金無しでテザリングが利用可能
  • 全国10万箇所以上のBIGLOBE Wi-Fiへ無料で接続可能
  • 通話アプリを利用すれば通話料が半額になる
  • 小容量プランなら格安SIM界の中でも割安
  • 他の格安SIMに比べて実店舗が多い
  • 12ヶ月未満で解約すると違約金が掛かるが、1,000円と安い
  • シェアSIMで夫婦や家族で利用しやすい
  • 家族割で2回線目以降から安くなる
  • 余ったデータは翌月に繰り越せる
BIGLOBEモバイルのデメリット
  • エンタメフリーオプションには画質制限がある
  • 平日の通勤時間帯・お昼休憩時間帯・帰宅時間帯は通信速度が遅くなる
  • 大容量プランが割高
  • 高速通信と低速通信の切り替えができないし、データチャージ料が割高
  • キャリアメールが使えない ※2021年12月より利用可能!
  • LINEの年齢認証・ID検索ができない
  • かけ放題には専用アプリが必要
  • 最低利用期間があり、12ヶ月以内に解約すると違約金が発生する
  • 大手キャリアに比べて実店舗が少ない
  • 速度制限時の200kbpsが遅い
BIGLOBEモバイルをオススメできる方
  • スマホを安く使いたいけど動画や音楽はたっぷり楽しみたい!という方
    (エンタメフリーオプションにより月308円でyoutubeなどの対象サービスがデータ無制限で利用可能!他の格安SIMにはない非常に魅力的なサービスがあります)
  • 固定回線を持っている方、または検討されている方
    (固定回線とのセット割があるので少しでも安くしたい方にオススメ)
  • 家族で格安SIMを検討されている方
    (家族割で2回線目以降から200円の割引が適用される)
  • 平日の通勤通学時帯・お昼休憩時間帯・帰宅時間帯の速度低下を許容できる方
    (格安SIMを利用する以上、避けては通れない問題。これを許容できないと格安SIMを利用するのは難しいかも・・)
  • BIGLOBE Wi-Fi設置箇所でのデータ通信をよくされる方
    (全国10万箇所以上にBIGLOBE Wi-Fiがあり、データ量の節約になる場所が多数存在!)
  • データは無駄なく使い切りたいという方
    (余ったデータは翌月まで繰り越すことができ、無駄なく使い切ることが可能)
  • タブレットなど2台持ちを検討されている方
    (シェアSIMを使えば2台目もお得に!)
  • 色々な格安SIMを試してみたい!という方
    (最低利用期間や解約金が設定されているものの1,000円と安いので気軽に乗り換えが可能)
BIGLOBEモバイルをオススメできない方
  • 動画は高画質でないと気が済まない!!という方
    (エンタメフリーオプションでの動画は画質制限がされているため中画質程度の動画となる)
  • スマホはどんな時でも高速通信がいい!という方
    (格安SIMにする以上、多くの人がスマホを使っている時間帯はどうしても速度が遅くなってしまう)
  • 大容量プランを検討されている方
    (大容量プランの料金が割高なので注意!)
  • よくデータチャージをされる方
    (データチャージ料が他の格安SIMと比べても非常に高額となっています)
  • よく速度制限になるまでデータ通信をしてしまう方
    (契約しているデータ容量をオーバーすると低速通信200kbpsとなりスマホを割りたくなるくらい遅くなります・・)
ちくわ
ちくわ

エンタメフリーはとても魅力なオプションや!
せやけど高画質再生に向いていないことは覚えといてな!

詳細な特徴やメリット・デメリットはこちら!
\1年間月額料金770円の新特典あり!/

NUROモバイル

NUROモバイルは、ソニーグループのソニーネットワークコミュニケーションズが展開する格安SIMです。

他の格安SIMは音声SIMの最低料金が1GBで1,000円ほどのものがある中、NUROモバイルの音声SIMの最低料金は3GBで792円で破格の安さを実現しています。

とにかくスマホを安くしたい!という方にはおすすめの格安SIMですね!

ひよっこ
ひよっこ

スマホ料金が懐に与えるダメージは半端ないからな・・
ワイの懐を温めて・・

またNUROモバイルはドコモ・au・ソフトバンクの3回線どれでも選べるのも大きな特徴です。

料金はどれも同じなので、もともとドコモユーザーの方はドコモ回線でNUROモバイルに、

auユーザーの方はau回線でNUROモバイルに・・といったことができます。

ちくわ
ちくわ

これによりSIMロック解除の必要がなくなるで!

SIMロック解除とは

大手キャリアのスマホには他社の回線が利用できないようにSIMにロックがかかっており、これをSIMロックといいます。
ドコモで購入したスマホをそのままドコモ回線で使うのであれば、SIMロック解除の必要がなくそのまま使えますが、ドコモで購入したスマホをau回線で使う場合などはSIMロックを解除しなくてはなりません。
これを「SIMフリー化」といいます。

NUROモバイルのメリット
  • 小容量プランの料金が格安SIM界において最安クラス
  • NEOデータフリーにより対象SNSサービスのデータ通信量がノーカウント
  • ドコモ・au・ソフトバンクのトリプルキャリア回線に対応している
  • nuroモバイル電話で通話料が半額になる
  • 余ったデータは翌月末まで繰り越せる
  • 5Gに対応している
  • 利用開始月は月額料金が無料
  • お試しプランで気軽に試すことができる
  • 無料でテザリングが使える
  • バースト転送機能で低速通信時でも高速に読み取りが可能
NUROモバイルのデメリット
  • 大容量プランがない
  • 最低利用期間があり解約金が発生する
  • 支払い方法がクレジットカードのみ
  • かけ放題オプションが少ない
  • NURO光とのセット割がない
  • 店舗でのサポートが受けられない
  • データ容量を超えると200kbpsの低速通信となる
  • 平日の通勤時間帯・お昼休憩時間帯・帰宅時間帯に通信速度が遅くなりやすい
  • 高速通信・低速通信の切り替えができない
  • キャリアメールが利用できなくなる ※2021年12月より利用可能!
  • LINEの年齢認証ができない
NUROモバイルをオススメできる方
  • スマホライトユーザーで、とにかく安いのがいい!という方
    (nuroモバイルは小容量プランが格安SIM界で最安クラス!)
  • SNS(LINE・Twitter・インスタグラム)を酷使している方
    (20GBプランであれば対象のSNSサービスのデータ通信量がノーカウント!)
  • SIMロック解除や対応周波数などがよく分からない方
    (ドコモ・au・ソフトバンクのトリプルキャリア回線に対応しているので、SIMロック解除、対応周波数の確認をする必要はありません!)
  • もらったデータ容量は無駄なく使い切りたいという方
    (余ったデータは翌月末まで繰り越し可能!)
  • 5Gスマホをお持ちの方
    (格安SIMではまだ貴重な5Gに対応しており無料で利用することが可能!)
  • 一度、試しに使ってみたい・・という方
    (他の格安SIMにはない、お試しプランがあり気軽に試すことが可能!)
  • よく自分のデータ容量を超えてデータ通信をしてしまう方
    (低速通信となっても、バースト転送機能により初速を高速に読みとってくれるのでテキストベースのWEB閲覧やSNS程度であればストレスなし!)
  • 平日の通勤時間帯・お昼休憩時間帯・帰宅時間帯の速度低下を許容できる方
    (nuroモバイルに限らず格安SIM全体の課題であり、これを許容できればスマホ料金はグッと抑えることができます!速度低下といっても使い物にならなくなるほどでは無いのでご安心を!)
  • 気軽に色々な格安SIMを使ってみたい!という方
    (以前は最低利用期間・解約金が設定されていましたが、現在は設定されていないので気軽に乗り換えが可能!)
NUROモバイルをオススメできない方
  • 大容量プランを検討されているヘビーユーザーの方
    (nuroモバイルには20GBまでのプランしかなく、20GBの料金プランも他社と比べて安くはない )
  • クレジットカードを持っていない、持つ予定もないという方
    (支払い方法がクレジットカード決済のみとなっています)
  • 電話をよくするという方
    (nuroモバイルでんわにより通話料は半額になりますが、他の格安SIMも多数取り入れているサービスなので珍しいものではなく、かけ放題オプションも種類が少ない)
  • 光回線とのセット割でさらにお得にしたい!と考えている方
    (他の格安SIMでは光回線とのセット割ができるところも多くありますが、nuroモバイルはnuro光とのセット割に対応していない)
  • 契約後も店舗でサポートを受けたい方
    (契約時は家電量販店などで対面で契約できますが、契約後は専用の店舗は無いので電話やチャットなどでの対応となります)
  • スマホはいつでも高速通信でないと気が済まない!という方
    (nuroモバイルに限らず格安SIMとしての課題である平日の通勤時間帯・お昼休憩時間帯・帰宅時間帯に速度が遅くなる傾向にあります)
ちくわ
ちくわ

スマホが遅くなってしまうのは格安SIMの宿命やな・・

詳しい特徴やメリットデメリットの詳細はこちら!!
\利用開始月の月額料金無料!/

OCNモバイルONE

OCNモバイルONEは、「OCN」でお馴染みのNTTコミュニケーションズが展開する格安SIMです。

OCNモバイルONEの特徴は、NTTグループのためドコモ回線を利用しており、ドコモ回線を使用している格安SIMの中で1番の回線速度を誇るということです。

その他にも料金プランは音声対応SIMで500MBプランからあり、税込みで550円でスマホを持つことが可能です。

さらに「OCN光」とのセット割もあり、1回線につき220円の割引が適用されます。(5契約・1,100円まで割引)

MUSICカウントフリーというサービスもあり対象の音楽サービスでの通信量が消費されないというのも魅力の1つとなっております。

ひよっこ
ひよっこ

音楽好きな人にはええな!

OCNモバイルONEのメリット
  • MUSICカウントフリーオプションが無料
  • 低速通信への切り替えができるだけでなく、バースト転送機能で低速通信でも快適に利用できる
  • 人気のスマホが格安で手に入るセールを定期的に行っている
  • 安心のドコモ回線なので繋がりやすい
  • 追加料金・申し込みなしでテザリングが利用可能
  • 通話アプリなしでも通話量が安い
  • かけ放題などの通話オプションが豊富
  • どのプランでも格安SIM最安レベルであり、OCN光とのセット割でさらに安くなる
  • 現在のプランは最低利用期間・違約金がない
  • 余ったデータは翌月に繰り越せる
OCNモバイルONEのデメリット
  • 平日の通勤時間帯・お昼休憩時間帯・帰宅時間帯は通信速度が遅くなる
  • 大容量プランがない
  • 5Gに非対応
  • 支払いはクレジットカードのみ
  • キャリアメールが使えない ※2021年12月より利用可能!
  • LINEの年齢認証・ID検索ができない
  • 現在のプラン以外の場合は最低利用期間があり解約金が発生する
  • 通信速度制限が2段階で設定されている
  • Wi-Fiスポットのサービスが終了してしまった
OCNモバイルONEをオススメできる方
  • 音楽好きでMUSICカウントフリー対象サービスをよく使っている方
    (MUSICカウントフリー対象サービスはデータ通信がかからないエンタメフリーで他にはないサービスとなっている)
  • 少しでもスマホ代を安くしたいという方
    (どのプランでも格安SIM界で最安レベルとなっている)
  • スマホライトユーザーの方
    (大容量プランがないためスマホライトユーザー向け)
  • OCN光に加入している、または加入予定の方
    (OCN光とのセット割が1契約につき毎月220円の割引が適用される)
  • 端末の同時購入を検討されている方
    (人気のスマホが低価格で売られていることがある)
  • ドコモ回線で少しでも高速がいい!という方
    (ドコモ回線を利用する格安SIMの中で、OCNモバイルONEは最速を誇る)
  • 通勤通学時帯・お昼休憩時間帯・帰宅時間帯の通信速度低下を許容できる方
    (格安SIMにする以上、現状では切っても切れない問題。これを許容できないと格安SIMにはできない)
  • データは無駄なく近い切りたいという方
    (余ったデータは翌月末まで繰り越すことができるので無駄なく使うことが可能)
  • タブレットなどの2台持ちを検討されている方
    (テザリングが無料で利用できるため、タブレットなどを契約せずにテザリングにて通信可能)
  • 通話をたくさん利用される方
    (かけ放題オプションが豊富で使用用途に応じた選び方ができる)
  • 色々な格安SIMを使ってみたい方
    (現行プランは最低利用期間・解約金が発生しないため、気軽に乗り換えることができる)
  • 外での動画視聴などによるデータ通信が少ない方
    (データ容量が少ないプランしかなかったり、Wi-Fiスポットも無くなってしまったので、普段は自宅のWi-Fi環境などでスマホを使う機会が多い方にオススメ)
  • 自宅にWi-Fi環境がある方
    (自宅にWi-Fi環境がないと、データ量は物足りなく感じてしまうことも)
OCNモバイルONEをオススメできない方
  • スマホヘビーユーザーの方
    (大容量プランがないのでスマホライトユーザー向け。自宅でスマホをよく利用しWi-Fi環境があるのであればヘビーユーザーでも可能)
  • スマホはどんな時でも高速通信がいい!という方
    (格安SIMを利用する以上、スマホを沢山使う人がいる時間帯はどうしても通信速度が遅くなってしまう)
  • 大容量プランを検討されている方
    (最大10GBまでのプランしかない)
  • 5Gの利用を検討されている方
    (5Gには対応していません)
  • 外での動画視聴などによるデータ通信が多い方
    (最大10GBプランまでしかないので、外で動画などを観られる方は物足りなく感じることも)
  • 自宅にWi-Fi環境がない方
    (自宅にWi-Fi環境がないとデータ量は物足りなく感じてしまうことも)
ちくわ
ちくわ

格安SIMでドコモ回線利用なら有力候補となるで!

詳細な特徴から詳しいメリット・デメリットはこちら!
\スマホが最安1円から手に入る!/

HISモバイル

HISモバイルは、旅行会社「HIS」が手掛ける格安SIM。

海外通信専用のSIMカードやレンタルWi-Fiなども取り扱っており、旅行の時に重宝するサービスなども豊富に取り扱っています。

ドコモ回線とソフトバンク回線を選べますが、ドコモ回線の方が料金プランが豊富でお得なのでドコモ回線での契約をオススメします。

ドコモ回線でのみ契約可能の「格安弍拾プラン」は、20GBで2,178円で70分の無料通話までついてきます。

これは大手3キャリアの新料金プラン、「ahamo」「povo」「LINEMO」よりも低価格でサービスも充実しているんです!

ひよっこ
ひよっこ

それはお得やな!

HISモバイルのメリット
  • 格安弍拾プランが格安SIM界においても最安クラス
  • 光回線の同時契約で半年間のスマホ代をキャッシュバック
  • 最低契約期間がなく解約金が発生しない
  • データ追加料金が割安
  • 海外利用向きのサービスが魅力
  • ドコモ回線ならアプリの利用無しでも通話料が半額になる
  • 人気のスマホが低価格で手に入る
HISモバイルのデメリット
  • 平日の通勤通学時間帯・お昼休憩時間帯・帰宅時間帯に通信速度が遅くなる
  • プラン内容が複雑
  • 大容量プランの料金が割高
  • 余ったデータの繰り越しに対応していない
  • 5Gに対応していない
  • 低速・高速通信の切り替えができない(低速通信も遅い)
  • ソフトバンク回線の音声通話プランが割高
  • 支払いがクレジットカードのみ
  • キャリアメールが使えない ※2021年12月より利用可能!
HISモバイルをオススメできる方
  • 光回線との同時契約を検討されている方
    (HIS指定の光回線を契約することで、スマホ料金が半年間分キャッシュバックされます!)
  • 色々な格安SIMを使ってみたい!という方
    (HISモバイルは最低利用期間が設定されておらず、解約金も発生しないので気軽に乗り換えることが可能です!)
  • データの追加購入をよくする方
    (データ追加料は他の格安SIMと比較しても割安となっています!)
  • 海外での利用を検討されている方
    (HISモバイルは海外で利用するためのサービスが充実しており、サポートもあるので海外で安心して利用することが可能です!)
  • ドコモ回線での利用を検討されている方
    (ドコモ回線であれば料金プランは安く、通話料もアプリの利用無しで半額にすることが可能です!)
  • スマホの同時購入を検討されている方
    (中古のスマホとのセット購入で、人気のスマホを割安で購入することが可能です!)
  • 平日の通勤時間帯・お昼休憩時間帯・帰宅時間帯の速度低下を許容できる方
    (格安SIMの宿命である通信速度低下は避けては通れません)
HISモバイルをオススメできない方
  • スマホはいつも通信速度MAXでないと気が済まない!という方
    (格安SIMは平日の通勤時間帯・お昼休憩時間帯・帰宅時間帯などの大勢の人がスマホを使う時間帯に通信速度が遅くなるという特徴があります)
  • 単純でわかりやすいプランを選びたい・・という方
    (HISモバイルの料金プランは少し複雑となっており、迷ってしまう方もいるかもしれません)
  • スマホヘビーユーザーの方
    (HISモバイルの大容量プランは割高となっているのでオススメできません)
  • データは無駄なく使いたい!という方
    (余ったデータを翌月に繰り越すサービスがないので使わなかったデータは消失してしまいます)
  • 5Gスマホをお持ちで5Gを使いたい方
    (HISモバイルは5Gに対応しておらず、対応の予定も今のところありません)
  • ついデータ容量を使いすぎてしまう方
    (自分の契約しているプランのデータ容量を超過した場合、128kbpsの低速通信となりスマホを投げ捨てたくなるくらいの通信速度となります・・)※データ追加購入は割安です!
  • ソフトバンク回線での契約を検討されている方
    (HISモバイルのソフトバンク回線は割高となっておりオススメできません)
ちくわ
ちくわ

海外旅行や海外出張にも使いやすいで!

メリット・デメリットの詳細はこちら!
\海外旅行も国内旅行も特別優待!/

イオンモバイル

イオンモバイルは、大手スーパーのイオンが展開する格安SIMになります。

豊富な料金プランで0.5GBプランから50GBプランまであり、自分にあった料金プランを選ぶことが可能です。

そしてイオンモバイル最大の魅力は、全国200店舗以上のイオンでサポートを受けることができるのです!

ひよっこ
ひよっこ

自分で設定とかするのが不安な人にはええな!

その他ドコモ回線とau回線のどちらかを選ぶことができ、ドコモユーザーやauユーザーの乗り換えがスムーズなのもポイントですね!

イオンモバイルのメリット
  • 全国200店舗以上でサポートが受けられる
  • プランが豊富で自分に最適のプランを探せる
  • シェアプランでタブレットなどのサブ端末も持てる
  • 1週間無料で試せる
イオンモバイルのデメリット
  • 多くの人がスマホを使う時間帯に速度が落ちやすい
  • 大容量プランはそれほど安くない
  • 端末代が高い
イオンモバイルをオススメできる方
  • 格安SIMが初めてだったり自分で設定するのが苦手な方
  • タブレットなどの2台持ちを検討されている方
  • 一度、使ってみて使い心地を試したい方
  • 通勤通学時・お昼・帰宅ラッシュ時の速度低下を許容できる方
イオンモバイルをオススメできない方
  • スマホはどんな時でも高速通信がいい!という方
  • スマホヘビーユーザーの方
  • 端末の同時購入を検討されている方
ちくわ
ちくわ

格安SIMデビューにはええけど端末は別で買った方がええかもな!

マイネオ(mineo)

マイネオは「株式会社オプテージ」という会社が展開する格安SIMです。

株式会社オプテージは、関西電力グループの情報通信系子会社でマイネオ以外にも、「eo光」「eoスマートリンク」などのインターネット回線事業を行なっている会社です。

ひよっこ
ひよっこ

関西電力のグループ会社なら安心できそうやな!

当初、au回線を利用する唯一の格安SIMであり、現在はドコモ回線・ソフトバンク回線も選択することができ、トリプルキャリアに対応しています。

マイネオ最大の特徴は月額385円のオプションをつけると、無制限でデータ通信が使える「パケット放題plus」があることです。

これを使えば低速通信で1.5Mbpsではありますが、ビデオ通話や中画質ほどの動画はサクサク見ることが可能なんです!

マイネオアプリで高速通信と低速通信の切り替えができるので、ギガの節約には現段階で最強のオプションです。

その他、格安SIM会社の中ではあまり普及していない5Gにも対応しており有力な候補となること間違いなしの格安SIMです。

マイネオのメリット
  • 格安SIM界には珍しい5G対応
  • ドコモ・au・ソフトバンクの3回線に対応
  • データ無制限のオプションがコストパフォーマンス最強
  • シンプルな料金プランでわかりやすい
マイネオのデメリット
  • 多くの人がスマホを使う時間帯で通信速度が遅くなりやすい
  • 端末の価格が高い
マイネオをオススメできる方
  • 5G対応のスマホをお持ちの方
  • 実店舗でサポートを受けたい方
  • データ通信をガンガン使いたい方
  • 少しでもスマホ代を安くしたい方
  • 通勤通学時・お昼・帰宅ラッシュ時の速度低下を許容できる方
マイネオをオススメできない方
  • スマホはどんな時でも高速通信がいい!という方
  • 端末の同時購入を検討されている方
ちくわ
ちくわ

データ無制限オプションは非常にオススメや!
検討してみてな!!

J:COMモバイル

J:COMモバイルは、ケーブルテレビやインターネット回線を各地で展開する「J:COM」が展開する格安SIMです。

「スタート割」で1年間の月額料金が10GBの場合は440円、20GBの場合は550円安くなったり、

「シニア割」で5分/回のかけ放題とサポートがついて1GB/1078円で使えるなど割引が豊富です。

ひよっこ
ひよっこ

割引が多いのはありがたいわな!

その他、最低利用期間などが設定されていないので気軽に使用することが可能になっています。

J:COMモバイルのメリット
  • スタート割で格安SIM界において最安クラスになる
  • 料金プランが簡単でわかりやすい
  • 家族に26歳以下の方がいると割引される
  • さまざまなiPhoneを割安でセット販売している
  • 翌月末までデータ容量の繰り越しが可能
  • テザリングが無料で利用できる
  • 10GB・20GBプランなら低速通信となっても1Mbpsの通信速度が出る
  • 貴重な5Gに対応している
  • WEB申し込みすると契約事務手数料が無料になる
  • シニア割でかけ放題が12ヶ月無料となる
  • かけ放題オプションが専用アプリ無しで利用できる
  • データ追加料金が割安
  • 最低契約期間がなく解約金も発生しない
J:COMモバイルのデメリット
  • 平日の通勤通学時間帯・お昼休憩時間帯・帰宅時間帯に通信速度が遅くなる
  • au回線しか使えない
  • データ通信専用プランがない
  • 料金プランが少ない
  • 割引を適用しないとそこまで安くない(割引も期間限定)
  • 光回線とのセット割がない
  • 通話料の割引がない
  • かけ放題オプションが割高
  • 低速・高速通信の切り替えができない
  • 支払いがクレジットカードのみ
  • セット販売しているAndroid端末の種類が少ない
  • キャリアメールが使えない ※2021年12月より利用可能!
  • LINEの年齢認証に対応していない
J:COMモバイルをオススメできる方
  • 少しでも料金を安くしたい!という方
    (各種割引を適用することで格安SIM界でも最安クラスとなります!)
  • 選択肢が多すぎると決められない・・という方
    (料金プランは4種類しかなく迷うこともありません!)
  • 自分が26歳以下、または26歳以下のスマホを使っている家族がいる方
    (「U26ヤング割」により他の格安SIMよりも飛び抜けて料金が安くなります!)
  • 色々な格安SIMへ乗り換えられるフットワークの軽い方
    (「スタート割」は非常に安くなり魅力的ですが12ヶ月間限定、「U26ヤング割」も格安SIM界でも飛び抜けて安くなり魅力的ですが6ヶ月間限定のため、期間を過ぎると魅力が半減してしまうため、期間限定で利用するというのも1つの方法になります。)
  • iPhoneのセット購入を検討されている方
    (様々なiPhoneを割安でセット販売しています!)
  • 毎月のデータ容量は無駄なく使い切りたい!という方
    (余ったデータ容量は翌月末まで繰り越し可能で無駄なく利用することが可能です!)
  • 外出中にモバイルWi-Fiを利用してパソコンなどで通信している方
    (テザリングが無料で利用できるので環境によってはテザリングのみで事足りてしまうのでモバイルWi-Fiが不要になります!)
  • ついついデータ容量を使い過ぎてしまう・・という方
    (10GB・20GBプランにはデータ容量をオーバーしてしまったとしても、1Mbpsの通信速度を誇り非常に高速です!さらに1GB・5GBの方は200kbpsになってしまうもののデータの追加購入料金が非常に安いため、無駄な出費を抑えることができます!)
  • 5Gスマホをお持ちで5Gエリアにお住まいの方
    (J:COMモバイルは貴重な5Gに対応しており5Gエリア内であれば利用することができます!)
  • WEBでの申し込みに抵抗がない方
    (WEB申し込みの場合、契約事務手数料が無料になります!)
  • 60歳以上の方
    (60歳以上の方はシニア割があり5分間かけ放題が1年間無料で利用できたり、「おまかせサポート」というオプションも3ヶ月無料で利用できるのでスマホに慣れていない方も安心です!)
  • 電話をかけるときにいちいちアプリを開くのは面倒・・という方
    (多くの格安SIMはアプリを利用することで通話料を半額にできたりかけ放題が適用されたりしますが、J:COMモバイルにはアプリを利用せずともかけ放題が適用されるので、うっかり普通に電話してしまった!というミスを防げます!)
  • 色々な格安SIMを使ってみたい!という方
    (J:COMモバイルには最低利用期間がなく、解約金も発生しないためいつでも気軽に乗り換えることができます!)
  • 平日の通勤時間帯・お昼休憩時間帯・帰宅時間帯の速度低下を許容できる方
    (格安SIMの宿命である通信速度低下は避けては通れません)
J:COMモバイルをオススメできない方
  • スマホはどんな時でも最速MAXしかあり得ないっしょ!という方
    (J:COMモバイルに限らず格安SIM全般で、平日の通勤時間帯・お昼休憩時間帯・帰宅時間帯で通信速度が遅くなります)
  • ドコモ回線・ソフトバンク回線の利用を検討されている方
    (J:COMモバイルはau回線のみの提供となっておリます)
  • スマホ2台目やタブレットなどで、データ通信SIMをお探しの方
    (J:COMモバイルにはデータ通信専用プランがありません)
  • 色々な料金プランから自分にあったものを探したい!という方
    (料金プランは4種類のみで分かりやすい!という方がいる反面、物足りないという方もいるでしょう)
  • 一度決めた格安SIMを長期間利用しようと考えている方
    (「スタート割」や「U26ヤング割」は非常にお得で魅力的ですが期間限定のため、割引が適用されなくなると魅力が半減してしまいます)
  • 光回線とのセット割で少しでもお得にしたい!とお考えの方
    (J:COMの光回線とのセット割を提供しておりません)
  • 通話を沢山する方
    (他の格安SIMには通話料を割り引いてくれる専用アプリなどがあり、11円/30秒で利用できるものなども非常に多いのですが、J:COMモバイルにはなく22円/30秒の通話料がかかるほか、かけ放題オプションも割高となっております)
  • 無駄な通信量を抑えて節約したい!という方
    (データ量を節約できる低速・高速通信の切り替え機能がなく、節約をするなら使用を控える以外ありません)
  • クレジットーカードをお持ちでない、お持ちになる予定もない方
    (料金の支払い方法はクレジットカードのみとなっており、口座振替などには対応しておりません)
  • Androidスマホの同時購入を予定されている方
    (セット販売されているAndroid端末の種類が少なくなっております)
  • スマホヘビーユーザーの方
    (料金プランが20GBプランまでしかありません)
ちくわ
ちくわ

格安SIMで5G対応は貴重やで!
ぜひチェックしてみてな!

メリット・デメリットの詳細はこちら!
\スタート割で誰でも割引!!/

QTモバイル

QTモバイルは、九州でBBIQというインターネット回線を展開している「QTnet」が展開する格安SIMです。

九州の会社なので九州に住んでいる方が恩恵を受けやすく、九州電力やBBIQとのセット割が魅力です。

QTモバイルは大手3キャリアの回線に対応しているためSIMロック解除無しで契約が可能というところもポイントの1つ。

その他にも、格安SIMには店舗がなくサポートは電話やメール・チャットなどが主流となっている中、QTモバイルは「QTモバイルショップ」という店舗があるのでしっかりとしたサポートが受けやすいのも有り難いですね。

ひよっこ
ひよっこ

設定とか難しそうでハードルが高いと感じている方にはええな!

QTモバイルのメリット
  • 元々料金が安いがセット割でさらに安くなる
  • 料金プランが豊富
  • 余ったデータ容量の繰り越しができる
  • トリプルキャリアに対応している
  • テザリングが無料で利用できる
  • サポート体制が充実している
  • 貴重な無制限かけ放題オプションがある
  • 豊富なオプションがある
  • 安心な端末補償がある
QTモバイルのデメリット
  • セット割を適用しないと格安SIM最安クラスとはならない
  • ソフトバンクの料金プランが割高でAndroid端末は非対応
  • 通話料が他社と比較すると割高
  • かけ放題オプションが割高
  • 低速・高速通信の切り替えができない(低速通信も遅い)
  • 5Gが利用できない
  • 最低契約期間があり解約金が発生する
  • 支払いがクレジットカード払いのみ
  • 追加データ料金が割高
  • 平日の通勤通学時間帯・お昼休憩時間帯・帰宅時間帯に通信速度が遅くなる
  • キャリアメールが使えない ※2021年12月より利用可能!
  • LINEの年齢認証に対応していない
  • eSIMに対応していない
QTモバイルをオススメできる方
  • 九州地方にお住まいの方で九州電力・BBIQの光回線を契約している、または契約予定の方
    (元々安い料金ですが、九州電力・BBIQとのセット割でさらに安くなります!)
  • 色々な料金プランから自分にあったプランを選びたい!という方
    (6種類のデータプランがあり、スマホライトユーザーからヘビーユーザーまで満足のプランが充実!)
  • もらったデータは無駄なく使い切りたい!という方
    (余ったデータは翌月末まで繰り越しが可能!)
  • 乗り換え時に余計な手続きをしたくない方
    (トリプルキャリア(ドコモ回線・au回線・ソフトバンク回線)に対応しており、SIMロック解除や対応周波数の確認といった煩わしい確認が必要ありません!)※ソフトバンク回線は高額なので注意!
  • 外部でよくパソコンやタブレットなどの通信機器を利用される方
    (テザリングが手続き不要、月額料金無料で利用できるので環境によってはポケットWi-Fi代わりとなりポケットWi-Fiの固定費をマルっと削減できる可能性もあります!)
  • 店舗に行くのは面倒だからトラブルはなるべく自分で解決したいという方
    (QTモバイルのサポートサイトは非常にみやすく大抵のトラブルは自力で解決可能!)
  • 子供のスマホデビューをお考えの方
    (QTモバイルには安心フィルタリングというオプションがあり有害なサイトからお子様を守ってくれます!)
  • スマホをよく落としたりして壊してしまう方
    (「端末補償ワイド」というオプションサービスにより1契約で5台分の補償をしてくれます!)
  • 平日の通勤時間帯・お昼休憩時間帯・帰宅時間帯の速度低下を許容できる方
    (格安SIMの宿命である通信速度低下は避けては通れません)
QTモバイルをオススメできない方
  • スマホは通信速度最速じゃないと気が済まない!!という方
    (格安SIMは大勢の人がスマホを使う平日の通勤時間帯・お昼休憩時間帯・帰宅時間帯に通信速度が遅くなる傾向にあります)
  • ソフトバンク回線での契約を検討されている方
    (ソフトバンク回線は非常に高額な料金設定となっているのでオススメできません)
  • 電話をよく利用する方
    (通話料が他の格安SIMと比較して割高となっており、かけ放題プランも高めの設定となっています)
  • 毎月のデータ容量をよく超えてしまう方
    (低速・高速通信の切り替えができないのでデータ容量を超えやすく、追加データの購入金額も非常に割高なので余計な出費が大きくなってしまいます)
  • 5Gスマホをお持ちの方
    (QTモバイルは5Gに対応しておりません)
  • 色々な格安SIMを試したりフットワークを軽くしたい方
    (QTモバイルには最低契約期間があり、この期間内に解約すると解約金が発生します)
  • クレジットカードは持ちたくない・・という方
    (支払いはクレジットカードのみとなっています)
  • eSIMでQTモバイルを使おうか検討されている方
    (QTモバイルはeSIMに対応しておりません)
ちくわ
ちくわ

九州にお住みの方はかなりお得になる可能性があるで!

メリット・デメリットの詳細はこちらからどうぞ!
\全機種キャッシュバック増額中!(BBIQ会員限定)/

LIBMO(リブモ)

リブモは、光ファイバーを使用した通信サービスなどを行う「TOKAIコミュニケーションズ」が展開するドコモ回線の格安SIMです。

リブモの特徴としては、月額料金の安さはもちろん、セキュリティサービスが充実していることです。

「TOKAI SAFE」というセキュリティサービスによりお子様をネットの危険から守ったり、スマホの使い過ぎ防止にも役立つサービスが1年間無料で利用できるというのは有り難いところです。

また、20GBプラン・30GBプランでは他社と比較しても最安なのでスマホミドルユーザーからヘビーユーザーまで安心して使用することができます。

ひよっこ
ひよっこ

データ容量は大きいと安心やもんな!

LIBMOのメリット
  • 20GB・30GBプランの料金が格安SIM界で最安
  • 初期費用が0円になるキャンペーンを実施中
  • データ追加料金が割安
  • 低速通信・高速通信の切り替えが可能
  • 雑誌が読み放題となる貴重なエンタメフリーオプションがある
  • 余ったデータを翌月に繰り越せる
  • テザリングを無料で利用できる
  • 光回線とのセット割がある
  • セキュリティーサービスが充実している
  • かけ放題オプションが充実している
  • 200kbpsで使い放題のプランがある
  • 安心な端末補償がある
  • 株主優待でさらにお得になる
  • 豊富なキャンペーンを実施している
LIBMOのデメリット
  • 平日の通勤通学時間帯・お昼休憩時間帯・帰宅時間帯に通信速度が遅くなる
  • 低容量プランは最安ではない
  • 料金プランが少ない
  • 回線がドコモ回線のみ
  • 専用アプリなどを利用した通話料の割引がない
  • 5Gに対応していない
  • 最低契約期間・解約金が設定されている
  • 支払い方法がクレジットカードのみ
  • eSIMに対応していない
  • 取扱店舗が少ない
  • キャリアメールが使えない ※2021年12月から利用可能!
  • 低速・高速通信の切り替えができるが低速通信が遅い
  • LINEの年齢認証に対応していない
  • 家族割がない
LIBMOをオススメできる方
  • 20GB・30GBくらいのデータ容量プランを検討されている方
    (LIBMOは20GBプラン・30GBプランが他社と比べても最安となっております!)
  • お得なキャンペーンを利用したい!という方
    (LIBMOにはお得なキャンペーンが沢山あり、スマホが1円で購入できるものまであります!)
  • ついつい月のデータ容量をオーバーしてしまう方
    (データ追加料金が他社と比較しても非常に安く、気軽にデータ追加購入ができます!)
  • 少しでもデータ容量を節約して使いたい!という方
    (低速通信と高速通信を切り替える機能があるので、簡単なテキストベースのWEB閲覧やLINEのチャット、Twitterの閲覧などを低速通信ですることによりデータ使用量を使わずに節約することができます!)
  • 雑誌をよく読んでいて毎月決まった雑誌を購入されている方
    (雑誌が読み放題となる格安SIMの中では非常に貴重なエンタメフリーが存在し、お得に雑誌を読むことが可能です!)
  • データ容量を無駄なく使い切りたい!という方
    (余ったデータ容量は翌月に繰り越せるのであまり使わなかった月も安心!)
  • 外部でパソコンを利用したりする機会の多い方
    (テザリングが申請不要・月額料金無料で利用できるので、自分のスマホを経由して簡単にパソコンなどを接続することが可能となり、環境によってはモバイルルーターも不要となります!)
  • 光回線も同時に変更をしようか検討されている方
    (@T COMという光回線とのセット割を適用することで、光回線の料金から最大で月/330円の割引をすることができます)
  • お子様の格安SIMを検討されている方
    (セキュリティサービスが充実しているので様々なインターネットウイルスから守ってくれるだけでなく、使用するアプリや閲覧するサイトの制限、スマホの使いすぎ防止機能やスマホの使用時間制限などを細かく設定することが可能です!)
  • 特定の人とよく長電話をする方
    (LIBMOには「かけ放題ダブル」という他社にはあまりない珍しいかけ放題オプションがあり、よく電話をする上位3番号を自動で選び無料としてくれるかけ放題オプションがあります!)
  • よく携帯を壊してしまう方
    (端末補償オプションがあるので万が一の時にも安心!)
  • 現在、ドコモから購入したスマホをご利用の方
    (元々ドコモ回線をご利用の方は、SIMロック解除や対応周波数の確認といった手間が必要なく今すぐに安心してお使いいただけます!)
  • 平日の通勤時間帯・お昼休憩時間帯・帰宅時間帯の速度低下を許容できる方
    (格安SIMの宿命である通信速度低下は避けては通れません)
  • TOKAIホールディングスの株を所有されている方
    (LIBMOはTOKAIホールディングスの株主優待で月額料金を安くすることが可能です)
LIBMOをオススメできない方
  • スマホはどんな時でも最速でないと気が済まない!という方
    (LIBMOに限らず格安SIM最大の課題は、大勢の人がスマホを使う時間帯に通信速度が遅くなるということです)
  • スマホライトユーザーの方
    (低容量プランは他の格安SIMと比較しても最安ではなく、低速通信専用プランも安くはありません)
  • 色々な料金プランの中から自分に合った料金プランを探したい!という方
    (料金プランは5種類と格安SIMの中では少なくはないのですが、5GB〜20GBの間のプランが存在しないため、物足りなく思われる方もいるでしょう)
  • au回線・ソフトバンク回線での利用を検討されている方
    (LIBMOはドコモ回線のみを使用しています)
  • 通話料を少しでも安くしたい!という方
    (他の格安SIMでは専用アプリを利用することで無料で通話料を半額にできたりしますが、LIBMOにはその機能はありません。かけ放題オプションをつけることで通話料を半額とすることは可能です
  • 5Gスマホをお持ちで5Gを使ってみようとお考えの方
    (LIBMOは5Gに対応していません)
  • 色々な格安SIMを試してみたい!とお考えの方
    (LIBMOには1年間の最低契約期間があり、この期間内に解約すると10,450円という高額な解約金が発生してしまいます)
  • クレジットカードを持っておらず、持つつもりもない・・という方
    (料金支払い方法はクレジットカードのみとなります)
  • LIBMOをeSIMとしての利用を検討されている方
    (eSIMに対応していないので物理SIMでのみ契約可能です)
  • 契約時やアフターサポートは必ず対面でしてもらいたい!という方
    (取扱店舗が少なく、契約時や問題発生時も基本的にオンラインがメインとなります)
  • 家族みんなでの契約を検討されている方
    (家族割がないので家族割がある他社の方が安くなる可能性があります。※家族割を適用しなくても相当安いので他社との比較をオススメします!
ちくわ
ちくわ

セット割などを使わずに純粋な料金の安さが魅力の格安SIMやで!

メリット・デメリットの詳細はこちら!
\スマホ大特価セール開催中!/

エキサイトモバイル

エキサイトモバイルは、インターネットプロバイダサービスで有名な「エキサイト」が展開する格安SIMです。

エキサイトモバイルは、使った分だけ利用料金を払う段階料金プランと、毎月のデータ通信量の上限が決まっている定額料金プランがあるのが特徴です。

細かな価格設定で余分な支出を抑えたい方は「段階料金プラン」に。

料金を気にすることなく使いたい方は「定額料金プラン」にするのがおすすめです。

ひよっこ
ひよっこ

色々なプランから選べるのはええな!

エキサイトモバイルのメリット
  • 低速通信・高速通信の切り替えができ、バースト転送機能もついている
  • 余ったデータ容量を翌月末まで繰り越しができる
  • 色々な料金プランがあり、自分にあったプランを探せる
  • データ追加料金が割安
  • エキモバでんわ利用で通話料が半額になる
  • ドコモ回線・au回線に対応している
  • ドコモ回線なら3日間の高速通信の使いすぎによる速度制限がない
  • テザリングが無料で利用できる
  • 端末補償があり万が一のトラブルにも安心
  • 雑誌が読み放題となるエンタメフリーがある
エキサイトモバイルのデメリット
  • 平日の通勤時間帯・お昼休憩時間帯・帰宅時間帯に通信速度が遅くなる
  • 光回線とのセット割がない
  • プランが多くてどれにしたらいいのか迷ってしまう
  • 大容量プランが割高
  • ソフトバンク回線を利用できない(データ通信専用はau回線も利用できない)
  • 店舗がなくオンライン契約のみ
  • かけ放題オプションが少ない
  • 5Gに対応していない
  • 最低契約期間があり、解約金が発生する
  • 支払いがクレジットカードのみ
  • 段階料金プラン(Fitプラン)のデータ追加が5GBからしかない
  • eSIMに対応していない
  • キャリアメールが使えない ※2021年12月から利用可能!
  • LINEの年齢認証に対応していない
エキサイトモバイルをオススメできる方
  • 無駄なデータ通信を避け少ないデータ容量で賢く利用したい!という方
    (エキサイトモバイルは低速通信と高速通信の切り替えができるので、普段は低速通信で節約しつつもバースト転送機能によりストレスなくデータ通信をすることが可能です!)
  • もらったデータは無駄なく使い切りたい!という方
    (余ったデータ容量は翌月末まで繰り越せるので無駄なく利用することができます!)
  • 自分の環境に合った最適なプランを探したい!という方
    (エキサイトモバイルは非常に豊富な料金プランがあるので自分に合ったプランを探すことができます!)
  • ついつい毎月のデータ容量をオーバーしてしまう・・という方
    (データ追加料金は他社と比較しても割安となっており気軽に購入することが可能です!)
  • ドコモ・auで購入したスマホでエキサイトモバイルを検討されている方
    (エキサイトモバイルはドコモ回線・au回線に対応しており、SIMロック解除・対応周波数の確認という作業が必要ありません!またドコモ回線では、他社ではよくある○日間でデータ通信○GB以上使うと速度制限がかかります、というルールもないので気兼ねなく利用することが可能です!)
  • パソコンやタブレットなどを外出中によく利用される方
    (テザリングが無料で利用できるので外出中のネット環境も安心です!)
  • よくスマホを落として画面をバキバキにしてしまう方
    (安心の端末補償オプションがあるので万が一にも対応してくれます!)
  • 定期購読している雑誌がある方
    (雑誌が読み放題となるエンタメフリーオプションがあるので、自分の読んでいる雑誌があれば低価格で読み放題になります)
  • スマホライトユーザーからミドルユーザーの方
    (エキサイトモバイルでは0GB〜25GBプランまでが非常に割安となっています!)
  • お子様の格安SIMを検討されている方
    (お子様の年齢に合わせて、見せたくないサイトや使わせたくないアプリを制限したり、外出先でのお子様のインターネット利用状況を簡単にチェックすることが可能!
  • 平日の通勤時間帯・お昼休憩時間帯・帰宅時間帯の速度低下を許容できる方
    (格安SIMの宿命である通信速度低下は避けては通れません)
エキサイトモバイルをオススメできない方
  • スマホは最速MAXでしかあり得ない!という方
    (エキサイトモバイルに限らず格安SIM全体の課題となっているのが、大勢の人がスマホを使う時間帯に通信速度が遅くなるということです。通信速度MAXがいいという方は大手キャリア一択となります)
  • 光回線とのセット割なども取り入れて少しでもお得に使いたい!という方
    (エキサイトモバイルには光回線のセット割はありません)
  • 料金プランの数が多すぎるとどれにしたらいいのかわからなくて決められない・・という方
    (豊富な料金プランがあるので人によっては迷ってしまうという方もおられます)
  • スマホヘビーユーザーの方
    (大容量プランは他社と比較しても割高となっているので当サイトではオススメしておりません)
  • ソフトバンク回線での利用を検討されている方
    (利用できる回線は音声通話SIMでドコモ回線とau回線、データ専用SIMではドコモ回線のみとなっております)
  • ネットで自分で契約したり問題を対処するのは難しそうだから対面でサポートを受けたいという方
    (エキサイトモバイルには店舗がなくネットで契約し、ネットで問題を対処します)
  • 電話をよく利用される方
    (かけ放題オプションが少ないので通話をよく利用される方は余計な料金がかかってしまいます)
  • 5Gスマホをお持ちで5Gを使ってみたい!という方
    (5Gには対応していないので利用することはできません)
  • 色々な格安SIMを使ってみたい!という方
    (エキサイトモバイルには12ヶ月の最低利用期間があり、この期間内に解約すると1万円以上の解約金が発生します)
  • eSIMでの利用を検討されている方
    (eSIMには非対応なので物理SIMのみとなります)
ちくわ
ちくわ

段階料金プランと定額料金プランは無料で簡単に変更が可能や!
まずは段階料金プランにして試してみることをオススメするで!

メリット・デメリットの詳細はこちら!
\3GBデータ増量キャンペーン中!!/

DTI SIM

DTI SIMは、日本の電気通信事業者として20年以上の実績を持つ、DTI(ドリーム・トレイン・インターネット)が提供する格安SIMです。

DTI SIMの料金プランは、毎日1.4GBを使い切るプランや、半年間のお試しプランがあるなどユニークな料金プランが特徴です。

その他、初めてDTI SIMを申し込まれる方限定で半年の間、「電話定額プラン3GB」が2,541円→1,672円に、また「データプラン3GB」「データSMSプラン3GB」が無料で使用できます。

ひよっこ
ひよっこ

試しに使ってみたい人には便利やな・・

DTI SIMのメリット
  • 毎日1.4GBプランが他社と比較しても最安
  • 無料で通話料が半額となる
  • 光回線とのセット割がある
  • 余ったデータを翌月末まで繰り越すことができる
  • テザリングが無料で利用できる
  • お試しプランが魅力的
DTI SIMのデメリット
  • 平日の通勤時間帯・お昼休憩時間帯・帰宅時間帯に通信速度が遅くなる
  • ドコモ回線しかない
  • かけ放題オプションが少ない
  • 大容量プランがない
  • 5Gに対応していない
  • 低速通信・高速通信の切り替えができない
  • 最低契約期間があり、解約金が発生する
  • 支払いがクレジットカードのみ
  • データ容量の追加料金が割高
  • eSIMに対応していない
  • 店舗がなくオンライン契約のみ
  • キャリアメールが使えない ※2021年12月から利用可能!
  • LINEの年齢認証に対応していない
  • キャンペーンがない
  • スマホのセット購入ができない
DTI SIMをオススメできる方
  • 毎日大体決まった量のデータ通信をするスマホミドルユーザー・スマホヘビーユーザーの方
    (他社にはないDTI SIMならではの魅力が毎日1.4GB使い切りプランとなっており、月に約43.4GB利用することができます!)
  • 光回線とのセット割でお得に利用したい!という方
    (DTI SIMにはDTI光とのセット割があるので、お得に利用することが可能です!)
  • もらったデータは無駄なく使いたい!という方
    (余ったデータ容量は翌月末まで繰り越すことができるので無駄なくお得に利用することが可能です!)
  • 外部でパソコンやタブレットなどを利用される方
    (申請不要・月額料金無料でテザリングが利用できるため、外出中の通信環境も安心!)
  • 通信環境がどうなのかわからないので安い料金で試しに使ってみたい・・という方
    (DTI SIMには他社にはない、「お試しプラン」というものがあるのでとっても低価格で利用することが可能となっており、お試しのデータ通信プランであれば無料で利用することが可能です!)※最低契約期間と解約金があるので注意!
  • ドコモで購入したスマホでの乗り換えを検討されている方
    (DTI SIMはドコモ回線なので、ドコモで購入したスマホであればSIMロック解除・対応周波数の確認といった手間が必要ありません!)
  • 平日の通勤時間帯・お昼休憩時間帯・帰宅時間帯の速度低下を許容できる方
    (格安SIMの宿命である通信速度低下は避けては通れません)
DTI SIMをオススメできない方
  • スマホはどんな時でも最速でないと気が済まない!という方
    (DTI SIMに限らず格安SIM全体の課題として、スマホを大勢の人が使う平日の通勤時間帯・お昼休憩時間帯・帰宅時間帯に通信速度が遅くなる傾向にあります)
  • au回線・ソフトバンク回線でのご利用を検討されている方
    (DTi SIMはドコモ回線のみとなっています)
  • 長電話をよくされる方
    (10分以内のかけ放題オプションはありますが、完全かけ放題オプションなどはないので長電話をされる方は料金が高くなってしまう可能性があります)
  • スマホヘビーユーザーの方
    (データ容量は最大で10GBまでのプランしかないので、月に50GBくらいは欲しい!という方にはDTI SIMはお勧めできません)※毎日1.4GB使い切りプランなら1.4GB×31日で月に約43.4GB利用できます!
  • 5Gスマホをお持ちで5Gを使ってみたい!と考えている方
    (5Gは非対応なので利用することができません)
  • 少ないデータ容量で賢く節約しながら使いたい!という方
    (低速通信・高速通信の切り替え機能がないので節約をするならスマホを使わない、という選択肢しかありません)
  • 色々な格安SIMを利用してみて自分に合うものを探したい!という方
    (DTI SIMには12ヶ月の最低利用期間があり、この期間中に解約すると10,780円の解約金が発生してしまいます)
  • クレジットカードを持っていない、または持つ予定もないという方
    (支払いはクレジットカードのみとなっております)
  • よくデータ容量を追加で購入される方
    (DTI SIMのデータ追加料金は他社の安いところと比較するとおそよ3倍の料金が掛かります)
  • eSIMでの利用を検討されている方
    (eSIMには対応しておらず物理SIMとなります)
  • WEB上での契約などがわからないので対面でサポートを受けたいという方
    (WEB契約、メール・チャットサポートが基本なので対面での契約・サポートはできません)
  • キャンペーンを利用して少しでもお得に使いたい!という方
    (DTI SIMにはあまりキャンペーンがありません)
ちくわ
ちくわ

1.4GB使い切りプランが他社と比べて最安やで!

メリット・デメリットの詳細はこちら!
\半年お試しデータプランなら0円で利用可能!!/

ロケットモバイル

ロケットモバイルは、電気通信事業者であるIoTコンサルティングが提供する格安SIM。

業界最安クラスのデータSIMやポイントで通信費を払えたりと、ユニークなサービスを展開しております。

大手3キャリアの回線に対応しているため、SIMロック解除を必要とせず手軽に乗り換えることが可能です。

そしてロケットモバイル最大の特徴は、低速ながらもデータ通信使い放題の「神プラン」です。

200kbpsと速度は遅いものの、YouTubeの低画質動画を見たり簡単なSNSの利用は問題なく行えます。

さらに通信を始めた時に少しの間、高速通信になる「初速バースト機能」があり、うまく使えば高速で使い放題とすることも可能なんです!

ひよっこ
ひよっこ

他にはない特徴やな!

ロケットモバイルのメリット
  • 料金が格安SIM業界で最安クラス
  • 低速通信でも初速バースト機能で高速化を実現している
  • ポイントを貯めて通信費を無料にすることも可能
  • スマホライトユーザーからヘビーユーザーまで対応している
ロケットモバイルのデメリット
  • 多くの人がスマホを使う時間帯で通信速度が遅くなりやすい
  • ソフトバンク回線はプランが少なく他の回線に比べて割高
  • スマホ端末は販売していない
  • 電話かけ放題プランがない
  • 他社からの乗り換えのみ対応しており、新規契約はできない
ロケットモバイルをオススメできる方
  • 通勤通学時・お昼・帰宅ラッシュ時の速度低下を許容できる方
  • データ通信のみを検討されている方
  • スマホライトユーザー・ヘビーユーザーの方(低速通信に限る)
  • 人契約を検討されている方
  • 少しでもスマホ代を安くしたい方
ロケットモバイルをオススメできない方
  • スマホはどんな時でも高速通信がいい!という方
  • 5Gスマホをお持ちの方
  • 色々な格安SIMを試してみたい方
  • 通話を沢山する方
  • 新規契約を検討されている方
  • 端末の同時購入を検討されている方
ちくわ
ちくわ

データ通信に特化した格安SIMやな!
法人プランも多いから会社での導入を検討されている方は要チェックやで!

donedone(ドネドネ)

BIGLOBEから2021年7月1日に新たな格安SIMとして誕生したのがこのドネドネ。

ドネドネはスマホ料金の一部を支援団体に寄付することで社会貢献活動ができる一味変わった格安SIMとなっております。

寄付先も自分で自由に選択することができ、世界の子供達への教育支援・海洋生物や環境保護・小児がん患者の臨床研究など選択肢は様々です。

料金プランとしては、最大3Mbpsの速度制限があるものの50GBまで使える大容量プランで月額2,728円と低価格な「ベーシックUプラン」や、対象アプリ2つを速度無制限で使用でき、その他のサービスも1Mbpsで利用できて金額は同じ月額2,728円の「カスタムUプラン」、データ通信専用で最大128kbpsですが無料で使える「エントリープラン」などがあります。

ひよっこ
ひよっこ

ほぼ決まったアプリしか使用しない方はカスタムプランがええな!

ドネドネのメリット
  • 50GBの大容量プランでは最安クラス
  • 対象アプリ2つの速度無制限が魅力
  • 社会貢献活動に参加できる
  • 安心のBIGLOBEが運営
  • ビッグローブ光とのセット割がある
ドネドネのデメリット
  • 多くの人がスマホを使う時間帯で通信速度が遅くなりやすい
  • 高速通信できるアプリが2つまで
  • 余ったデータを繰り越しできない
  • 端末は販売していない
  • 5G対応だが高速通信を活かせない
  • かけ放題オプションがない
ドネドネをオススメできる方
  • 通勤通学時・お昼・帰宅ラッシュ時の速度低下を許容できる方
  • いつも利用するアプリが決まっている方
  • ヘビーユーザーだが少しでもスマホ代を安くしたい方
  • 社会貢献活動に興味のある方
  • ビッグローブ光を契約されている方、または契約する予定のある方
ドネドネをオススメできない方
  • スマホはどんな時でも高速通信がいい!という方
  • 5Gスマホをお持ちの方
  • 通話を沢山する方
  • 端末の同時購入を検討されている方
  • データは無駄なく使いたい方
ちくわ
ちくわ

「エントリープラン」は寄付の対象外やから注意してな!

Links Mate

Links Mateは、通信機器の販売やゲーム開発のサポートなどを行う「Logic Links」が展開する格安SIMです。

ゲーム開発を手がけていることもあり、契約することで対象のゲームアプリの通信量を90%以上カットしてくれたり、豪華な特典がもらえるなどユニークな特徴があります。

ゲーマーの方だけにオススメというわけではなく、カウントフリーオプションにより対象コンテンツ(ABEMA TVやU-NEXTなど)も通信量をカットしてくれるので対象コンテンツを使用される方はお得になります。

その他、料金プランの種類も格安SIM業界で最多となっており、自分にあった料金プランを選択することができたり、かけ放題オプションや格安SIM業界ではまだ貴重な5Gに対応しており無料で使用することができるのも魅力の一つでしょう。

ひよっこ
ひよっこ

ゲーマーにも、ゲーマー以外にもオススメできるんやな!

Links Mateのメリット
  • カウントフリーオプションで対象ゲームやコンテンツが通信量カット
  • 対象ゲームの特典がもらえる
  • 5G対応
  • 豊富な料金プラン
  • スマホセット購入に対応
Links Mateのデメリット
  • 多くの人がスマホを使う時間帯で通信速度が遅くなりやすい
  • 容量ごとに連携できるゲーム数が異なる
  • カウントフリーオプションの動画などの画質は中画質
  • 必ず解約手数料が発生する
  • 通話料は安くない
Links Mateをオススメできる方
  • 通勤通学時・お昼・帰宅ラッシュ時の速度低下を許容できる方
  • 対象ゲームやコンテンツをご利用中の方
  • 自分にあった料金プランを選びたい方
  • 5G対応スマホをお持ちの方
  • スマホのセット購入を検討されている方
Links Mateをオススメできない方
  • スマホはどんな時でも高速通信がいい!という方
  • 動画は高画質がいい!という方
  • 通話を沢山する方
  • 色々な格安SIMを使ってみたいとお考えの方
ちくわ
ちくわ

対象ゲームやコンテンツを利用しているかどうかがポイントや!
気になった方はチェックしてみてな!

ahamo(アハモ)

アハモは、ドコモから発表された新料金プランで、2,970円で20GBの通信が可能なプラン1つだけになっています。

こちらも格安SIMと勘違いしがちですが、ドコモの料金プランの1つなので格安SIMではありません。

ドコモの他の料金プランと違うところは、受付はオンライン専用でショップでサポートを受けることができません。

オンライン専用とすることで対面による対応を省き、人件費を削減することでコストを抑えているのでやむを得ない部分ですね。

アハモ最大の特徴はなんといっても通信環境の安定性でしょう。

ドコモの高速回線を利用できるので、格安SIMと比べて通信環境の安定性は抜群です。

ひよっこ
ひよっこ

通信速度だけは譲れない人はやっぱり安心のドコモやな・・

アハモのメリット
  • 通信速度は格安SIMとは違い安定しており速い
  • 事務手数料・解約金が一切発生しない
  • 5G対応
  • 5分かけ放題が標準装備
  • 海外でも20GBまで使用できる
  • 速度制限時でも1Mbpsの通信速度
アハモのデメリット
  • 契約はオンライン限定
  • 未成年は自分で契約できない
  • キャリアメールが使えない
  • ドコモショップでサポートが受けられない
  • ドコモ光や家族割のセット割がない
  • 留守番電話が使えない
アハモをオススメできる方
  • 通信速度は常に最速でいたい方
  • スマホミドルユーザーの方
  • オンライン手続きに抵抗がない方
  • 海外での使用も検討されている方
  • 5Gスマホをお持ちの方
アハモをオススメできない方
  • 少しでもスマホ料金を安くしたい方
  • キャリアメールを使用している方
  • ドコモ光とのセット割で少しでも安くしたい方
  • ドコモショップでサポートを受けたい方
  • 家族で新料金プランへの移行を検討されている方
ちくわ
ちくわ

安定のドコモ新料金プランやな。

いきなり格安SIMは抵抗があるという方はここから始めるのもありやで!

povo

povoは、auから発表された新料金プラン。

こちらはauの新料金プランなので格安SIMではありません。

申し込みはオンラインのみで月額は0円。

そこから自分に必要な機能をトッピングしていく形の料金プランとなっております。

1GBのデータをトッピングすると390円、3GBだと990円、20GBだと2,700円といったように自分の使用用途にあうプランを好みに作ることができます。(※データには利用期間があるので注意!)

その他、通話トッピングでかけ放題をつけたりサポートトッピングをつけてスマホ故障時のサポートをつけたりと組み合わせは様々です。

ひよっこ
ひよっこ

自分の好きな組み合わせを作れるのはありがたいな!

povoのメリット
  • 通信速度は格安SIMとは違い安定しており速い
  • 事務手数料・解約金が一切発生しない
  • 5G対応
  • 大容量プランを契約すれば実質、大手3キャリアの新料金プランで最安
povoのデメリット
  • 契約はオンライン限定
  • 速度制限時が128kbpsと遅い
  • 海外でのデータ通信ができない(Wi-Fiは可能)
  • キャリアメールが使えない
  • 留守番電話が使えない
  • 家族割や光回線とのセット割が使えない
  • 13歳以上しか使えない
povoをオススメできる方
  • 通信速度は常に最速でいたい方
  • 5G対応スマホをお持ちの方
  • オンライン手続きに抵抗がない方
  • 自分にあった組み合わせを自由に選びたい方
povoをオススメできない方
  • 海外でのデータ通信を検討されている方
  • キャリアメールを頻繁に利用されている方
  • 留守番電話を使いたい方
  • 店舗でサポートを受けたい方
  • 少しでもスマホ料金を安くしたい方
  • 家族で新料金プランへの移行を検討されている方
  • 光回線のセット割で少しでもお得にしたい方
ちくわ
ちくわ

auからいきなり格安SIMは抵抗があるという方は有力な候補となるで!

LINEMO(ラインモ)

LINEMOは、ソフトバンクから発表された料金プラン。

こちらはソフトバンクの新料金プランのため「格安SIM」ではありません。

LINEMOの魅力はなんといってもソフトバンク回線による高速通信。

大手3キャリアから回線を借りている格安SIMとは違い、通信速度はピカイチです。

料金プランは3GBで月990円のミニプランと、20GBで月2,728円のスマホプランの2種類のみとわかりやすくなっております。

さらに、どちらのプランにも「LINEギガフリー」というオプションが無料でついており、LINEアプリ使用時のデータ消費が一切かかりません!

ひよっこ
ひよっこ

LINEの無料通話を利用すればタダでかけ放題やん!

LINEMOのメリット
  • 通信速度は格安SIMとは違い安定しており速い
  • 事務手数料・解約金が一切発生しない
  • 5G対応
  • LINEの通信量が一切かからない
  • スマホプランなら速度制限後も通信速度1Mbps
LINEMOのデメリット
  • 契約はオンライン限定
  • ミニプランは速度制限時が300kbpsと遅い
  • キャリアメールが使えない
  • 留守番電話が使えない
  • 家族割や光回線とのセット割が使えない
  • 未成年は自分で契約できない
LINEMOをオススメできる方
  • 通信速度は常に最速でいたい方
  • 5G対応スマホをお持ちの方
  • オンライン手続きに抵抗がない方
  • LINEを酷使する方
  • 通話をよく利用する方
LINEMOをオススメできない方
  • キャリアメールを頻繁に利用されている方
  • 留守番電話を使いたい方
  • 店舗でサポートを受けたい方
  • 少しでもスマホ料金を安くしたい方
  • 家族で新料金プランへの移行を検討されている方
  • 光回線のセット割で少しでもお得にしたい方
ちくわ
ちくわ

大手3キャリアの新プランはどれも似ているものやな。
あとは好みの問題やで!

※※いっぱいありすぎて決められない方へ※※

ひよっこ
ひよっこ

色々な携帯会社があるのは分かったんやけど・・
結局どれにすればええんやろ・・

確かに多すぎて迷ってしまいますよね・・。

そこで重視する項目別に、オススメの携帯会社を抽出しました!

ちくわ
ちくわ

参考にしてみてな!

通信速度だけは絶対に譲れない!通信速度が遅いなんてありえへん!という方

格安SIMはどうしても、大手3キャリアから回線を借りているため、通勤時間帯・お昼・帰宅時間帯はどうしても通信速度が遅くなります。

通信速度だけは絶対に譲れない方にオススメなのは、大手3キャリアの新料金プランである、「アハモ」「povo」「LINEMO」です。

大手3キャリアが展開しているプランのため、通信速度が遅くなるということは一切ありません。

ひよっこ
ひよっこ

通信速度・・命でっせ!!

ちくわ
ちくわ

格安SIMやサブブランドより料金が高くなってしまうことは覚えといてな!

通信速度も欲しい・・でも料金も安くしたい!!という方

通信速度と料金の安さを両立させているのは、「UQモバイル」と「ワイモバイル」です。

UQモバイルはauのサブブランド、ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドなので大手キャリアの新料金プランほど通信速度は安定しませんが、それでも他の格安SIMと比べて通信速度は非常に高速で安定しております。

ひよっこ
ひよっこ

大手キャリアの新料金プランより速度は速くないけど、
料金は安いんやな!

ちくわ
ちくわ

サブブランドやから安心やな!
ただ格安SIMと比べて、料金は高めやで!

安さ重視!安さを追求したい!!という方

安さを追求したいあなたにオススメの格安SIMは、「楽天モバイル」「IIJMIO」「NUROモバイル」です。

「楽天モバイル」は1GBまでであれば1回線目のみではありますが0円で利用できたり、「IIJMIO」は20GBプランが2,068円と最安クラスになっております。

「NUROモバイル」は3GBプランが792円で利用できるなど、こちらも業界最安クラスを誇ります。

ひよっこ
ひよっこ

安さこそ・・正義なり!!

ちくわ
ちくわ

通信速度が大手よりは遅いことは目をつむるしかないで!

初心者にオススメな格安SIMはどれかしら・・?という方

格安SIMにはしたいけど自分で設定したりするのはちょっと不安・・

店舗があったりサポートが充実しているのがいいな・・というあなたにオススメなのは「UQモバイル」「ワイモバイル」「楽天モバイル」「イオンモバイル」です。

「UQモバイル」はauのサブブランドのため、全国のauショップで取り扱われていることも多く、サポートを受けながらの乗り換えも可能です。

「ワイモバイル」もソフトバンクのサブブランドのため、全国のソフトバンクショップで取り扱われていることも多く、サポートを受けながら乗り換えることができます。

「楽天モバイル」は店舗があるだけでなく、料金プランもライトユーザーからヘビーユーザーまでお得になる1種類のみと非常にシンプルで、プラン選びで迷う心配がないのも特徴です。

「イオンモバイル」は全国のイオンでサービスを受けることができ初心者の方には安心です。

ひよっこ
ひよっこ

スマホ初心者には店舗があるのはありがたいな!

ちくわ
ちくわ

店舗がある、つまり人件費がかかっているということは・・
料金設定が高め、ということは忘れてはあかんで!

電話を沢山するんだけどどれがいいのかしら・・?という方

電話を沢山するから通話料金を抑えたい・・というあなたにオススメの格安SIMは、「楽天モバイル」「LINEMO」です。

「楽天モバイル」は専用アプリ「Rakuten Link」を利用すればRakuten Linkアプリを使っていない方とでも無料で通話し放題になります。

「LINEMO」には「LINEギガフリー」という無料のオプションがついており、ラインにかかる一切のデータ通信量がかかりませんので、LINEの電話を利用すれば無料で無限に電話をかけることが可能です。

ひよっこ
ひよっこ

ついつい長電話してまう人にはええな!

ちくわ
ちくわ

かけ放題プランも各社によって様々や。
高い格安SIM会社を選ばんようにな!

データ通信をなるべく安く沢山使いたいんや・・という方

データ通信をできるだけ安く、でも気にせずに使いたい!という方にオススメな格安SIMは、「楽天モバイル」「マイネオ」「ロケットモバイル」「IIJMIO」「ドネドネ」です。

「楽天モバイル」は使ったデータ量によって料金が変わる料金体系で、楽天回線エリア内であれば無制限で使い続けても3,278円です。

「マイネオ」は月385円で通信速度1.5Mbpsではありますがデータが無制限で使える「パケット放題plus」という素晴らしいオプションがあり、ギガのコストパフォーマンスは最強です。

「ロケットモバイル」と「IIJMIO」はどちらも低速時での「初速バースト機能」というものが備わっており最初だけ高速で通信してくれるため、使い用途によっては無制限にデータ通信をすることができるようになります。

「ドネドネ」は大容量50GBプランの料金が最安クラスでデータ通信を気にせず使いたいという方には有力な選択肢になることでしょう。

ひよっこ
ひよっこ

YouTubeだけはやめられん・・

ちくわ
ちくわ

低速通信は高画質では視聴できんから注意してな!
高画質が良ければ楽天かドネドネがええな!

エンタメフリーでお得に使いたいという方

エンタメフリーを活用してお得に使いたい方にオススメな格安SIMは、「BIGLOBEモバイル」「ドネドネ」「Links Mate」です。

「BIGLOBEモバイル」は月308円でYouTubeやAbema、U-nextなどが見放題となり、データ通信量は一切カウントされません。

「ドネドネ」は対象のアプリを2つ選択することで、その2つのアプリのデータ通信を無制限にすることが可能です。

「Links Mate」はカウントフリーオプションというものがあり、対象のゲームやコンテンツの通信量を90%以上カットできるという機能があるので、お得に利用することが可能です。

ひよっこ
ひよっこ

使用するアプリがいつも決まっている人にはお得やな!

ちくわ
ちくわ

高画質で見れんかったり読み込み速度が遅くなる点は注意が必要やで!

ドコモ回線で安くしたいという方

ずっとドコモを使ってきたからドコモ回線でお得になる格安SIMにしたい!というあなたにオススメの格安SIMは、「IIJMIO」「マイネオ」です。

「IIJMIO」は20GBプランが大手3キャリアよりも低く、格安SIM界からみても最安クラスです。

「マイネオ」は、20GBプランではIIJMIOより若干高いものの、月385円で利用できるネット使い放題オプションが魅力なので掛け合わせることで低価格で利用することが可能です。

ひよっこ
ひよっこ

安心のドコモ回線で使いたい人はこれやな!

ちくわ
ちくわ

最終的にはサービスなどをみて総合的に判断してな!

au回線で安くしたいという方

ずっとauを使ってきたからau回線でお得になる格安SIMにしたい!というあなたにオススメの格安SIMは、「IIJMIO」「マイネオ」「ドネドネ」「BIGLOBEモバイル」です。

「IIJMIO」は20GBプランが大手3キャリアよりも低く、格安SIM界からみても最安クラスです。

「マイネオ」は、20GBプランではIIJMIOより若干高いものの、月385円で利用できるネット使い放題オプションが魅力なので掛け合わせることで低価格で利用することが可能です。

「ドネドネ」は最大3Mbpsの速度制限があるものの50GBまで使える大容量プランが月/2,728円と非常にお得となっており、動画などは中画質くらいで十分!という方は有力な候補となるでしょう。

「BIGLOBEモバイル」は1GBプランが1年目のみではありますが770円とau回線の中では最安クラスとなっており、そこに月/308円のエンタメフリーオプションをつけると1,078円でYouTubeやAbema・U-NEXTなどが見放題になります。

ひよっこ
ひよっこ

この中でも迷ってしまいそうやな・・

ちくわ
ちくわ

自分が毎月どれだけギガを消費するか。
どんなアプリをよく利用するか。
その辺りをおさえて判断すればええだけやで!

ソフトバンク回線で安くしたいという方

ずっとソフトバンクを使ってきたからソフトバンク回線でお得になる格安SIMにしたい!というあなたにオススメの格安SIMは、「NUROモバイル」「ワイモバイル」です。

「NUROモバイル」は3GBプランが月/792円と業界最安クラスを誇り、ソフトバンク回線で少しでも安く使いたい方には有力な候補となります。

「ワイモバイル」は基本料金自体はそこまで安くないものの、家族割などのセット割が充実しており家族みんなで格安SIMを検討されている方はまとめることでお得になる可能性が高いです。

ひよっこ
ひよっこ

単純に基本料金だけやなくてセット割なども意識した方がええんやな!

ちくわ
ちくわ

セット割の効果は大きいから見逃さないようにな!

子供やお年寄りにオススメの格安SIMはどれかしら・・?という方

子供やお年寄りのスマホデビューなどにオススメしたい格安SIMは、「LIBMO」「J:COMモバイル」です。

「LIBMO」は「TOKAI SAFE」というセキュリティサービスでお子様をネットの危険から守ったりスマホの使い過ぎ防止に有効でこのサービスを1年間無料で利用することができます。

「J:COMモバイル」は新規契約の方のための「スタート割」や60歳以上の方のための「シニア割」が充実しており、スマホデビューの方やお年寄りに向けたサービスが豊富に揃っております。

ひよっこ
ひよっこ

見守り機能は見逃せないポイントやな!

ちくわ
ちくわ

小さいお子様にはあると安心やね!

まとめ

  • 万人にオススメできる携帯会社はない
  • ここだけは譲れないというポイントを明確にしておく
  • 現在、格安SIMやサブブランドを契約されている方も、新しい料金プランの方が安い可能性もあるのでたまに確認することが必要
  • 格安SIMはキャリアメール・LINEのID検索ができない
  • 格安SIMはデータ通信が安定しない
  • 格安SIMの通信速度は測っている環境によって様々なので、今速くても遅くなる可能性もあり、今遅くても速くなる可能性がある
  • 通信速度で選ぶなら大手3キャリアの新料金プランか、UQモバイル・ワイモバイルなどのサブブランド
  • 安さで選ぶなら楽天モバイルか格安SIM
ちくわ
ちくわ

生活を豊かにするために大きな固定費を見直すのは必須条件や!
スマホ代は余計なお金を払ってしまっている可能性が高いのでぜひ見直してみてな!

コメント