ドコモから楽天モバイルへの乗り換え手順から注意点までを楽天モバイルユーザーが完全解説!

楽天モバイル
ちくわ
ちくわ

どうも、ちくわやで!!
この記事は、ドコモから楽天モバイルへ乗り換えるまでの手順を、楽天モバイルユーザーであり何社もの携帯会社を渡り歩いた乗り換えのプロのワイが分かりやすく1つずつ解説するで!

これを読めば乗り換えに迷うことはないからぜひ参考にしてな!!

急いでいる方は結論を先にどうぞ!
  • 楽天モバイルは段階料金プランを採用しており、スマホライトユーザーからヘビーユーザーまでオススメできるが、楽天回線に繋がらないところがまだまだあるので必ず楽天回線エリアを確認することをオススメする
  • 楽天のホームページに掲載されている楽天回線エリアは参考程度なので、契約前に必ず今のスマホで楽天回線エリアを掴むことができるか確認する。
  • 事前準備として必要なもの
    ・運転免許証などの本人確認書類
    ・支払いに使うクレジットカードや銀行口座番号
    ・パソコンやタブレットなどの楽天モバイルを契約する端末以外の通信環境(初期設定で使用)
  • 乗り換えの流れは次の通り
    1.自宅や会社が楽天回線エリアか確認する(楽天回線エリア外だとしても使用用途は十分にあり!)
    2.自分のスマホが楽天モバイルで使えるか確認する
    3.データ移行の準備をする(スマホ新規購入の方のみ!)
    4.SIMロックを解除する(スマホ継続使用の方のみ!)(2021年10月1日以降に発売されたスマホはSIMロックはかかっていません!)
    5.MNP予約番号を取得する(予約番号の有効期限は15日間なので注意!)
    6.楽天モバイルを申し込む(電話番号選択の時に必ず他社からの乗り換え(MNP)を選択!)
    7.初期設定をする
    8.データを移行をする(スマホ新規購入の方のみ!)
    9.キャリアメールの持ち運びを申請する(必要により)
    おまけ.Rakuten Linkの登録を忘れずに(Rakuten Linkを使わないと通話料無料になりません!)
乗り換えフローチャート図
乗り換えフローチャート

以下、本編になります!

ひよっこ
ひよっこ

ドコモから楽天モバイルに乗り換えたいんやけど・・
どんな手続きとかしたらええのん?

その辺、さっぱりわからんのやけど・・

ちくわ
ちくわ

乗り換えはそんなに難しいもんではないで!
ただ初めての方は何からしたらいいのかわからんと思うから、ステップ1〜ステップ9まで順を追って解説するで!

スマホ代は高い人では1万円以上も払っておりますが、安い人では数百円から1,000円ほどで済んでいる方もおります。

これだけ金額に差があっても両者の満足度はそれほど変わらないんです。

それなら安い方がいいですよね!

楽天モバイルは使った分だけ料金を支払う段階料金プランとなっており、データ通信が1GBまでなら無料、20GB以上使っても税込3,278円でデータ無制限で利用できるなど、ライトユーザーからヘビーユーザーまで納得して利用できる魅力的な携帯会社となっておりますので、乗り換えることでどんなにスマホ代を使っても3,278円以上かからないという安心感得ることができます。

しかし一方で、楽天回線に繋がりにくいというデメリットもあるので、メリットやデメリットはよく確認されておくことをオススメ致します。

メリット・デメリットの詳細はこちら!
ちくわ
ちくわ

乗り換えて後悔しないように、メリット・デメリットはよく確認しておいてな!
では次から乗り換えの手順を解説するで!

ドコモから楽天モバイルへの乗り換え全手順

それでは順番に一つずつ解説します。

その前にこちらの準備を!
  • 運転免許証等の本人確認書類
  • 支払いに使うクレジットカードや銀行口座番号
  • パソコンやもう1台のスマホなどの通信環境(初期設定で利用します)

ステップ1:自宅や会社が楽天回線エリアか確認する

楽天モバイルは自社回線となる「楽天回線」を利用しており、その範囲も着実に広くなっています。

しかしまだまだ繋がらない場所があるのも事実で、データ無制限が魅力で契約したものの家や職場が楽天回線エリア外となると自動的にパートナー回線であるau回線に接続され、5GBまでしか利用できなくなってしまいます。

そのため、契約前には必ずスマホをよく利用する場所が楽天回線エリア内かを確認する必要があります。

ひよっこ
ひよっこ

それなら問題ないで!
ちゃんとここで確認しとるからな!
我が家も会社も濃いピンク色やったからな!

ちくわ
ちくわ

楽天の公式サイトやからここで確認することも必要なんやけど・・
これはあくまで目安なんやな。

私も楽天モバイルユーザーですが、契約する前にこちらのエリアマップを確認して自分の家が濃いピンク色に入っていることを確認して契約しました。

しかし、いざ使ってみると家の中はどこも楽天回線を掴むことができずパートナー回線となってしまったのです!

原因としては私の家がちょうど基地局の境目だったのか、障害物が多かったなどが考えられます。

ひよっこ
ひよっこ

そんなことあるんや・・
契約する前に確認する方法とかないんか!?

それにはこちらの記事をご覧ください!

契約前に必読の内容です!!
ちくわ
ちくわ

自分の家が楽天回線エリアかどうか確認出来たやろか?

※楽天回線エリアではなかった方へ※

楽天モバイルは楽天回線から外れるとパートナー回線であるau回線となり、5GBまでしか利用できません。
しかしau回線の場合のみ、低速通信と高速通信の切り替えができるので低速通信のままにしておくとデータ容量を一切消費しません。(楽天回線ではこの切り替えは出来ません)
この低速通信は、ネットサーフィンやYouTubeなどの動画再生なども中画質程度であれば問題なく視聴することができ、低速通信のまま利用し続ければデータ容量は消費せず1GBも利用しないので、利用料金を無料にすることも可能です。
・楽天回線エリアの方は高速通信無制限!
・楽天回線エリア外の方は低速通信だがスマホ料金無料も可能!
と、どちらも大きなメリットがあります。
また、楽天回線は順次基地局を増やしているので今は楽天回線エリア外だとしても今後、エリア内に入る可能性は十分にあります。
楽天回線エリア外だとしても使い方次第では十分利用する価値はあるので検討いただければと思います!

ちなみに、楽天モバイルの1Mbpsの速度はこれくらいです。

ステップ2:自分のスマホが楽天モバイルで使えるか確認する

チェック!

このステップは楽天モバイルで新たにスマホを購入される方は必要ありません。
ドコモで購入したスマホを使って楽天モバイルに乗り換える方、または家電量販店などでスマホを購入する予定の方が確認する内容となります。

大手キャリアは国から割り当てれた「周波数帯」というものを使って通信事業を行なっています。

一方、スマホ本体にも対応できる「周波数帯」というものがあり、端末により対応できる周波数は異なっており、これを「対応周波数」と言います。

ドコモで販売されているスマホは、ドコモ回線の周波数帯に対応したスマホが売られているので対応周波数を気にする必要はありませんが、ドコモで購入したスマホを他社回線で利用する場合には、ご使用のスマホと他社回線の相性がいいのか周波数を確認する必要があります。

これを「対応周波数の確認」と言います。

この確認を怠ると最悪使えなく使えなくなってしまう可能性もあるので、必ず確認するようにしてください!!

ひよっこ
ひよっこ

なんか難しそうやな・・

ちくわ
ちくわ

どうしてもわからん方は楽天のホームページで自分のスマホが対応しているかを簡単に確認することもできるで!
ただ、対応周波数というものがあるということは知っておいて損はない知識やからぜひ覚えといてな!

ステップ3:データ移行の準備をする(スマホ新規購入の方のみ)

スマホを新規購入される方は、元々使用されていたスマホからのデータ移行の準備をしておく必要があります。

大切なデータはこんなに沢山!
  • 電話帳
  • 撮影した写真・動画
  • LINEアカウント
  • SuicaやPASMOなどの情報
  • SNSなどのアカウント情報
  • ゲームアプリなどのアカウント情報

これらのデータが無くなってしまうのは大問題ですよね・・

ひよっこ
ひよっこ

大問題どころの話やないで・・

ちくわ
ちくわ

間違えないように確実にデータ移行してな!

要チェック!!

データの移行は、新しいスマホが届いてから古い機種と新しい機種を操作して完結しますが、古いスマホを解約する前に確認・設定・インストールしておくべきアプリなどがありますので事前に一度確認しておきましょう!

解約前にデータ移行の流れをチェック!

ステップ4:SIMロック解除をする(スマホ継続使用の方のみ)

こちらも楽天モバイルで新たにスマホを購入される方は必要ありませんが、ドコモで使用していたスマホをそのまま使って楽天モバイルへの乗り換えを検討されている方はSIMロックを解除する必要があります。

SIMロックとは

大手キャリアで購入したスマホには購入元のキャリアの回線しか利用できないようにスマホ本体にSIMロックというものがかかっています。
つまりドコモは、ドコモ回線しか利用できないようにSIMロックがかかっていますので、これを解除しないと楽天モバイルに乗り換えても楽天回線を使用することはできません。

総務省のガイドラインにより2021年10月1日以降に発売されているスマホにはSIMロックは掛かっておりません!

SIMについて詳しく知りたい方はこちら!
ひよっこ
ひよっこ

SIMロックの解除なんてどうやってやるんや!?

ちくわ
ちくわ

それにはこちらに詳細の記事があるで!

ステップ5:MNP予約番号を取得する

MNPとは「Mobile Number Portability」の略で現在使用している携帯番号のまま乗り換えることができる制度のことです。

ちくわ
ちくわ

携帯電話番号ポータビリティともいうわな!

MNP予約番号の取得は「WEB上」「店舗」「電話」の3つの方法があります。

受付時間手続き先
WEB上24時間My docomo
店舗各店舗によるドコモショップ
電話9時〜20時ドコモ電話:151
フリーダイヤル:0120-800-000
MNP取得方法

オススメはやはり24時間対応ですぐに可能なWEB上となります。

以下、WEB上でのMNP予約番号の取得方法になります。

MNP取得方法はこちら!
  1. 「My docomo」にログインする
  2. 検索窓に「MNP」と入力すると、検索候補に「携帯電話番号ポータビリティ予約(MNP)」と出てくるのでタップ
  3. もう一度「携帯電話番号ポータビリティ予約(MNP)をタップ」
  4. 「お手続きをする」をタップ
  5. 画面の指示に従い手続きを進めると送られてくるメールにMNP予約番号が記載されている

※MNPの有効期限は予約日を含めて15日間となっているので気をつけましょう!※

ステップ6:楽天モバイルを申し込む

ドコモでMNP予約番号を取得したら、次は楽天モバイルへの申し込みです。

申し込み手順を解説するに1点だけ確認していただきたいことがあります。

申し込みを進めていくとSIMのタイプを選択することになるのですが、ここが初めての方には若干のつまずきポイントなので「SIMタイプって何!?」という方は予め下記の参考記事で確認しておきましょう。

ちくわ
ちくわ

要するに、物理的なSIMカードを入れ替えるか、内蔵されているSIMカード(eSIM)の情報を書き換えるか、どちらにしますか?ってことやで!

それでは実際の申し込み手順を見ていきましょう!!

楽天モバイルへの申し込み方法はこちら!
  1. 楽天モバイルの公式サイトを開く
  2. 「新規/乗り換え(MNP)お申し込み」をタップ
  3. 楽天カードや楽天銀行の同時申し込みなどもできますが、今回は「楽天モバイルのみ申し込む」をタップ
  4. 「プランを選択する」をタップ(1プランしかありません!)
  5. 追加したいオプションがあればチェックを入れ、「SIMカード」または「eSIM」選択する
  6. SIMカードのみ申し込みの場合は「この内容で申し込む」をタップ。スマホを同時購入される方は「製品選択へ進む」をタップし端末を選びカートへ追加したら「この内容で申し込む」をタップ
  7. 楽天会員ログイン画面になるのでログインする
  8. 本人確認を求められるので「書類画像をアップロード」または「受け取り時に自宅で確認」を選択し、「次へ進む」をタップ(書類画像のアップロードが簡単でオススメ!)
  9. 電話番号の選択をする。必ず「他社からの乗り換え(MNP)」を選択し、電話番号やMNP予約番号を入力する
  10. 受け取り方法や支払い方法を登録し、申し込み手続きを完了する。

これで申し込みは完了となります。

SIMカードを申し込まれた方は数日でSIMカードが自宅へ郵送され、eSIMで申し込まれた方は初期設定をすれば完了です。

ステップ7:初期設定をする

楽天モバイルのSIMカードが届いたら、ドコモ回線から楽天回線への切り替えが必要となります。

回線切り替え・開通手続き方法
  1. my 楽天モバイルにアクセスし、右上の3本線をタップ
  2. 「申し込み履歴」をタップ
  3. 該当の申し込み番号を選択し、「MNP転入する」をタップ
  4. 回線切り替え作業完了
ひよっこ
ひよっこ

簡単にできるんやな!

ちくわ
ちくわ

9時〜21時までに手続きをすれば当日中に切り替わるで!
21時以降に手続きした場合は、翌日の9時以降となるから覚えといてな!

楽天回線に切り替わると同時にauは自動解約となりますので、改めてドコモで解約手続きを行う必要はありませんのでご安心を!

要チェック!

初期設定はiPhone・iPad・Androidの端末ごと・SIMカードの種類などにより異なります。
公式HPに初期設定方法が載っているのでこちらから確認してください!

ステップ8:データを移行する(スマホ新規購入の方のみ)

新しいスマホが届いたら古いスマホの情報を新しいスマホへ移しましょう。

データの移行方法はiPhoneからiPhoneの場合、AndroidからAndroidの場合、iPhoneからAndroidの場合、AndroidからiPhoneの場合とそれぞれデータ移行手順が異なりますのでご注意ください。

ちくわ
ちくわ

電話帳・写真・LINEアカウント・SuicaやPASMOなど・・
大切なデータやから確実に移してな!

大切なデータを確実に移しましょう!

ステップ9:キャリアメールの持ち運びを申請する(必要により)

ドコモでいう「キャリアメール」とは、「〜@docomo,ne.jp」のメールアドレスのことで、本来このメールアドレスは乗り換えてしまうと利用することができなくなってしまいます。

しかし2021年12月16日より持ち運ぶことが可能となりましたので、楽天モバイルに乗り換えてもキャリアメールを使いたいという方は忘れずに申し込みましょう。

MNP予約番号を取得する際に同時に申し込むことができますが、ドコモ回線を解約後であっても31日以内であればキャリアメールの持ち運びを申し込むことができます。

注意点などの詳細はこちら!
ひよっこ
ひよっこ

長年使ってきたアドレスやからな・・

ちくわ
ちくわ

月額料金がかかるから必要なかったら申し込まんでええで!

おまけ:Rakuten Linkを登録する

最後はRakuten Linkの登録です。

これを使用しないと通話料は無料とならないので、忘れずにアプリをダウンロードし登録しておきましょう。

ちくわ
ちくわ

GooglePlayストアやAppStoreからダウンロードできるで!

まとめ

  • 楽天モバイルは段階料金プランを採用しており、スマホライトユーザーからヘビーユーザーまでオススメできるが、楽天回線に繋がらないところがまだまだあるので必ず楽天回線エリアを確認することをオススメする
  • 楽天のホームページに掲載されている楽天回線エリアは参考程度なので、契約前に必ず今のスマホで楽天回線エリアを掴むことができるか確認する。
  • 事前準備として必要なもの
    ・運転免許証などの本人確認書類
    ・支払いに使うクレジットカードや銀行口座番号
    ・パソコンやタブレットなどの楽天モバイルを契約する端末以外の通信環境(初期設定で使用)
  • 乗り換えの流れは次の通り
    1.自宅や会社が楽天回線エリアか確認する(楽天回線エリア外だとしても使用用途は十分にあり!)
    2.自分のスマホが楽天モバイルで使えるか確認する
    3.データ移行の準備をする(スマホ新規購入の方のみ!)
    4.SIMロックを解除する(スマホ継続使用の方のみ!)(2021年10月1日以降に発売されたスマホはSIMロックはかかっていません!)
    5.MNP予約番号を取得する(予約番号の有効期限は15日間なので注意!)
    6.楽天モバイルを申し込む(電話番号選択の時に必ず他社からの乗り換え(MNP)を選択!)
    7.初期設定をする
    8.データを移行をする(スマホ新規購入の方のみ!)
    9.キャリアメールの持ち運びを申請する(必要により)
    おまけ.Rakuten Linkの登録を忘れずに(Rakuten Linkを使わないと通話料無料になりません!)
乗り換えフローチャート図
乗り換えフローチャート

いかがだったでしょうか。

手順を文字に起こすと大変そうに感じますが、あっという間に出来てしまいます。

初期手数料はかからないので無料で契約できるだけでなく、万が一気に入らなかったとしても最低契約期間や解約金なども設定されていないので気軽に解約することも可能です。

ぜひ一度、お気軽にお試しいただければと思います!

\乗り換えで最大3万円分のポイント還元!/
メリット・デメリットは必ず確認しましょう!
他社も気になる方はこちらもどうぞ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました