【2021年11月版】【比較表で見やすい!】格安SIMは結局どれがいいの?主要格安SIMブランド27社を徹底比較してみた!

格安SIM基本知識
ちくわ
ちくわ

どうも、ちくわやで!!
この記事は格安SIMに変えたいけど、色々なブランドがありすぎてどれがいいのかさっぱりわからん!という方の為に、各ブランドの特徴やプランなどを分かりやすく解説するで!
ぜひ見ていってな!

大手3キャリア(docomo・SoftBank・au)でスマートフォンをずーっと使ってきたけどやっぱり高い・・

そこで「格安SIM」なるものがあると知ったけど通信速度とか・・サポートとか・・本当に安心して乗り換えできるのだろうか・・?

それに、そもそも種類がいっぱいありすぎてどれにしたらいいのかもわからない・・

そんな方も多いかと思います・・・。

ひよっこ
ひよっこ

格安SIMが安いのは分かったで・・
でも・・安心して変えられるん!?

ちくわ
ちくわ

納得して格安SIMに移行できるようにサポートするから安心してな!

まず、どの格安SIMにするかを選ぶ前の大前提として覚えておいて頂きたいのは、

「万人におすすめできる格安SIMは無い」ということです。

人によっては電話を沢山する方もいればあまりしない方もいますし、データ通信を沢山する方もいれば、しない方もいますよね。

「かけ放題は絶対に譲れへんで!」

「データ通信は沢山するから大容量がいいんや!!」

「通信速度だけは最速じゃないと嫌やねん!」など、

最後は、自分自身でここだけは譲れないというポイントを明確にした上で決められることを強くお勧めいたします。

また、

ひよっこ
ひよっこ

もうすでに格安SIMやからワイには必要ない情報やな・・

と思わずに今現在の料金プランを比較してみることをお勧めします。

格安SIMは競争が激化しており各社から様々な料金プランが誕生していますので、割高なプランに加入してしまっている可能性もあるんです!!

今の現状を確認してみて、乗り換える必要がなければそれでよし、乗り換えたほうがさらにお得になるのであれば乗り換えも検討してみましょう。

それでは、乗り換えを検討するにあたって以下の項目を比較しました!

ここが知りたいのよ格安SIM!
  • どんな会社が運営してるの?
  • 料金の安さは?
  • セット割とかあるのん?
  • 通信速度は?
  • 回線はドコモ?ソフトバンク?au?
  • サポートとか大丈夫?
  • 通話料は高いの?安いの?
  • かけ放題プランとかあるの?
  • 毎月の通信量(ギガ)はどれくらい使えるの?
  • 5Gに対応してる?
  • テザリングは使える?
  • 留守番電話は使える?
  • 初期費用はいくら?
  • エンタメフリーはあるの?
  • 1年縛りとか2年縛りとかあるの?
  • 解約金はいくらかかるの?
  • 支払い方法は?
  • 追加データ料はいくら?
  • 取扱のSIMは?
  • 何か特典とかあるの?

また、格安SIMにはメリットとデメリットが存在します。

料金の安さに惹かれて安易に乗り換えてしまうと後悔してしまう可能性もあるのでメリットとデメリットは必ず確認しておいてくださいね!

格安SIMのメリット
  • 料金が安い
  • シンプルな料金体系
  • 通話プランが複数選べる
格安SIMのデメリット
  • キャリアメールが使えない
  • LINEのID検索ができない
  • データ通信速度が安定しない

キャリアメールとは、

ドコモなら「〜@docomo.he.jp」、

auなら「〜@wzweb.ne.jp」、

ソフトバンクなら「〜@softbank.ne.jp」といったメールアドレスのことです。

ちくわ
ちくわ

まぁ・・最近はあんま使わんよね・・

ひよっこ
ひよっこ

LINEのID検索も使わんで・・・

ただ・・問題は通信速度ですよね。

格安SIMは大手3キャリアから回線を借り受けて格安SIM事業を展開しているため、どうしても大手3キャリアと比べて通信速度が遅くなりがちです。

ひよっこ
ひよっこ

じゃあどの格安SIMが一番速いんや!?

と思われる方も多いと思いますが・・

ちくわ
ちくわ

実は・・
通信速度の比較にあまり意味はないんやで・・

ひよっこ
ひよっこ

ワッツ!?!?

それはスマホの「使う時間(使っている人の数)」「使っている場所」「端末の種類」などによって通信速度は大きく変化するからなんです。

例えば・・

田舎に住むクマさんが、最新のスマホを使って、みんなが寝ている時間帯にスマホを操作して、

クマさん
クマさん

この格安SIMは最強だね!!

と言っているとします。

それを聞いた都会に住むヒヨコさんが、古いスマホを使って、お昼休み中にスマホを操作すると、

ひよっこ
ひよっこ

全然遅いやん・・・

ということになってしまうんですね。

格安SIM会社によって大手キャリアから借りている回線の量の違いは多少ありますが、今後回線の量が増える可能性もあれば減る可能性もあります。
つまり、現段階で速いからいい!遅いからダメ!とは一概に言えないんですね。

遅いといっても使えなくてどうしようもないということはないのでご安心を!

これらを許容できれば格安SIMなら確実に料金を下げることが可能です!

これらを踏まえた上でいざ、格安SIMを検討してみましょう!

格安SIM会社比較表

まずはどんな格安SIMブランドがあるのかを比較表でご覧ください!

ちくわ
ちくわ

通信速度は5点満点で評価しているで!

解説最安料金(データ)最高料金(データ)最安料金(音声)最高料金(音声)セット割通信速度利用回線サポート体制基本通話料通話手段かけ放題プラン毎月のデータ容量データ繰り越し5Gテザリング留守番電話初期費用エンタメフリー最低契約期間解約金支払い方法追加データ料金取扱SIM特典
楽天
モバイル
知名度No.1の格安SIM。
節約したい方からヘビーユーザーまで幅広く対応の1プランのみ。
なしなし0円
(1GBまで※1回線のみ)
3,278円(税込)
データ無制限
楽天ひかり申し込みで楽天ひかりの月額料金無料3点楽天・au店舗・電話・チャット・メール22円/30秒
(Rakuten Link使用で0円)
通常電話・RakutenLINK10分かけ放題
(月/1,100円)
1GB・3GB・20GB・無制限非対応対応対応対応0円なしなしなし口座振替・クレジットカードなしnano SIM・micro SIM・標準SIM・eSIMプラン料金が3ヶ月無料
(通話料などは別。おひとり様最初の1回線のみ)
IIJ
MIO
使いたい機能に応じて自由に組み合わせることが可能。
ドコモ・auなどの回線を選ぶこともできる。
748円(税込)
(2GBプラン)
1,958円(税込)
(20GBプラン)
858円(税込)
(2GBプラン)
2,068円(税込)
(20GBプラン)
IIJMIOひかりとセットでずっと毎月660円割引3点ドコモ・au電話・チャット11円/30秒通常電話誰とでも3分&家族と10分(月/660円)
誰とでも10分&家族と30分(月/913円)
2GB〜20GB翌月の末日まで対応対応対応3,733円なしなしなしクレジットカード1GB/220円nano SIM・micro SIM・標準SIM初期費用1円キャンペーン中!!
UQ
モバイル
auのサブブランドとして安心の通信速度を誇る。
いつでも安定した通信環境がいい!という方にオススメ。
なしなし1,628円(税込)
(3GBプラン)
3,828円(税込)
(25GBプラン)
auでんきなど対象サービス加入で580円〜780円割引4点au店舗・電話・チャット・メール22円/30秒通常電話かけ放題(月/1,700円)
10分かけ放題(月/700円)
通話パック60分(月/500円)
3GB・15GB・25GB翌月の末日まで対応対応対応3,300円なしなしなし口座振替・クレジットカード100MB(220円)
500MB(550円)
nano SIM・micro SIM・標準SIM・eSIM新規契約時、増量オプション加入で+7GB(2年間オプション料金無料)
ワイ
モバイル
ソフトバンクが2つ目のブランドとして展開する格安SIM。
通信環境が安定しておりサービスも充実。
なしなし2,178円(税込)
(3GBプラン)
家族割適用で990円(税込)
4,158円(税込)
(30GBプラン)
家族割適用で2,970円(税込)
ソフトバンクAir・ソフトバンク光などの対象サービス契約で
毎月ずっと550円〜1,188円割引
4点ソフトバンク店舗・チャット・LINE22円/30秒通常電話10分かけ放題(月/770円)
無制限(月/1,870円)
3GB・15GB・25GB翌月の末日まで対応対応対応3,300円なしなしなし口座振替・クレジットカード0.5GB/500円nano SIM・micro SIM・標準SIM・eSIM家族割やソフトバンク光とのセット割が充実
BIGLOBE
モバイル
2020年格安SIMにおける顧客満足度で第1位に選ばれた実績を持つ。
YouTubeや音楽配信サービスの通信料がノーカウントになるエンタメフリーが特徴。
990円(税込)
(3GBプラン)
7,425円(税込)
(30GBプラン)
770円(税込)
(1GBプラン)※1年目のみ
2年目以降1,078円(税込)
7,645円(税込)
(30GBプラン)※1年目のみ
2年目以降8,195円(税込)
なし3点ドコモ・au店舗・電話・チャット・メール20円/30秒
BIGLOBEでんわ利用(9.9円/30秒)
通常電話・専用アプリ10分かけ放題・通話パック90(月/913円)
3分かけ放題・通話パック60(月/660円)
1GB・3GB・6GB・12GB・20GB・30GB翌月の末日まで非対応対応対応3,733円税込308円/月
yotube・ABEMA・U-NEXTなど見放題
12ヶ月1,000円口座振替・クレジットカード100MB/330円nano SIM・micro SIM・標準SIM・eSIMエンタメフリーオプション初回最大6ヶ月無料!!
NURO
モバイル
ソニーグループのソニーネットワークコミュニケーションズが提供する格安SIM。
とにかくスマホ代を安くしたいライトユーザーにおすすめ。
330円
(0.2GBプラン)
1.320円
(8GBプラン)
792円
(3GBプラン)
2,699円
(20GBプラン)
なし3点ドコモ・au・ソフトバンク電話・チャット・メール22円/30秒
NUROモバイルでんわ利用時(11円/30秒)
通常電話・専用アプリ10分かけ放題(月/880円)0.2GB・3GB・5GB・8GB翌月の末日まで対応対応対応3,740円なし12ヶ月(12ヶ月ー利用開始月を0ヶ月とした利用月数)×1,100円クレジットカード1GB/550円nano SIM・micro SIM・標準SIM登録事務手数料3,300円が2,200円に割引中!
XPERIA10IIILite購入時4,000円キャッシュバック!
OCN
モバイルONE
NTTコミュニケーションズが運営する格安SIM。
繋がりやすく安心でOCN光とのセット割があるのも特徴。
858円(税込)
(3GBプラン)
1,628円(税込)
(10GBプラン)
550円(税込)
(500MBプラン)
1,760円(税込)
(10GBプラン)
OCN光とセット契約でスマホ代月220円割引(5回線まで)3点ドコモ店舗・電話・チャット・メール11円/30秒通常電話10分かけ放題(月/935円)
トップ3かけ放題(月/935円)
完全かけ放題(月/1,430円)
500MB・1GB・3GB・6GB・10GB翌月の末日まで非対応対応対応3,300円ミュージックのみカウントフリーあり新コースの場合はなし。
新コース以外の場合は6ヶ月
新コースの場合はなし
新コース以外の場合は1,000円
クレジットカード新コースでOCNモバイルONEアプリ経由の場合(1GB/550円)
上記以外の場合(0.5GB/550円)
nano SIM・micro SIM・標準SIM月/550円でデータ容量+0.5GB+無料通話10分付き!
HIS
モバイル
海外通信専用のSIMカードやレンタルWi-Fiも取り扱う。
旅行の際に重宝するサービスなどが豊富。
198円
(100MBプラン)
5,775円
(30GBプラン)
590円
(1GBプラン)
2,728円
(3GB〜30GB)
なし3点ドコモ
店舗・電話・メール22円/30秒
(HIS通話アプリで11円/x30秒)
通常電話・HISアプリ格安かけ放題プラン(基本料2,728円〜)
格安ステップ(基本料590円〜)+700円/月で5分までかけ放題
格安弍拾プラン(基本料2,178円〜)月70分の無料通話付
ピタッ!プラン(基本料1,078円〜)+935円/月で10分かけ放題
1GB〜30GB非対応非対応対応対応3,300円なしなしなしクレジットカード1GB/250円nano SIM・micro SIM・標準SIM期間限定の高額買取キャンペーン実施中!
イオン
モバイル
豊富な料金プランが魅力。
緊急時に全国のイオン200店舗以上でアフターサービスが受けられる。
ドコモ・auのマルチキャリア対応で通信環境も安定。
528円(税込)
(1GBプラン)
6,138円(税込)
(50GBプラン)
803円(税込)
(0.5GBプラン)
6,358円(税込)
(50GBプラン)
なし3点ドコモ・au店舗・電話・チャット・メール11円/30秒
(イオン電話アプリ使用時)
通常電話・イオンアプリ5分かけ放題(月/500円)
10分かけ放題(月/850円)
0.5GB〜50GB翌月の末日まで非対応対応対応3,300円なしなしなしクレジットカード1GB/528円nano SIM・micro SIM・標準SIM他社から乗り換えで5,000WAONポイント!
マイネオ当初au回線を利用する唯一の格安SIMであった。
今はドコモ回線・ソフトバンク回線も選択できるトリプルキャリアサービスを展開。
月/385円でネットも動画も1.5Mbpsで使い放題のオプションが魅力。
880円
(1GBプラン)
1,925円
(20GBプラン)
1,298円
(1GBプラン)
2,178円
(20GBプラン)
eo光とセットでeo光基本料金から330円割引(12ヶ月間まで)3点ドコモ・au・ソフトバンク店舗・電話・チャット・メール22円/30秒通常電話・LaLa Call10分かけ放題(月/935円)
月間最大30分間定額通話(月/924円)
月間最大60分間定額通話(月/1,848円)
1GB・5GB・10GB・20GB翌月の末日まで対応対応対応3,740円なしなしなし口座振替・クレジットカード100MB/220円
500MB/550円
nano SIM電子マネーギフトプレゼントキャンペーン中!
日本通信
SIM
2,001年に世界初のMVNOとしてデータ通信サービス「bモバイル」を提供。
格安SIMの第一人者として信頼性も高い。
なしなし1,390円
(6GBプラン)
2,728円
(3GB +かけほーだいプラン)
なし3点ドコモ電話・チャット11円/30秒通常電話月/70分かけ放題・かけ放題
※プランによりどちらかが付属
3GB・6GB・20GB非対応非対応対応対応3,300円なしなしなしクレジットカード1GB/275円nano SIM・micro SIM・標準SIM特になし
J:COM
モバイル
ケーブルテレビやインターネット回線を各地で展開しているJ:COMの格安SIM。
セット割などはないが月額料金が安いのが特徴。
なしなし1,078円
(1GBプラン)
2,728円
(20GBプラン)
なし3点au店舗・電話・チャット22円/30秒通常電話5分以内かけ放題(月/550円)
60分かけ放題(月/1,650円)
1GB・5GB・10GB・20GB翌月の末日まで対応対応対応3,300円なしなしなしクレジットカード220円/500MB
1GB/330円
nano SIM・eSIMシニア60割(かけ放題12ヶ月無料!)
スタート割で1年間月額料金500円割引!
yu
mobile
ヤマダ電機とU-NEXTの合併会社が運用。
U-NEXTが視聴可能なプランなどがある。
800円
(5GBプラン)
3,950円
(20GBプラン)
1,070円
(5GBプラン)
4,170円
(20GBプラン)
なし3点ドコモ店舗・電話・チャット・メール通常電話(22円/30秒)
yuでんわ利用時(11円/30秒)
通常電話・専用アプリ10分かけ放題(月/858円)
無制限かけ放題(月/2,970円)
5GB・10GB・20GB永久繰り越し非対応対応対応3,740円なしなしなしクレジットカード1GB/330円
10GB/1,200円
nano SIM・micro SIM・標準SIM・eSIMU-NEXT付きプランならU-NEXT月額料2,189円がお得に!
月額基本料が初月無料キャンペーンあり!
NifMo大手インターネットプロバイダのniftyが提供する格安SIM。
ドコモ回線を利用し高速回線を実現している。
640円
(1.1GBプラン)
4,800円
(50GBプラン)
1,340円
(1.1GBプラン)
5,500円
(50GBプラン)
13GB以上のプランでnifty光とセットでニフモ料金月/220円割引3点ドコモ店舗・電話・メール通常電話(22円/30秒)
NifMo半額ダイヤル(11円/30秒)
通常電話・専用アプリ10分かけ放題(月/913円)3GB・7GB・13GB・30GB・50GB翌月の末日まで非対応対応対応3,300円なしなしなしクレジットカード0.5GB/350円
1GB/500円
nano SIM・micro SIM・標準SIM13GB以上のプランと@nifty接続サービス同ID利用でNifMo料金200円引き!
QT
モバイル
九州でBBIQというインターネットサービスを展開するQTネットが展開。
インターネット回線や電気とのセット割で料金を下げることが可能。
770円
(2GBプラン)
2,970円
(30GBプラン)
1,100円
(2GBプラン)
3,300円
(30GBプラン)
BBIQ光とセットでスマホ代最大月/220円割引3点ドコモ・au・ソフトバンク店舗・電話・チャット・メール16.5円/30秒(Q Tモバイル電話使用時)
22円/30秒(未使用時)
専用アプリ・QTモバイル電話10分かけ放題(月/935円)
無制限かけ放題(月/2,750円)
2GB・3GB・6GB・10GB・20GB・30GB通常データは翌月の末日まで。
追加データは3ヶ月後の末日まで。
非対応対応対応3,675円なし12ヶ月最大13,200円クレジットカード100MB/220円nano SIM・micro SIM・標準SIMiPhone限定30,000円キャッシュバック中
LIBMO非常にシンプルなサービス内容で料金の安さを追求。
東海地方ユーザーならサポートも充実。
528円(税込)
(ライトプラン)
2,728円(税込)
(30GBプラン)
1,078円(税込)
(1GBプラン)
2,728円(税込)
(30GBプラン)
@T COMヒカリとセットで光料金最大月/330円割引3点ドコモ店舗・電話・チャット・メール22円/30秒通常電話10分かけ放題(935円/月)1GB・5GB・20GB・30GB翌月の末日まで非対応対応対応3,300円なし12ヶ月10,450円クレジットカード1GB/330円nano SIM・micro SIM・標準SIM初期費用0円キャンペーン実施中!
エキサイト
モバイル
インターネットプロバイダサービスで有名な「エキサイト」が運営。
毎月固定の通信料を使えるプランと使った分だけ支払うプランを選べるのが特徴。
385円(税込)
(低速通信のみ)
3,135円(税込)
(25GBプラン)
495円(税込)
(低速通信のみ)
3,245円(税込)
(25Gプラン)
なし3点ドコモ・au電話・チャット・メール22円/30秒
11円/30秒(エキモバ電話利用時)
通常電話・専用アプリ3分以内かけ放題(月/759円)低速通信・3GB・7GB・12GB・17GB・20GB・25GB翌月の末日まで非対応対応対応3,300円なし12ヶ月10,450円クレジットカードFITプラン(5GB/1,100円))
FLATプラン(1GB/220円)
最適料金プラン・定額桜蘭・でんわパックプラン(1GB/638円)
nano SIM・micro SIM・標準SIMFITプラン・FLATプランの音声通話機能付きSIM申し込みで
3,000円のギフトをプレゼント!
DTI
SIM
インターネットプロバイダとして20年の実績を持つDTIが提供する格安SIM。
半年間のお試しプランがあるのが特徴。
660円
(1GBプラン)
2,420円
(毎日1.4GBプラン)
1,320円
(1GBプラン)
3,190円
(毎日1.4GBプラン)
DTI光とセットで月/165円割引3点ドコモ電話・メール22円/30秒
(お得コールの申し込みで11円/30秒)※無料
通常電話10分以内かけ放題(月/902円)1GB・3GB・5GB・10GB・毎日1.4GB翌月の末日まで非対応対応対応3,300円なし12ヶ月10,780円クレジットカード500MB/418円
1GB/660円
nano SIM・micro SIM・標準SIMお試しのでんわ定額プランなら2,541円⇨1,672円(半年間)
データ通信のみなら半年間無料
ロケット
モバイル
電気通信事業者であるIoTコンサルティングが提供する格安SIM。
業界最安のデータSIMやポイントで通信費を払えたりとユニークなサービスが特徴。
328円(税込)
(神プラン)
4,345円(税込)
(20GBプラン)
1,043円(税込)
(神プラン)
5,137円(税込)
(20GBプラン)
なし3点ドコモ・au・ソフトバンクメール・ヘルプセンター22円/30秒通常電話なし1GB・2GB・3GB・5GB・7GB・20GB・無制限(200kbps)翌月の末日まで非対応対応対応3,740円なし12ヶ月9,500円クレジットカード・デビットカード100MB/165円nano SIM・micro SIM・標準SIMとくとくガスAPプラン同時申し込みで各種割引あり!
ドネドネビッグローブが新たに提供する格安SIM。
新しい料金プランや料金の一部を社会貢献団体に寄付するなどこれまでにない格安SIM。
0円
(128kbps)
0円
(128kbps)
2,728円(税込)
50GBプラン
2,728円(税込)
50GBプラン
ビッグローブ光とセットで月/220円割引3点auアプリ・チャット22円/30秒通常電話なし3GB・50GB非対応対応対応非対応3,300円YouTube・Instagramなど3つの対象アプリを選んで通信速度無制限が可能なしなしクレジットカードnano SIM・micro SIM・標準SIM新規・乗り換えで10,000円キャッシュバック!
Repair
SIM
iPhone修理を行う「アイサポ」の運営会社が手掛ける格安SIM。
iPhoneの修理を安くできるという特徴がある。
620円
(3GBプラン)
1,580円
(20GBプラン)
980円
(3GBプラン)
1,980円
(20GBプラン)
なし3点ドコモ・ソフトバンク店舗・電話・メール22円/30秒
リペアSIMでんわ利用で10円/30秒
通常電話・専用アプリ10分以内かけ放題/月850円3GB・10GB・20GB非対応非対応対応対応3,300円なしなしなしクレジットカード1GB/550円nano SIM・micro SIM・標準SIMiPhoneの修理代金がいつでも10%OFF!
TONE
モバイル
大手インターネットプロバイダのDTIが運営する格安SIM。
DTIは「DTI SIM」という格安SIMも展開するがTONEモバイルはサポートに注力。
お子様のスマホデビューにおすすめ。
なしなし1,100円(税込)1,100円(税込)なし3点ドコモ店舗・電話・メール18.7円/30秒
TONE電話使用でTONEモバイル同士無料
通常電話・専用アプリ10分以内かけ放題(月/550円)無制限非対応非対応対応対応3,300円なし24ヶ月9,800円クレジットカードなしTONEモバイルのスマホ(nanoSIM・microSIM)
iPhone(nanoSIM)
TONEモバイルへの機種変更で基本プラン月額6ヶ月分が半額に!!
Links
mate
LogicLinksが運営する格安SIM。
ゲームアプリで特典がもらえる等ゲーマにメリットが大きくプランが豊富なのが特徴。
165円
(100MBプラン)
49,500円
(1TBプラン)
517円
(100MBプラン)
49,852円
(1TBプラン)
なし3点ドコモ電話・チャット22円/30秒通常電話10分かけ放題(月/935円)100MB〜1TBまで
翌月の末日まで対応対応対応1,100円
(沖縄のみ2,200円)
対象のゲーム・コンテンツ・SNSの通信量カウントを90%以上OFF
(月/550円)
なし3,300円クレジットカード・リンクスポイント支払い100MB/88円
1GB/550円
nano SIM・micro SIM・標準SIMなし
ペンギン
モバイル
業界内で唯一、社団法人として展開する格安SIM。
広告宣伝費やサービス費を必要としないのでユーザへの最大限の還元を目指す。
990円
(4GBプラン)
4,796円
(80GBプラン)
1,760円
(4GBプラン)
5,346円
(80GBプラン)
なし3点ドコモ店舗・電話・メール22円/30秒通常電話5分かけ放題(月/770円)・15分かけ放題(月/1,375円)
30分かけ放題(2,178円)・フルカケホ(月/2,200円)
4GB・24GB・30GB・40GB・80GB非対応非対応対応対応3,733円なし12ヶ月6,600円クレジットカード・口座振替1GB/550円nano SIM・micro SIMなし
ahamoドコモが手掛ける新料金プラン。
大手キャリアの為、通信環境の安定性はピカイチ。
なしなし2,970円(税込)2,970円(税込)なし5点ドコモ店舗・チャット・アプリ22円/30秒通常電話5分以内かけ放題(無料)
無制限かけ放題(月/1,100円)
20GB非対応対応対応非対応なしなしなしなしクレジットカード・口座振替1GB/550円ドコモnano・ドコモmini・ドコモSIMなし
Povoauが手掛ける新料金プラン。
大手キャリアの為、通信環境の安定性はピカイチ。
なしなし基本料金0円
(トッピング内容による)
基本料金0円
(トッピング内容による)
なし5点auチャット22円/30秒通常電話5分以内かけ放題(月/550円)
通話かけ放題(月/1,650円)
1GB・3GB・20GB・60GB・150GB・無制限(24時間のみ)非対応対応対応非対応なしなしなしなしクレジットカード・口座振替1GB/550円au ICカード(nanoサイズ) eSIM他のキャリアからの乗り換えでau PAY10,000円がキャッシュバック!
LINEMOソフトバンクが手掛ける新料金プラン。
大手キャリアの為、通信環境はピカイチ。
なしなし990円(税込)
(3GBプラン)
2,728円(税込)
(20GBプラン)
なし5点ソフトバンクチャット22円/30秒通常電話5分以内かけ放題(月550円)
かけ放題(月1,650円)
3GB・20GB非対応対応対応非対応なしLINEギガフリーによりLINE通信はデータ消費なしなしなしクレジットカード・口座振替1GB/550円nano SIM・micro SIM・標準SIM・eSIM他社からの乗り換えの場合PayPAyボーナス10,000円!
各通話オプション加入で500円割引※12ヶ月のみ

項目の意味がわからない方もいると思うので簡単に説明します。

項目の意味

最安料金(データ):格安SIMには「データ通信のみ」のプランと「音声通話・データ通信」のプランがあり、「データ通信のみ」の最安料金。
最高料金(データ):「データ通信のみ」の最高料金。
最安料金(音声):「音声通話・データ通信」の最安料金。
最高料金(音声):「音声通話・データ通信」の最高料金。
セット割:光回線などとのセットでの割引があるかどうか。
通信速度:データ通信をした時の速度(5点満点)
利用回線:格安SIMは基本的に大手3キャリアの回線を借りており、どの回線を借りているか。
サポート体制:店舗はあるのか、トラブル時の対応はどうしたらいいのかなど。
基本通話料:通常の電話をかけた時の料金。
通話手段:格安SIMによっては通常の電話とは別に、専用アプリを利用して電話をすることも可能。専用アプリは通話料が安くなるので要チェックポイント。
かけ放題プラン:かけ放題プランの有無とその料金。
毎月のデータ容量:何GBのプランが用意されているか。
データ繰り越し:余ったギガ数を繰り越せるかどうか。
5G:5Gの高速通信に対応しているか。
テザリング:スマホをモバイルルーター代わりにできるテザリング機能が使用可能か。
留守番電話:留守番電話に対応しているか。
初期費用:契約時にいくら掛かるか。
エンタメフリー:youtubeなどの通信量がノーカウントになるオプションはあるか。
最低契約期間:「1年縛り」など契約し続けなければならない期間が定められているか。
解約金:最低契約期間内で解約する場合にかかる違約金はいくらか。
支払い方法:支払い方法はどんなものがあるか。
追加データ料金:ギガ数が足らず低速通信になってしまった場合に追加で購入するギガの料金。
取扱SIM:SIMカードには種類があり、他社で購入したスマホを別会社で使用する場合に自分のスマホに対応したSIMが取り扱われているか確認する。
特典:期間限定のキャンペーンなどの情報。

ひよっこ
ひよっこ

格安SIMってこんなにあるんやな・・

ちくわ
ちくわ

次に各社の詳細を見てみよか!

楽天モバイル

CMをバンバンやっているので知らない方はほぼいないと思われる楽天モバイル。

楽天モバイルは正確に言うと「格安SIM」ではないんです。

ひよっこ
ひよっこ

えっ!?そうなん!?

格安SIMの会社は「MVNO(Mobile Virtual Network Operator)」といって、大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)から通信回線を借りて格安SIMを提供しています。

しかし楽天モバイルは自社回線を持っているので大手キャリアと同じく「MNO(Mobile Network Operator)」となるんです。

そんな楽天モバイルのデメリットとメリットを確認してみましょう。

楽天モバイルのメリット
  • 自社回線で電波が安定している
  • 料金プランが1つしかなく縛りもない為選びやすい
  • Rakuten LINKアプリで通話料無料
  • 1GBまでなら無料で使用できる(1台目のみ)
楽天モバイルのデメリット
  • 楽天回線エリアがまだまだ狭い
  • 楽天回線エリア以外はau回線となり5GBまでしか使えない
  • 楽天回線エリアでも地下などは繋がりにくい場合がある
楽天モバイルをオススメできる方
  • 楽天回線エリアの方
  • YouTubeなどの動画をよく見られるヘビーユーザーの方(ギガ無制限)
  • スマホをあまり使わないライトユーザーの方
  • お得な特典を受けたい方
  • 実店舗で対応してもらいたい方
  • 端末の同時購入を検討されている方
  • 海外での利用を検討されている方
  • 通勤通学時・お昼・帰宅ラッシュ時の速度低下を許容できる方
楽天モバイルをオススメできない方
  • 1日に10GB以上使用する方
  • スマホはどんな時でも高速通信がいい!という方

楽天回線エリアを確認する

ちくわ
ちくわ

楽天は基地局をどんどん増やしているから今後に期待やな!

実際の使用感やメリット・デメリットの詳細はこちら!
\他社から乗り換えで最大20,000ポイント還元!/

IIJMIO

インターネット接続サービスを提供する株式会社インターネットイニシアティブが展開する格安SIM。

2021年の携帯電話サービス顧客満足度の「MVNO部門」で1位に輝いた実績を持ちます。

ひよっこ
ひよっこ

信頼性はバッチリやな!

IIJMIOの特徴はなんといってもセット販売されるスマホ機種の多さ!

AndroidやiPhoneなど46種類あります。(2021年11月現在)
※他の格安SIMは多くても20種類くらいです。

その他にも「速度切り替え」により高速通信のON/OFFを切り替えることで通信量をこまめに節約できたり、低速通信に切り替えても「バースト転送」というものがあり最初の読み込みだけ高速で通信してくれる機能がついています。

ちくわ
ちくわ

これならメールしたりLINEしたりTwitterしたり・・
ある程度のことはできるで!

IIJMIOのメリット
  • セット販売のスマホが充実している
  • 速度切り替え機能・バースト転送機能がある
  • 通信が安定している
IIJMIOのデメリット
  • 平日の昼間は速度が遅い
  • 大容量プランがない
  • 低速通信でもさらに速度制限がかかる
  • 店舗がない
IIJMIOをオススメできる方
  • スマホとセット購入で格安SIMを検討されている方
  • スマホのライトユーザーの方
  • 通勤通学時・お昼・帰宅ラッシュ時の速度低下を許容できる方
IIJMIOをオススメできない方
  • 今のスマホのままで、SIMカードを交換して格安SIMに移行したいとお考えの方
  • スマホのヘビーユーザーの方
  • スマホはどんな時でも高速通信がいい!という方
ちくわ
ちくわ

詳細はこちらの記事も読んでみてな!

UQモバイル

auが手掛けるサブブランドとして展開されるのがこのUQモバイル。

通常、格安SIMは大勢の人がスマホを使用する「通勤時間」「昼休み」「帰宅時間」に通信速度が遅くなると言われています。

しかしUQモバイルはauが直接手掛けているサブブランドの為、回線の一部を借りて格安SIMを展開している企業と比べて通信環境が優遇されている為、通信速度は落ちにくいのです。

ひよっこ
ひよっこ

通信速度は譲れない人にはええな!

UQモバイルの特徴はなんといってもそのブランド力です。

ほとんどの格安SIMは店舗が無くオンライン限定の販売なのに対して、UQモバイルではauショップで取り扱われている店舗も多いので店員さんのサポートを受けながら乗り換えることも可能です。

ちくわ
ちくわ

格安SIMを初めて使う方は安心やな!

その他にも「自宅セット割」といって、「auでんき」「auひかり」「UQでんき」などのサービスとあわせて契約すると、U Qモバイルの基本料金から最大で月/858円も安くなるセット割引もあります。

UQモバイルのメリット
  • 通信速度が速く安定している
  • セット割プランがある
  • サービスやアフターフォローが充実
  • プランによっては低速通信になっても1Mbpsの通信速度を保てる
UQモバイルのデメリット
  • 大容量プランがない
  • データ通信専用プランがない
  • 他の格安SIMと比べると若干料金が高め
UQモバイルをオススメできる方
  • 格安SIMに初めて乗り換えを検討されており、自分でスマホの設定をするのが不安な方
  • 通信速度だけは譲れない方
  • 既にauを使用しており、「auでんき」や「auひかり」を利用されている方
  • 低速通信速度1Mbpsでストレスに感じない方(WEBページやSNSは画像が少なければ問題なく見られる。youtubeなども高画質でなければ見られるレベルの速度)
UQモバイルをオススメできない方
  • 少しでもスマホ代を安くしたい方
  • スマホヘビーユーザーの方

Y!モバイル(ワイモバイル)

ソフトバンクが手掛けるサブブランドとして展開されるのがこのワイモバイル。

一般的に格安SIMは大手3キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)から回線の一部を借りて格安SIMを展開していますが、ワイモバイルは回線をもつソフトバンクが手掛けるので通信環境が安定しているのが特徴です。

ひよっこ
ひよっこ

ソフトバンクユーザーにはええな!

その他にもソフトバンク光やソフトバンクAIRに加入されている方はセット割引を受けられるほか、同居していなくても受けられる家族割サービスなどが充実しているんです。

ちくわ
ちくわ

格安SIMでセット割があるのは少ないんやで!

ワイモバイルのメリット
  • 通信速度が安定している
  • 店舗が多くサービスが充実している
  • セット割プランが複数ある
ワイモバイルのデメリット
  • セット割を使えないと月額料金が高い
  • データ通信専用プランがない
  • 大容量プランがない
ワイモバイルをオススメできる方
  • 通信速度だけは譲れない方
  • 格安SIM初心者でサポートをしっかり受けたい方
  • ソフトバンクユーザーでソフトバンク光などに加入している方
  • 家族(同居してなくてもOK)にUQモバイル使用者がいる。または同時に契約を検討している方
  • スマホライトユーザーの方
ワイモバイルをオススメできない方
  • 少しでもスマホ代を安くしたい方
  • スマホヘビーユーザーの方
  • ソフトバンク光などに加入していない、または加入予定のない方
ちくわ
ちくわ

セット割を使って効果が出るのがワイモバイルや!
セット割を使えないと割高になってまうから注意してな!

BIGLOBEモバイル

大手インターネットプロバイダのBIGLOBEが手掛ける格安SIM。

月1,000円台からスマホが使える安価な料金プランが魅力です。

そして、なんといってもBIGLOBEモバイル最大の魅力はエンタメフリーオプションです。

音声通話SIMの場合は月/308円(税込)で、

データSIMの場合は月/1,078円(税込)でYouTube・ABEMA・U~NEXTなど全21種類のサービスがデータ消費なしで使用することができます!

ひよっこ
ひよっこ

YouTube見まくるワイにはありがたいで!!

ちくわ
ちくわ

ここまで破格のエンタメフリーは他にはないで!

その他にも1GB〜30GBまでのデータ量ごとに幅広いプランが用意されていたり、「BIGLOBEでんわ」を利用すると、通話料が安くなるのも魅力の1つです。

BIGLOBEモバイルのメリット
  • 他にはない激安のエンタメフリー
  • ドコモ・auのマルチキャリア対応
  • 固定回線とセット契約で割安になる
  • 全国10万ヶ所でBIGLOBE Wi-Fiが使える
  • 家族で1契約にできるシェアSIMがお得
BIGLOBEモバイルのデメリット
  • 多くの人がスマホを使う時間帯に速度が落ちやすい
  • エンタメフリーは高画質動画再生には向かない
  • 12ヶ月の最低利用期間がある
BIGLOBEモバイルをオススメできる方
  • スマホを安く使いたい、でも動画や音楽はたっぷり楽しみたい!という方
  • 固定回線を持っている、又は検討している方
  • 家族で格安SIMを検討されている方
  • 通勤通学時・お昼・帰宅ラッシュ時の速度低下を許容できる方
BIGLOBEモバイルをオススメできない方
  • 動画は高画質じゃなきゃ気が済まない!という方
  • 固定回線を持っていない、家族で入るつもりもないという方
  • スマホはどんな時でも高速通信がいい!という方
ちくわ
ちくわ

エンタメフリーはとても魅力なオプションや!
せやけど高画質再生に向いていないことは覚えといてな!

詳細な特徴から詳しいメリット・デメリットはこちら!
\1年間月額料金770円の新特典あり!/

NUROモバイル

NUROモバイルは、ソニーグループのソニーネットワークコミュニケーションズが展開する格安SIMです。

他の格安SIMは音声SIMの最低料金が1GBで1,000円ほどのものがある中、NUROモバイルの音声SIMの最低料金は3GBで792円で破格の安さを実現しています。

とにかくスマホを安くしたい!という方にはおすすめの格安SIMですね!

ひよっこ
ひよっこ

スマホ料金が懐に与えるダメージは半端ないからな・・
ワイの懐を温めて・・

またNUROモバイルはドコモ・au・ソフトバンクの3回線どれでも選べるのも大きな特徴です。

料金はどれも同じなので、もともとドコモユーザーの方はドコモ回線でNUROモバイルに、

auユーザーの方はau回線でNUROモバイルに・・といったことができます。

ちくわ
ちくわ

これによりSIMロック解除の必要がなくなるで!

SIMロック解除とは

大手キャリアのスマホには他社の回線が利用できないようにSIMにロックがかかっており、これをSIMロックといいます。
ドコモで購入したスマホをそのままドコモ回線で使うのであれば、SIMロック解除の必要がなくそのまま使えますが、ドコモで購入したスマホをau回線で使う場合などはSIMロックを解除しなくてはなりません。
これを「SIMフリー化」といいます。

NUROモバイルのメリット
  • 料金が安い
  • ドコモ・au・ソフトバンクの3回線から選べる
  • データ繰り越しが可能で無駄なく使える
NUROモバイルのデメリット
  • 大容量プランがない
  • 支払いはクレジットカードのみ
  • 多くの人がスマホを使う時間帯に速度が落ちやすい
NUROモバイルをオススメできる方
  • スマホ料金をとにかく安くしたい方
  • スマホライトユーザーの方
  • データを無駄なく使いたい!と考えている方
  • 通勤通学時・お昼・帰宅ラッシュ時の速度低下を許容できる方
NUROモバイルをオススメできない方
  • スマホはどんな時でも高速通信がいい!という方
  • スマホヘビーユーザーの方
ちくわ
ちくわ

スマホが遅くなってしまうのは格安SIMの宿命やな・・

OCNモバイルONE

OCNモバイルONEは、「OCN」でお馴染みのNTTコミュニケーションズが展開する格安SIMです。

OCNモバイルONEの特徴は、NTTグループのためドコモ回線を利用しており、ドコモ回線を使用している格安SIMの中で1番の回線速度を誇るということです。

その他にも料金プランは音声対応SIMで500MBプランからあり、税込みで550円でスマホを持つことが可能です。

さらに「OCN光」とのセット割もあり、1回線につき220円の割引が適用されます。(5契約・1,100円まで割引)

MUSICカウントフリーというサービスもあり対象の音楽サービスでの通信量が消費されないというのも魅力の1つとなっております。

ひよっこ
ひよっこ

音楽好きな人にはええな!

OCNモバイルONEのメリット
  • 格安SIMの中でドコモ回線における通信速度ナンバーワン
  • 月額料金が安い
  • セット割がある
  • 定期的な端末セールがあり1円で購入できる場合もある(人気iPhoneもあり)
  • MUSICカウントフリーがある
OCNモバイルONEのデメリット
  • 大手キャリアと比較して通信速度は遅い
  • 大容量プランがない
  • 通信制限が2段階で設定されている
OCNモバイルONEをオススメできる方
  • スマホ料金をとにかく安くしたい方
  • スマホライトユーザーの方
  • OCN光に加入している、または加入予定の方
  • ドコモ回線で格安SIMを利用したい方
  • 端末の同時購入を予定されている方
  • 通勤通学時・お昼・帰宅ラッシュ時の速度低下を許容できる方
OCNモバイルONEをオススメできない方
  • スマホはどんな時でも高速通信がいい!という方
  • スマホヘビーユーザーの方
ちくわ
ちくわ

格安SIMでドコモ回線利用なら有力候補となるで!

詳細な特徴から詳しいメリット・デメリットはこちら!

HISモバイル

HISモバイルは、旅行会社「HIS」が手掛ける格安SIM。

海外通信専用のSIMカードやレンタルWi-Fiなども取り扱っており、旅行の時に重宝するサービスなども豊富に取り扱っています。

ドコモ回線とソフトバンク回線を選べますが、ドコモ回線の方が料金プランが豊富でお得なのでドコモ回線での契約をオススメします。

ドコモ回線でのみ契約可能の「格安弍拾プラン」は、20GBで2,178円で70分の無料通話までついてきます。

これは大手3キャリアの新料金プラン、「ahamo」「povo」「LINEMO」よりも低価格でサービスも充実しているんです!

ひよっこ
ひよっこ

それはお得やな!

HISモバイルのメリット
  • 通信料金・通話料金ともに安い
  • 大手3キャリアの新料金プランよりお得なプランがある
  • 海外通信でもお得に利用できる
  • 実店舗でサポートが受けられる
HISモバイルのデメリット
  • 通信環境により速度が安定しない
  • データ通信量の繰り越しができない
  • ソフトバンク回線だと料金が割高
  • 料金プランが複雑でわかりにくい
HISモバイルをオススメできる方
  • 少しでも安くスマホを使いたい方
  • 海外によく行かれる方
  • 通話をする機会が多い方
  • ドコモ回線で格安SIMを使いたい方
  • 通勤通学時・お昼・帰宅ラッシュ時の速度低下を許容できる方
HISモバイルをオススメできない方
  • ソフトバンク回線での契約を考えている方
  • データを無駄なく使い切りたい方
  • スマホはどんな時でも高速通信がいい!という方
ちくわ
ちくわ

通話料金が半額やったり、かけ放題が充実しとるで!

イオンモバイル

イオンモバイルは、大手スーパーのイオンが展開する格安SIMになります。

豊富な料金プランで0.5GBプランから50GBプランまであり、自分にあった料金プランを選ぶことが可能です。

そしてイオンモバイル最大の魅力は、全国200店舗以上のイオンでサポートを受けることができるのです!

ひよっこ
ひよっこ

自分で設定とかするのが不安な人にはええな!

その他ドコモ回線とau回線のどちらかを選ぶことができ、ドコモユーザーやauユーザーの乗り換えがスムーズなのもポイントですね!

イオンモバイルのメリット
  • 全国200店舗以上でサポートが受けられる
  • プランが豊富で自分に最適のプランを探せる
  • シェアプランでタブレットなどのサブ端末も持てる
  • 1週間無料で試せる
イオンモバイルのデメリット
  • 多くの人がスマホを使う時間帯に速度が落ちやすい
  • 大容量プランはそれほど安くない
  • 端末代が高い
イオンモバイルをオススメできる方
  • 格安SIMが初めてだったり自分で設定するのが苦手な方
  • タブレットなどの2台持ちを検討されている方
  • 一度、使ってみて使い心地を試したい方
  • 通勤通学時・お昼・帰宅ラッシュ時の速度低下を許容できる方
イオンモバイルをオススメできない方
  • スマホはどんな時でも高速通信がいい!という方
  • スマホヘビーユーザーの方
  • 端末の同時購入を検討されている方
ちくわ
ちくわ

格安SIMデビューにはええけど端末は別で買った方がええかもな!

マイネオ(mineo)

マイネオは「株式会社オプテージ」という会社が展開する格安SIMです。

株式会社オプテージは、関西電力グループの情報通信系子会社でマイネオ以外にも、「eo光」「eoスマートリンク」などのインターネット回線事業を行なっている会社です。

ひよっこ
ひよっこ

関西電力のグループ会社なら安心できそうやな!

マイネオ最大の特徴は月額385円のオプションをつけると、無制限でデータ通信が使える「パケット放題plus」があることです。

これを使えば低速通信で1.5Mbpsではありますが、ビデオ通話や中画質ほどの動画はサクサク見ることが可能なんです!

マイネオアプリで高速通信と低速通信の切り替えができるので、ギガの節約には現段階で最強のオプションです。

その他、格安SIM会社の中ではあまり普及していない5Gにも対応しており有力な候補となること間違いなしの格安SIMです。

マイネオのメリット
  • 格安SIM界には珍しい5G対応
  • ドコモ・au・ソフトバンクの3回線に対応
  • データ無制限のオプションがコストパフォーマンス最強
  • シンプルな料金プランでわかりやすい
マイネオのデメリット
  • 多くの人がスマホを使う時間帯で通信速度が遅くなりやすい
  • 端末の価格が高い
マイネオをオススメできる方
  • 5G対応のスマホをお持ちの方
  • 実店舗でサポートを受けたい方
  • データ通信をガンガン使いたい方
  • 少しでもスマホ代を安くしたい方
  • 通勤通学時・お昼・帰宅ラッシュ時の速度低下を許容できる方
マイネオをオススメできない方
  • スマホはどんな時でも高速通信がいい!という方
  • 端末の同時購入を検討されている方
ちくわ
ちくわ

データ無制限オプションは非常にオススメや!
検討してみてな!!

日本通信SIM

2,001年に世界初のMVNOとして、データ通信サービス「bモバイル」を提供したのがこの日本通信SIMを展開する日本通信株式会社。

格安SIMの第一人者として信頼性は高いので安心して乗り換えることができます。

日本通信SIMの魅力はなんといっても料金の安さ!

月/1,390円で6GBも使え、さらに70分のかけ放題までついているプランがあり、ちょっとはデータ通信もするけどできるだけ安くしたい!という方にはオススメです。

ひよっこ
ひよっこ

安くてデータ通信も使えるなんてええやん・・・

さらに、追加のデータ料金も1GB/275円と他の格安SIMに比べてかなり安く設定されていたり、お子様のスマホデビューに安心な「iフィルター」というオプションがあるのもポイントですね!

ちくわ
ちくわ

iフィルターは特定のカテゴリーの通信をシャットアウトできるんや!

日本通信SIMのメリット
  • 安い料金で6GBまで使え、さらに70分の無料通話ができるプランがある
  • 追加データ料金が他の格安SIMと比べて安い
  • 無料通話が充実
  • お子様を守るオプションがある
日本通信SIMのデメリット
  • 店舗がない
  • 5Gに対応していない
  • 端末のセット購入ができない
  • 多くの人がスマホを使う時間帯で通信速度が遅くなりやすい
日本通信SIMをオススメできる方
  • 安さを重視するけどデータ通信も少しはしたいな・・という方
  • 電話をよく使う方
  • お子様のスマホデビューを検討されている方
  • ついついデータ通信を使い過ぎてしまう方
  • 通勤通学時・お昼・帰宅ラッシュ時の速度低下を許容できる方
日本通信SIMをオススメできない方
  • 5G通信を使いたい方
  • 端末もセットで購入しようと検討している方
  • スマホはどんな時でも高速通信がいい!という方

J:COMモバイル

J:COMモバイルは、ケーブルテレビやインターネット回線を各地で展開する「J:COM」が展開する格安SIMです。

「スタート割」で1年間の月額料金が10GBの場合は440円、20GBの場合は550円安くなったり、

「シニア割」で5分/回のかけ放題とサポートがついて1GB/1078円で使えるなど割引が豊富です。

ひよっこ
ひよっこ

割引が多いのはありがたいわな!

その他、最低利用期間などが設定されていないので気軽に使用することが可能になっています。

J:COMモバイルのメリット
  • 各種割引が充実
  • 最低利用期間がない
  • 事務手数料が無料
  • 5Gが無料で使える
  • 通信制限になっても1Mbpsと速い
J:COMモバイルのデメリット
  • 多くの人がスマホを使う時間帯で通信速度が遅くなりやすい
  • 支払いはクレジットカードのみ
  • 他の格安SIMのプランと比べてそれほど安くない
  • 自宅の固定回線やケーブルテレビとのセット割がない
J:COMモバイルをオススメできる方
  • 60歳以上でシニア割が適用される方
  • 格安SIMで5Gを使いたい方
  • 1Mbpsの低速通信を許容できる方
  • 色々な格安SIMを使ってみたい方
J:COMモバイルをオススメできない方
  • スマホはどんな時でも高速通信がいい!という方
  • 少しでも安くスマホを使いたいという方
ちくわ
ちくわ

格安SIMで5G対応は貴重やで!
ぜひチェックしてみてな!

y.u mobile(ワイユーモバイル)

ワイユーモバイルは、ヤマダ電機とU-NEXTの合併会社である「Y.U mobile株式会社」が運用する格安SIMです。

現在は新規受付を終了している「U-mobile」の後継者といったところですね。

ワイユーモバイルの特筆すべきポイントは、U-NEXTの月額料金が無料になるプランがあるというところ!

U-NEXTの「月額プラン」は税込2,189円で動画が見放題になり、さらに毎月1,200ポイントがもらえます。

ワイユーモバイルの「シングルU-NEXTプラン」では、U-NEXTの2,189円が無料となり、10GBの音声通話SIMが利用できて、月額2,970円とかなりお得になっています!

さらにもらった1,200ポイントは、U-NEXTの映画レンタルなどに利用できるだけでなく、データチャージにも利用することができるんです!

1,200円のポイントで10GBチャージすることができ、実質20GBまで利用することができるんですね。

ひよっこ
ひよっこ

U-NEXTユーザーはかなりお得やな!

他にも余ったデータを繰り越すことができ、その繰り越したデータに有効期限がなく永久に繰り越しができるのはこのワイユーモバイルだけです!

ワイユーモバイルのメリット
  • U-NEXTの月額料金が無料になるプランがある
  • 料金体系がシンプルでわかりやすい
  • 余ったデータは永久に繰越が可能
  • スマホの修理費用保証が無料
ワイユーモバイルのデメリット
  • 支払いがクレジットカードのみ
  • 5G非対応
  • 大容量プランがない
  • U-NEXTを使わない方は安いプランではない
  • 多くの人がスマホを使う時間帯で通信速度が遅くなりやすい
ワイユーモバイルをオススメできる方
  • U-NEXTユーザーの方
  • データは無駄なく使いたい方
  • よくスマホを壊してしまう方
  • 通勤通学時・お昼・帰宅ラッシュ時の速度低下を許容できる方
ワイユーモバイルをオススメできない方
  • U-NEXTユーザーでない方
  • 5Gを利用したいと考えている方
  • スマホヘビーユーザーの方
  • スマホはどんな時でも高速通信がいい!という方
  • 少しでも安くスマホを使いたいという方
ちくわ
ちくわ

U-NEXTユーザーには有力な候補となるで!
ぜひ検討してみてな!

NifMo(ニフモ)

ニフモは、老舗インターネットプロバイダのnifty(ニフティ)が展開する格安SIM。

2,016年の顧客満足度オリコン第1位を獲得するなど実績のある会社なので安心して使うことができますね。

ニフモは端末の価格がとても安いことで知られています。

端末セットで割引になる「バリュープログラム」というものがあり、指定のサービスを利用することで毎月の通信料を割引できるのもポイントですね。

ひよっこ
ひよっこ

端末のセット購入を検討している方はええな!

ニフモのメリット
  • バリュープログラムでの割引がお得
  • 端末が低価格で購入できる
  • 安心のniftyが運営している
ニフモのデメリット
  • 多くの人がスマホを使う時間帯で通信速度が遅くなりやすい
  • 他の格安SIMに比べて料金プランは安くない
  • 5G非対応
ニフモをオススメできる方
  • 端末のセット購入を検討されている方
  • 信頼できる会社で格安SIMを利用したい方
  • 通勤通学時・お昼・帰宅ラッシュ時の速度低下を許容できる方
  • スマホライトユーザーの方
ニフモをオススメできない方
  • 少しでも安くスマホを使いたいという方
  • スマホヘビーユーザーの方
  • スマホはどんな時でも高速通信がいい!という方
ちくわ
ちくわ

nifty光などを利用している方は魅力的やな!

QTモバイル

QTモバイルは、九州でBBIQというインターネット回線を展開している「QTnet」が展開する格安SIMです。

九州の会社なので九州に住んでいる方が恩恵を受けやすく、九州電力やBBIQとのセット割が魅力です。

QTモバイルは大手3キャリアの回線に対応しているためSIMロック解除無しで契約が可能というところもポイントの1つ。

その他にも、格安SIMには店舗がなくサポートは電話やメール・チャットなどが主流となっている中、QTモバイルは「QTモバイルショップ」という店舗があるのでしっかりとしたサポートが受けやすいのも有り難いですね。

ひよっこ
ひよっこ

設定とか難しそうでハードルが高いと感じている方にはええな!

QTモバイルのメリット
  • 九州電力やBBIQとのセット割がある
  • 店舗でサポートが受けられる
  • 無制限かけ放題オプションがある
QTモバイルのデメリット
  • 九州地方に住んでいないと恩恵を受けにくい
  • 多くの人がスマホを使う時間帯で通信速度が遅くなりやすい
  • ソフトバンク回線は半年経つとプラン料金が上がる
  • ソフトバンク回線はAndroid端末は非対応
  • 1年以内の解約の場合、解約金がかかる
QTモバイルをオススメできる方
  • 九州地方にお住みの方
  • 通勤通学時・お昼・帰宅ラッシュ時の速度低下を許容できる方
  • 店舗で安心してサポートを受けたい方
  • スマホ代を少しでも安くしたいという方
QTモバイルをオススメできない方
  • ソフトバンク回線での格安SIMを検討されている方
  • スマホはどんな時でも高速通信がいい!という方
  • 色々な格安SIMを使ってみたいとお考えの方
ちくわ
ちくわ

九州にお住みの方はかなりお得になる可能性があるで!

LIBMO(リブモ)

リブモは、光ファイバーを使用した通信サービスなどを行う「TOKAIコミュニケーションズ」が展開するドコモ回線の格安SIMです。

リブモの特徴としては、月額料金の安さはもちろん、セキュリティサービスが充実していることです。

「TOKAI SAFE」というセキュリティサービスによりお子様をネットの危険から守ったり、スマホの使い過ぎ防止にも役立つサービスが1年間無料で利用できるというのは有り難いところです。

その他にも、SIMを2枚追加することで最大3枚のSIMで高速通信をシェアできるのもポイントで、1人でスマホとタブレットなどの複数端末を使用する方や、家族で格安SIMへの乗り換えを検討されている方にもおすすめです。

ひよっこ
ひよっこ

2台持ちを検討している方はええかもな!

リブモのメリット
  • 大容量プランでも料金は安め
  • 余ったデータ量は翌月に繰越できる
  • キャンペーンで1年間費用が安くなる
リブモのデメリット
  • 解約金が高額
  • 1年間の最低契約期間がある
  • 5G非対応
  • 支払い方法はクレジットカードのみ
  • 多くの人がスマホを使う時間帯で通信速度が遅くなりやすい
リブモをオススメできる方
  • 少しでもスマホ代を安くしたい方
  • スマホミドルユーザーの方
  • データ量は無駄なく使い切りたい方
  • 通勤通学時・お昼・帰宅ラッシュ時の速度低下を許容できる方
リブモをオススメできない方
  • スマホはどんな時でも高速通信がいい!という方
  • 5Gスマホをお持ちの方
  • 色々な格安SIMを試してみたい方
ちくわ
ちくわ

20GBプランは大手キャリアの新料金プランより格安や!
通信速度が許容できるなら有力な候補となるで!

エキサイトモバイル

エキサイトモバイルは、インターネットプロバイダサービスで有名な「エキサイト」が展開する格安SIMです。

エキサイトモバイルは、使った分だけ利用料金を払う段階料金プランと、毎月のデータ通信量の上限が決まっている定額料金プランがあるのが特徴です。

細かな価格設定で余分な支出を抑えたい方は「段階料金プラン」に。

料金を気にすることなく使いたい方は「定額料金プラン」にするのがおすすめです。

ひよっこ
ひよっこ

ワイは少しでも安くしたいから「段階料金プラン」やな!

エキサイトモバイルのメリット
  • 利用量に応じた料金だけ支払うプランが魅力
  • データ通信量にカウントされない節約モードがある
  • 格安SIMの中でも料金設定が低め
エキサイトモバイルのデメリット
  • 多くの人がスマホを使う時間帯で通信速度が遅くなりやすい
  • 5G非対応
  • 1年間の最低利用期間があり、解約金が高額
エキサイトモバイルをオススメできる方
  • 少しでもスマホ代を安くしたい方
  • データ量は無駄なく使い切りたい方
  • 通勤通学時・お昼・帰宅ラッシュ時の速度低下を許容できる方
  • 節約モードで無駄なデータ通信を省きたい方
  • 月ごとでデータ通信の使用量にバラつきがある方
エキサイトモバイルをオススメできない方
  • スマホはどんな時でも高速通信がいい!という方
  • 5Gスマホをお持ちの方
  • 色々な格安SIMを試してみたい方
ちくわ
ちくわ

段階料金プランと定額料金プランは無料で簡単に変更が可能や!
まずは段階料金プランにして試してみることをオススメするで!

DTI SIM

DTI SIMは、日本の電気通信事業者として20年以上の実績を持つ、DTI(ドリーム・トレイン・インターネット)が提供する格安SIMです。

DTI SIMの料金プランは、毎日1.4GBを使い切るプランや、半年間のお試しプランがあるなどユニークな料金プランが特徴です。

その他、初めてDTI SIMを申し込まれる方限定で半年の間、「電話定額プラン3GB」が2,541円→1,672円に、また「データプラン3GB」「データSMSプラン3GB」が無料で使用できます。

ひよっこ
ひよっこ

試しに使ってみたい人には便利やな・・

DTI SIMのメリット
  • データ通信のみなら半年間無料で使える
  • 毎日1.4GB使い切りプランがお得
DTI SIMのデメリット
  • 多くの人がスマホを使う時間帯で通信速度が遅くなりやすい
  • 5G非対応
  • 1年縛りがあり解約金が高額
  • 他の格安SIMと比べてそれほど安くはない
DTI SIMをオススメできる方
  • 通勤通学時・お昼・帰宅ラッシュ時の速度低下を許容できる方
  • データ通信のみを検討されている方
  • 毎日のデータ通信量にバラつきがない方
  • スマホライトユーザーの方
DTI SIMをオススメできない方
  • スマホはどんな時でも高速通信がいい!という方
  • 5Gスマホをお持ちの方
  • 色々な格安SIMを試してみたい方
  • 毎日のデータ通信量にバラつきがある方
  • 少しでもスマホ代を安くしたい方
ちくわ
ちくわ

ライトユーザーには1.4GB使い切りプランはおすすめやで!

ロケットモバイル

ロケットモバイルは、電気通信事業者であるIoTコンサルティングが提供する格安SIM。

業界最安クラスのデータSIMやポイントで通信費を払えたりと、ユニークなサービスを展開しております。

大手3キャリアの回線に対応しているため、SIMロック解除を必要とせず手軽に乗り換えることが可能です。

そしてロケットモバイル最大の特徴は、低速ながらもデータ通信使い放題の「神プラン」です。

200kbpsと速度は遅いものの、YouTubeの低画質動画を見たり簡単なSNSの利用は問題なく行えます。

さらに通信を始めた時に少しの間、高速通信になる「初速バースト機能」があり、うまく使えば高速で使い放題とすることも可能なんです!

ひよっこ
ひよっこ

他にはない特徴やな!

ロケットモバイルのメリット
  • 料金が格安SIM業界で最安クラス
  • 低速通信でも初速バースト機能で高速化を実現している
  • ポイントを貯めて通信費を無料にすることも可能
  • スマホライトユーザーからヘビーユーザーまで対応している
ロケットモバイルのデメリット
  • 多くの人がスマホを使う時間帯で通信速度が遅くなりやすい
  • ソフトバンク回線はプランが少なく他の回線に比べて割高
  • スマホ端末は販売していない
  • 電話かけ放題プランがない
  • 他社からの乗り換えのみ対応しており、新規契約はできない
ロケットモバイルをオススメできる方
  • 通勤通学時・お昼・帰宅ラッシュ時の速度低下を許容できる方
  • データ通信のみを検討されている方
  • スマホライトユーザー・ヘビーユーザーの方(低速通信に限る)
  • 法人契約を検討されている方
  • 少しでもスマホ代を安くしたい方
ロケットモバイルをオススメできない方
  • スマホはどんな時でも高速通信がいい!という方
  • 5Gスマホをお持ちの方
  • 色々な格安SIMを試してみたい方
  • 通話を沢山する方
  • 新規契約を検討されている方
  • 端末の同時購入を検討されている方
ちくわ
ちくわ

データ通信に特化した格安SIMやな!
法人プランも多いから会社での導入を検討されている方は要チェックやで!

donedone(ドネドネ)

BIGLOBEから2021年7月1日に新たな格安SIMとして誕生したのがこのドネドネ。

ドネドネはスマホ料金の一部を支援団体に寄付することで社会貢献活動ができる一味変わった格安SIMとなっております。

寄付先も自分で自由に選択することができ、世界の子供達への教育支援・海洋生物や環境保護・小児がん患者の臨床研究など選択肢は様々です。

料金プランとしては、最大3Mbpsの速度制限があるものの50GBまで使える大容量プランで月額2,728円と低価格な「ベーシックUプラン」や、対象アプリ2つを速度無制限で使用でき、その他のサービスも1Mbpsで利用できて金額は同じ月額2,728円の「カスタムUプラン」、データ通信専用で最大128kbpsですが無料で使える「エントリープラン」などがあります。

ひよっこ
ひよっこ

ほぼ決まったアプリしか使用しない方はカスタムプランがええな!

ドネドネのメリット
  • 50GBの大容量プランでは最安クラス
  • 対象アプリ2つの速度無制限が魅力
  • 社会貢献活動に参加できる
  • 安心のBIGLOBEが運営
  • ビッグローブ光とのセット割がある
ドネドネのデメリット
  • 多くの人がスマホを使う時間帯で通信速度が遅くなりやすい
  • 高速通信できるアプリが2つまで
  • 余ったデータを繰り越しできない
  • 端末は販売していない
  • 5G対応だが高速通信を活かせない
  • かけ放題オプションがない
ドネドネをオススメできる方
  • 通勤通学時・お昼・帰宅ラッシュ時の速度低下を許容できる方
  • いつも利用するアプリが決まっている方
  • ヘビーユーザーだが少しでもスマホ代を安くしたい方
  • 社会貢献活動に興味のある方
  • ビッグローブ光を契約されている方、または契約する予定のある方
ドネドネをオススメできない方
  • スマホはどんな時でも高速通信がいい!という方
  • 5Gスマホをお持ちの方
  • 通話を沢山する方
  • 端末の同時購入を検討されている方
  • データは無駄なく使いたい方
ちくわ
ちくわ

「エントリープラン」は寄付の対象外やから注意してな!

Repair SIM

リペアSIMは、「株式会社ギア」が提供する格安SIMです。

株式会社ギアはiPhoneの修理を行っている「アイサポ」が運営しており、リペアSIMで格安SIMを使うとiPhoneの修理を安くできるというメリットがあります。

端末の補償がない格安SIMが多い中でリペアSIMの修理サービスは際立ったサービスと言えるでしょう。

iPhoneを大事に使われていて壊したことなんて一度もない!という方でも、バッテリーは使用しているうちに寿命を迎えます。

そのバッテリー交換なども安くできるのでお得ですよね。

ひよっこ
ひよっこ

画面バキバキのワイにはありがたいサービスやな!

その他、料金プランも「バリューS(〜3GB)」「バリューM(〜10GB)」「バリューL(〜20GB)」と3種類のみで非常にシンプルで選びやすく、どのプランも格安SIM業界で最安クラスです!

リペアSIMのメリット
  • 音声SIMプランはどのプランも業界最安クラス
  • iPhoneが壊れても修理費用が安くなる
  • 最低利用期間や解約金がない
リペアSIMのデメリット
  • 多くの人がスマホを使う時間帯で通信速度が遅くなりやすい
  • 余ったデータの繰り越しができない
  • 5G非対応
リペアSIMをオススメできる方
  • 通勤通学時・お昼・帰宅ラッシュ時の速度低下を許容できる方
  • 画面がバキバキの方(よくスマホを壊してしまう方)
  • 少しでもスマホ代を安くしたい方
  • 色々な格安SIMを試してみたい方
リペアSIMをオススメできない方
  • スマホはどんな時でも高速通信がいい!という方
  • 5Gスマホをお持ちの方
  • 通話を沢山する方
  • データは無駄なく使いたい方
ちくわ
ちくわ

音声SIMで最安を探しているなら有力な候補となるで!
ぜひ参考にしてみてな!!

TONEモバイル

TONEモバイルは、大手インターネットプロバイダのDTIが展開する格安SIMです。

DTIは、「DTI SIM」という格安SIMも展開していますが、このTONEモバイルはサポートに注力した格安SIMとなっており、初めて格安SIMを検討されている方にも安心して加入することができます。

TONEモバイルはドコモ回線となっており、料金プランは1種類だけと選びやすいのも魅力です。

基本的に専用のAndroidスマホをセット購入して利用する格安SIMとなっており、TONEモバイル専用端末は21,780円と安価なのでお年寄りや子供のスマホデビューにもオススメです。

他にも見守り機能が充実しており、フィルタリング・アプリ利用制限・利用時間制限・自画撮り被害防止機能・居場所確認機能といった様々な管理できるので、親からしても子供に初めて持たせるスマホとしては安心な格安スマホとなっております。

ひよっこ
ひよっこ

子供のスマホデビューには最適やな!

TONEモバイルのメリット
  • セット販売のAndroidスマホが安価
  • 画面がシンプルでお年寄りや子供などスマホ初心者にもわかりやすい
  • 見守り機能が充実
  • 店舗が豊富でサポートも安心
  • 動画再生などの大容量通信は専用チケットが必要(子供の管理に便利)
TONEモバイルのデメリット
  • 多くの人がスマホを使う時間帯で通信速度が遅くなりやすい
  • Androidは専用端末以外は非対応
  • 動画再生などの大容量通信は専用チケットが必要(不便に思われる方も)
TONEモバイルをオススメできる方
  • 通勤通学時・お昼・帰宅ラッシュ時の速度低下を許容できる方
  • お年寄りは子供などのスマホ初心者の方
  • 動画再生などはせずに、ネットサーフィンくらいのライトユーザーの方
TONEモバイルをオススメできない方
  • スマホはどんな時でも高速通信がいい!という方
  • 5Gスマホをお持ちの方
  • お持ちのAndroid端末で乗り換えを検討されている方
  • 通話を沢山する方
  • スマホヘビーユーザーの方
ちくわ
ちくわ

iPhoneを持ちたい方向けに、「TONE SIM for iPhone」というサービスもあるで!
TONEモバイルは、Android専用端末かiPhoneのみ対応やから注意してな!

Links Mate

Links Mateは、通信機器の販売やゲーム開発のサポートなどを行う「Logic Links」が展開する格安SIMです。

ゲーム開発を手がけていることもあり、契約することで対象のゲームアプリの通信量を90%以上カットしてくれたり、豪華な特典がもらえるなどユニークな特徴があります。

ゲーマーの方だけにオススメというわけではなく、カウントフリーオプションにより対象コンテンツ(ABEMA TVやU-NEXTなど)も通信量をカットしてくれるので対象コンテンツを使用される方はお得になります。

その他、料金プランの種類も格安SIM業界で最多となっており、自分にあった料金プランを選択することができたり、かけ放題オプションや格安SIM業界ではまだ貴重な5Gに対応しており無料で使用することができるのも魅力の一つでしょう。

ひよっこ
ひよっこ

ゲーマーにも、ゲーマー以外にもオススメできるんやな!

Links Mateのメリット
  • カウントフリーオプションで対象ゲームやコンテンツが通信量カット
  • 対象ゲームの特典がもらえる
  • 5G対応
  • 豊富な料金プラン
  • スマホセット購入に対応
Links Mateのデメリット
  • 多くの人がスマホを使う時間帯で通信速度が遅くなりやすい
  • 容量ごとに連携できるゲーム数が異なる
  • カウントフリーオプションの動画などの画質は中画質
  • 必ず解約手数料が発生する
  • 通話料は安くない
Links Mateをオススメできる方
  • 通勤通学時・お昼・帰宅ラッシュ時の速度低下を許容できる方
  • 対象ゲームやコンテンツをご利用中の方
  • 自分にあった料金プランを選びたい方
  • 5G対応スマホをお持ちの方
  • スマホのセット購入を検討されている方
Links Mateをオススメできない方
  • スマホはどんな時でも高速通信がいい!という方
  • 動画は高画質がいい!という方
  • 通話を沢山する方
  • 色々な格安SIMを使ってみたいとお考えの方
ちくわ
ちくわ

対象ゲームやコンテンツを利用しているかどうかがポイントや!
気になった方はチェックしてみてな!

ペンギンモバイル

ペンギンモバイルは、業界内で唯一、社団法人として展開する格安SIM。

広告宣伝費やサービス費を必要としないのでユーザへの最大限の還元を目指しており料金の安さが特徴となっています。

24GBのデータ+SMS+音声通話プランでは、大手3キャリアの新料金プランより価格は低いのに4GBも多く使用できるなどの魅力があります。

その他、支払い方法として口座振替を使用でき、クレジットカードを持っていない方でも加入できるのもポイントの1つですね。

ひよっこ
ひよっこ

クレジットカードを持っていない方には助かるな!

ペンギンモバイルのメリット
  • 大手3キャリアの新料金プランよりお得なプランがある
  • 口座振替での支払いが可能
  • 安心の社団法人が展開している
  • かけ放題プランが充実
ペンギンモバイルのデメリット
  • 多くの人がスマホを使う時間帯で通信速度が遅くなりやすい
  • 他の格安SIMと比較してそこまで安くはない
ペンギンモバイルをオススメできる方
  • 通勤通学時・お昼・帰宅ラッシュ時の速度低下を許容できる方
  • クレジットカードをお持ちでない方
  • よくわからない格安SIM会社で契約したくない方
  • 電話をよくかける方
ペンギンモバイルをオススメできない方
  • スマホはどんな時でも高速通信がいい!という方
  • 少しでもスマホ料金を安くしたい方
ちくわ
ちくわ

通信速度を許容できるのであれば、大手3キャリアの新料金プランよりもお得になるで!

ahamo(アハモ)

アハモは、ドコモから発表された新料金プランで、2,970円で20GBの通信が可能なプラン1つだけになっています。

こちらも格安SIMと勘違いしがちですが、ドコモの料金プランの1つなので格安SIMではありません。

ドコモの他の料金プランと違うところは、受付はオンライン専用でショップでサポートを受けることができません。

オンライン専用とすることで対面による対応を省き、人件費を削減することでコストを抑えているのでやむを得ない部分ですね。

アハモ最大の特徴はなんといっても通信環境の安定性でしょう。

ドコモの高速回線を利用できるので、格安SIMと比べて通信環境の安定性は抜群です。

ひよっこ
ひよっこ

通信速度だけは譲れない人はやっぱり安心のドコモやな・・

アハモのメリット
  • 通信速度は格安SIMとは違い安定しており速い
  • 事務手数料・解約金が一切発生しない
  • 5G対応
  • 5分かけ放題が標準装備
  • 海外でも20GBまで使用できる
  • 速度制限時でも1Mbpsの通信速度
アハモのデメリット
  • 契約はオンライン限定
  • 未成年は自分で契約できない
  • キャリアメールが使えない
  • ドコモショップでサポートが受けられない
  • ドコモ光や家族割のセット割がない
  • 留守番電話が使えない
アハモをオススメできる方
  • 通信速度は常に最速でいたい方
  • スマホミドルユーザーの方
  • オンライン手続きに抵抗がない方
  • 海外での使用も検討されている方
  • 5Gスマホをお持ちの方
アハモをオススメできない方
  • 少しでもスマホ料金を安くしたい方
  • キャリアメールを使用している方
  • ドコモ光とのセット割で少しでも安くしたい方
  • ドコモショップでサポートを受けたい方
  • 家族で新料金プランへの移行を検討されている方
ちくわ
ちくわ

安定のドコモ新料金プランやな。

いきなり格安SIMは抵抗があるという方はここから始めるのもありやで!

povo

povoは、auから発表された新料金プラン。

こちらはauの新料金プランなので格安SIMではありません。

申し込みはオンラインのみで月額は0円。

そこから自分に必要な機能をトッピングしていく形の料金プランとなっております。

1GBのデータをトッピングすると390円、3GBだと990円、20GBだと2,700円といったように自分の使用用途にあうプランを好みに作ることができます。(※データには利用期間があるので注意!)

その他、通話トッピングでかけ放題をつけたりサポートトッピングをつけてスマホ故障時のサポートをつけたりと組み合わせは様々です。

ひよっこ
ひよっこ

自分の好きな組み合わせを作れるのはありがたいな!

povoのメリット
  • 通信速度は格安SIMとは違い安定しており速い
  • 事務手数料・解約金が一切発生しない
  • 5G対応
  • 大容量プランを契約すれば実質、大手3キャリアの新料金プランで最安
povoのデメリット
  • 契約はオンライン限定
  • 速度制限時が128kbpsと遅い
  • 海外でのデータ通信ができない(Wi-Fiは可能)
  • キャリアメールが使えない
  • 留守番電話が使えない
  • 家族割や光回線とのセット割が使えない
  • 13歳以上しか使えない
アハモをオススメできる方
  • 通信速度は常に最速でいたい方
  • 5G対応スマホをお持ちの方
  • オンライン手続きに抵抗がない方
  • 自分にあった組み合わせを自由に選びたい方
アハモをオススメできない方
  • 海外でのデータ通信を検討されている方
  • キャリアメールを頻繁に利用されている方
  • 留守番電話を使いたい方
  • 店舗でサポートを受けたい方
  • 少しでもスマホ料金を安くしたい方
  • 家族で新料金プランへの移行を検討されている方
  • 光回線のセット割で少しでもお得にしたい方
ちくわ
ちくわ

auからいきなり格安SIMは抵抗があるという方は有力な候補となるで!

LINEMO(ラインモ)

LINEMOは、ソフトバンクから発表された料金プラン。

こちらはソフトバンクの新料金プランのため「格安SIM」ではありません。

LINEMOの魅力はなんといってもソフトバンク回線による高速通信。

大手3キャリアから回線を借りている格安SIMとは違い、通信速度はピカイチです。

料金プランは3GBで月990円のミニプランと、20GBで月2,728円のスマホプランの2種類のみとわかりやすくなっております。

さらに、どちらのプランにも「LINEギガフリー」というオプションが無料でついており、LINEアプリ使用時のデータ消費が一切かかりません!

ひよっこ
ひよっこ

LINEの無料通話を利用すればタダでかけ放題やん!

LINEMOのメリット
  • 通信速度は格安SIMとは違い安定しており速い
  • 事務手数料・解約金が一切発生しない
  • 5G対応
  • LINEの通信量が一切かからない
  • スマホプランなら速度制限後も通信速度1Mbps
LINEMOのデメリット
  • 契約はオンライン限定
  • ミニプランは速度制限時が300kbpsと遅い
  • キャリアメールが使えない
  • 留守番電話が使えない
  • 家族割や光回線とのセット割が使えない
  • 未成年は自分で契約できない
LINEMOをオススメできる方
  • 通信速度は常に最速でいたい方
  • 5G対応スマホをお持ちの方
  • オンライン手続きに抵抗がない方
  • LINEを酷使する方
  • 通話をよく利用する方
LINEMOをオススメできない方
  • キャリアメールを頻繁に利用されている方
  • 留守番電話を使いたい方
  • 店舗でサポートを受けたい方
  • 少しでもスマホ料金を安くしたい方
  • 家族で新料金プランへの移行を検討されている方
  • 光回線のセット割で少しでもお得にしたい方
ちくわ
ちくわ

大手3キャリアの新プランはどれも似ているものやな。
あとは好みの問題やで!

※※いっぱいありすぎて決められない方へ※※

ひよっこ
ひよっこ

色々な格安SIMがあるのは分かったんやけど・・
結局どれにすればええんやろ・・

確かに多すぎて迷ってしまいますよね・・。

そこで重視する項目別に、オススメの格安SIMをランキングにしました!

ちくわ
ちくわ

参考にしてみてな!

通信速度だけは絶対に譲れない!通信速度が遅いなんてあり得へん!という方

格安SIMはどうしても、大手3キャリアから回線を借りているため、通勤時間帯・お昼・帰宅時間帯はどうしても通信速度が遅くなります。

通信速度だけは絶対に譲れない方にオススメなのは、大手3キャリアの新料金プランである、「アハモ」「povo」「LINEMO」です。

大手3キャリアが展開しているプランのため、通信速度が遅くなるということは一切ありません。

ひよっこ
ひよっこ

通信速度・・命でっせ!!

ちくわ
ちくわ

格安SIMより料金が高くなってしまうことは覚えといてな!

通信速度も欲しい・・でも料金も安くしたい!!という方

通信速度と料金の安さを両立させているのは、「UQモバイル」と「ワイモバイル」です。

UQモバイルはauのサブブランド、ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドなので大手キャリアの新料金プランほど通信速度は安定しませんが、それでも他の格安SIMと比べて通信速度は非常に高速で安定しております。

ひよっこ
ひよっこ

大手キャリアの新料金プランより速度は速くないけど、
料金は安いんやな!

ちくわ
ちくわ

サブブランドやから安心やな!
ただ格安SIMと比べて、料金は高めやで!

安さ重視!安さを追求したい!!という方

安さを追求したいあなたにオススメの格安SIMは、「楽天モバイル」「IIJMIO」「NUROモバイル」です。

「楽天モバイル」は1GBまでであれば1回線目のみではありますが0円で利用できたり、「IIJMIO」は20GBプランが2,068円と最安クラスになっております。

「NUROモバイル」は3GBプランが792円で利用できるなど、こちらも業界最安クラスを誇ります。

ひよっこ
ひよっこ

安さこそ・・正義なり!!

ちくわ
ちくわ

通信速度が大手よりは遅いことは目をつむるしかないで!

初心者にオススメな格安SIMはどれかしら・・?という方

格安SIMにはしたいけど自分で設定したりするのはちょっと不安・・

店舗があったりサポートが充実しているのがいいな・・というあなたにオススメなのは「UQモバイル」「ワイモバイル」「楽天モバイル」「イオンモバイル」です。

「UQモバイル」はauのサブブランドのため、全国のauショップで取り扱われていることも多く、サポートを受けながらの乗り換えも可能です。

「ワイモバイル」もソフトバンクのサブブランドのため、全国のソフトバンクショップで取り扱われていることも多く、サポートを受けながら乗り換えることができます。

「楽天モバイル」は店舗があるだけでなく、料金プランもライトユーザーからヘビーユーザーまでお得になる1種類のみと非常にシンプルで、プラン選びで迷う心配がないのも特徴です。

「イオンモバイル」は全国のイオンでサービスを受けることができ初心者の方には安心です。

ひよっこ
ひよっこ

スマホ初心者には店舗があるのはありがたいな!

ちくわ
ちくわ

店舗がある、つまり人件費がかかっているということは・・
料金設定が高め、ということは忘れてはあかんで!

電話を沢山するんだけどどれがいいのかしら・・?という方

電話を沢山するから通話料金を抑えたい・・というあなたにオススメの格安SIMは、「楽天モバイル」「LINEMO」「日本通信SIM」です。

「楽天モバイル」は専用アプリ「Rakuten Link」を利用すればRakuten Linkアプリを使っていない方とでも無料で通話し放題になります。

「LINEMO」には「LINEギガフリー」という無料のオプションがついており、ラインにかかる一切のデータ通信量がかかりませんので、LINEの電話を利用すれば無料で無限に電話をかけることが可能です。

「日本通信SIM」は各プランに元から70分までの無料通話やかけ放題が付属されており、料金も非常にリーズナブルでお得になっております。

ひよっこ
ひよっこ

ついつい長電話してまう人にはええな!

ちくわ
ちくわ

かけ放題プランも各社によって様々や。
高い格安SIM会社を選ばんようにな!

データ通信をなるべく安く沢山使いたいんや・・という方

データ通信をできるだけ安く、でも気にせずに使いたい!という方にオススメな格安SIMは、「楽天モバイル」「マイネオ」「ロケットモバイル」「IIJMIO」「ドネドネ」です。

「楽天モバイル」は使ったデータ量によって料金が変わる料金体系で、楽天回線エリア内であれば無制限で使い続けても3,278円です。

「マイネオ」は月385円で通信速度1.5Mbpsではありますがデータが無制限で使える「パケット放題plus」という素晴らしいオプションがあり、ギガのコストパフォーマンスは最強です。

「ロケットモバイル」と「IIJMIO」はどちらも低速時での「初速バースト機能」というものが備わっており最初だけ高速で通信してくれるため、使い用途によっては無制限にデータ通信をすることができるようになります。

「ドネドネ」は大容量50GBプランの料金が最安クラスでデータ通信を気にせず使いたいという方には有力な選択肢になることでしょう。

ひよっこ
ひよっこ

YouTubeだけはやめられん・・

ちくわ
ちくわ

低速通信は高画質では視聴できんから注意してな!
高画質が良ければ楽天かドネドネがええな!

エンタメフリーでお得に使いたいという方

エンタメフリーを活用してお得に使いたい方にオススメな格安SIMは、「BIGLOBEモバイル」「ドネドネ」「Links Mate」です。

「BIGLOBEモバイル」は月308円でYouTubeやAbema、U-nextなどが見放題となり、データ通信量は一切カウントされません。

「ドネドネ」は対象のアプリを2つ選択することで、その2つのアプリのデータ通信を無制限にすることが可能です。

「Links Mate」はカウントフリーオプションというものがあり、対象のゲームやコンテンツの通信量を90%以上カットできるという機能があるので、お得に利用することが可能です。

ひよっこ
ひよっこ

使用するアプリがいつも決まっている人にはお得やな!

ちくわ
ちくわ

高画質で見れんかったり読み込み速度が遅くなる点は注意が必要やで!

ドコモ回線で安くしたいという方

ずっとドコモを使ってきたからドコモ回線でお得になる格安SIMにしたい!というあなたにオススメの格安SIMは、「IIJMIO」「マイネオ」「Repair SIM」です。

「IIJMIO」は20GBプランが大手3キャリアよりも低く、格安SIM界からみても最安クラスです。

「マイネオ」は、20GBプランではIIJMIOより若干高いものの、月385円で利用できるネット使い放題オプションが魅力なので掛け合わせることで低価格で利用することが可能です。

「Repair SIM」は20GBプランでは業界最安クラスの1,580円を実現しており、さらにiPhoneの修理を安くできるなどのメリットもあり魅力的な格安SIMとなっております。

ひよっこ
ひよっこ

安心のドコモ回線で使いたい人はこれやな!

ちくわ
ちくわ

最終的にはサービスなどをみて総合的に判断してな!

au回線で安くしたいという方

ずっとauを使ってきたからau回線でお得になる格安SIMにしたい!というあなたにオススメの格安SIMは、「IIJMIO」「マイネオ」「ドネドネ」「BIGLOBEモバイル」です。

「IIJMIO」は20GBプランが大手3キャリアよりも低く、格安SIM界からみても最安クラスです。

「マイネオ」は、20GBプランではIIJMIOより若干高いものの、月385円で利用できるネット使い放題オプションが魅力なので掛け合わせることで低価格で利用することが可能です。

「ドネドネ」は最大3Mbpsの速度制限があるものの50GBまで使える大容量プランが月/2,728円と非常にお得となっており、動画などは中画質くらいで十分!という方は有力な候補となるでしょう。

「BIGLOBEモバイル」は1GBプランが1年目のみではありますが770円とau回線の中では最安クラスとなっており、そこに月/308円のエンタメフリーオプションをつけると1,078円でYouTubeやAbema・U-NEXTなどが見放題になります。

ひよっこ
ひよっこ

この中でも迷ってしまいそうやな・・

ちくわ
ちくわ

自分が毎月どれだけギガを消費するか。
どんなアプリをよく利用するか。
その辺りをおさえて判断すればええだけやで!

ソフトバンク回線で安くしたいという方

ずっとソフトバンクを使ってきたからソフトバンク回線でお得になる格安SIMにしたい!というあなたにオススメの格安SIMは、「NUROモバイル」「ワイモバイル」「Repair SIM」です。

「NUROモバイル」は3GBプランが月/792円と業界最安クラスを誇り、ソフトバンク回線で少しでも安く使いたい方には有力な候補となります。

「ワイモバイル」は基本料金自体はそこまで安くないものの、家族割などのセット割が充実しており家族みんなで格安SIMを検討されている方はまとめることでお得になる可能性が高いです。

「Repair SIM」は20GBプランでは業界最安クラスの1,580円を実現しており、さらにiPhoneの修理を安くできるなどのメリットもあり魅力的な格安SIMとなっております。

ひよっこ
ひよっこ

単純に基本料金だけやなくてセット割なども意識した方がええんやな!

ちくわ
ちくわ

セット割の効果は大きいから見逃さないようにな!

子供やお年寄りにオススメの格安SIMはどれかしら・・?という方

子供やお年寄りのスマホデビューなどにオススメしたい格安SIMは、「TONEモバイル」「LIBMO」「J:COMモバイル」です。

「TONEモバイル」はサポートに注力した格安SIMとなっており、使いやすいAndroidスマホや見守り機能などが充実しており、フィルタリングやアプリの利用制限などの管理が可能です。

「LIBMO」は「TOKAI SAFE」というセキュリティサービスでお子様をネットの危険から守ったりスマホの使い過ぎ防止に有効でこのサービスを1年間無料で利用することができます。

「J:COMモバイル」は新規契約の方のための「スタート割」や60歳以上の方のための「シニア割」が充実しており、スマホデビューの方やお年寄りに向けたサービスが豊富に揃っております。

ひよっこ
ひよっこ

見守り機能は見逃せないポイントやな!

ちくわ
ちくわ

小さいお子様にはあると安心やね!

まとめ

  • 万人にオススメできる格安SIMはない
  • ここだけは譲れないというポイントを明確にしておく
  • 現在、格安SIMの方も新しい料金プランの方が安い可能性もあるのでたまに確認する
  • 格安SIMはキャリアメール・LINEのID検索ができない
  • MVNOはデータ通信が安定しない
  • MVNOの通信速度は測っている環境によって様々なので、今速くても遅くなる可能性もあり、今遅くても速くなる可能性がある
  • 通信速度で選ぶなら大手3キャリアの新料金プランか、UQモバイル・ワイモバイルなどのサブブランド
  • 安さで選ぶなら楽天モバイルかMVNO
ちくわ
ちくわ

生活を豊かにするために大きな固定費を見直すのは必須条件や!
スマホ代は余計なお金を払ってしまっている可能性が高いのでぜひ見直してみてな!

コメント