【プロ直伝】ドコモからLINEMO(ラインモ)へ乗り換える手順から詳細な注意点までを乗り換えのプロが解説!

LINEMO
ちくわ
ちくわ

どうも、ちくわやで!
この記事はドコモからLINEMOへの乗り換えを検討している方が迷わずに乗り換えられるように、何社もの携帯会社を渡り歩いてきた乗り換えのプロであるワイが、乗り換えるまでの全ての手順から手順ごとの注意点などを初心者さん向けにわかりやすくゆっくりと解説するで!
ぜひ読んでみてな!!

ゆっくり読む時間がない方は結論を先にどうぞ!
  • 事前準備として必要なもの
    ・本人確認書類(運転免許証・マイナーバーカード・健康保険証+補助書類・在留カード+補助書類などいずれか1点)
    ・本人名義のクレジットカードまたは口座振替用の銀行口座番号
    ・現在利用中の端末(LINEMOでは新しいスマホの購入はできません)
    ・キャリアメール(@docomo.ne.jp)以外のメールアドレス
    ・Wi-Fi環境(iPhoneユーザーのみ)(初期設定で必要)
  • 乗り換えの流れは次の通り
    1.自分のスマホがLINEMOで使えるかチェックする
    2.データ移行の準備をする(スマホ新規購入者のみ)
    3.SIMロック解除をする(SIMフリースマホをお持ちの方は不要!)
    4.ドコモでMNP予約番号を取得する(同じ電話番号を使いたいなら必須!)
    5.LINEMOを申し込む
    6.初期設定をする
    7.データ移行をする(スマホ新規購入者のみ)
    8.キャリアメールの持ち運びを申請する(必要により)
乗り換えフローチャート図
乗り換えフローチャート図

以下、本編になります!

ひよっこ
ひよっこ

ドコモでスマホ使っとるんやけど料金が高くてな・・・
LINEMOがワイにあってそうで気になっとるんやけど・・
乗り換えってしたことないんやけど何からしたらええんや!?

ちくわ
ちくわ

乗り換えは難しそう・・と感じる方も多いんやけどそんなことないんや!
乗り換えの流れさえわかれば誰でも簡単にできてしまうんやで!
そこで今回は、何社もの携帯会社を渡り歩いてきた乗り換えのプロであるワイが、乗り換えの手順を1つずつ丁寧に解説するで!

ただ1つだけ、乗り換えの前に大事なお願いがあります。

LINEMOはソフトバンクの新料金プランということで、信頼性・通信速度・料金のどれをとっても申し分ない内容ですが、どんな携帯会社にもメリットがあればデメリットも存在します。

乗り換えてから「こんなはずじゃなかった・・」と後悔しないためにも乗り換え前に必ずメリットとデメリットの双方を確認されるようにお願い致します。

デメリットも包み隠さず掲載!!
ちくわ
ちくわ

ワイのオススメしたLINEMOに乗り換えて後悔だけはしてほしくないんや。
ワイからのたった1つのお願い、忘れんといてな!

ドコモからLINEMOへの乗り換え手順

まずはLINEMOを乗り換えを進める前に事前に準備するものがありますので確認していきましょう。

LINEMO契約時に必要なもの
  • 本人確認書類(運転免許証・マイナンバーカード・健康保険証+補助書類・在留カード+補助書類などいずれか1点)
  • 本人名義のクレジットカードまたは口座振替用の銀行口座番号
  • 現在利用中の端末(LINEMOでは新しいスマホの購入はできません)
  • キャリアメール(@docomo.ne.jp)以外のメールアドレス
  • Wi-Fi環境(iPhoneユーザーのみ)(初期設定で必要です)

以上で事前準備は完了です。

それでは実際の乗り換え手順に進んでいきましょう!

ステップ1:自分のスマホがLINEMOで使えるかチェックする

要確認!!
  • LINEMOでは契約時に新規端末を購入することはできませんので、プラン変更と同時に端末を新しくしようとお考えの方は家電量販店などで事前に購入しておく必要があります。
    購入の際は必ずLINEMOで購入予定のスマホが対応しているか確認してから購入してください!

今現在、ドコモで利用しているスマホをLINEMOでも利用したい!とお考えの方は、お手持ちの端末がLINEMOで使えるか確認する必要があります。

これには、対応周波数というものが影響してるんですね。

ひよっこ
ひよっこ

対応周波数?
なんやそれは・・!?

ちくわ
ちくわ

携帯会社とスマホとの相性みたいなもんやな!

対応周波数とは?

大手キャリアは国から割り当てられた「周波数帯」というものを利用して通信事業を行なっています。
また、スマホにも対応できる「周波数帯」がありそれは端末により異なります。
これを「対応周波数」といいます。
例えばドコモが「A」という周波数帯を使っている場合、ドコモから販売されているスマホは「A」の周波数帯に対応したスマホが販売されていますので、大手キャリアでスマホを購入する場合には対応周波数について気にする必要はありません。
しかし、乗り換え先のLINEMO(ソフトバンク回線)が「B」という周波数帯を使っていた場合、ドコモで購入したあなたのスマホが「B」の周波数帯に対応しているとは限らないので、事前に使えるか確認する必要があるんです。

回線とスマホ端末の周波数帯が一致していない場合、通信速度が遅くなったり最悪使えなくなってしまうとこともあり得ます。

スマホを家電量販店で購入される方は購入前に、今の端末をそのまま乗り換えても使いたい方は乗り換え前に必ず確認しておきましょう!

対応周波数について詳しく知りたい方はこちら!
ひよっこ
ひよっこ

対応周波数の確認って難しそうやない・・?

ちくわ
ちくわ

自分の端末の周波数を確認してソフトバンクの周波数を確認するだけやから難しくはないんやけど、初心者の方やと複雑に感じるかもしれんな・・
そんな時は下記リンクから自分のスマホが使えるか簡単に調べる方法もあるから確認してみてな!

ステップ2:データ移行の準備をする(スマホ新規購入者のみ)

※現在お使いのスマホをそのままLINEMOで利用する方は不要なステップです※
(ステップ3へ進む)

家電量販店などでスマホを購入し、LINEMOへの乗り換えと同時にスマホを新しくしたい!とお考えの方は、古いスマホから新しいスマホへ大切なデータを移行するための「準備」が必要になります。

大切なデータはたくさんありますよね!
  • 電話帳
  • 撮影した写真や動画
  • LINEアカウント
  • SuicaやPASMOなどの情報
  • ゲームアプリなどのアカウント情報
  • SNSなどのアカウント情報
ひよっこ
ひよっこ

確かに・・
必要なもんばかりやでぇ・・

ちくわ
ちくわ

データ移行は確実に行なっていきたいとこやね!

要チェック!

データの移行は新旧スマホを操作することで完結しますが、環境によっては乗り換えをする前に「設定」「確認」「アプリインストール」など準備するものがありますのでデータの移行方法について事前に流れを確認しておきましょう!

ドコモ解約前に流れを確認!

ステップ3:SIMロック解除をする(端末の新規購入の方は不要)

家電量販店などでSIMフリースマホ端末を購入される方は不要な作業となります。
ステップ4へ進む

今現在、ドコモでスマホを使われているのであればおそらく、ドコモから購入したスマホをお使いではないでしょうか?

ドコモに限らず大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)で購入したスマホには「SIMロック」というものがかかっており、この状態では乗り換えたとしてもスマホを利用することができなくなってしまいます。

ひよっこ
ひよっこ

なんでそんなロックがかかっとんねん・・・

ちくわ
ちくわ

他社に乗り換えられないようにするためやな・・

SIMロックとは?

大手キャリアで購入したスマホには、他社へ乗り換えられないように「スマホ本体」にSIMロックというものがかけられています。
この状態で他社に乗り換えたとしても他社回線の電波をキャッチすることができず、スマホを使うことができませんので、乗り換えをする前にSIMロックを解除する必要があるんです。

要チェック!!

※SIMロックはユーザーの乗り換えの弊害になることから、総務省のガイドラインによりスマホにSIMロックをかけることは原則禁止とされ、2021年10月1日以降に発売されているスマホにはSIMロックはかかっておりません!

SIMロックについて詳しく知りたい方はこちら!
ひよっこ
ひよっこ

余計なことをしおって・・
このロックはどうやって解除したらええんや・・

ちくわ
ちくわ

WEB上でも店舗でも簡単に解除することができるで!
ただ、店舗やと待ち時間もあるし手数料も3,000円以上取られてまうから、オススメは断然WEB上やな!

SIMロック解除をしておけばお手持ちの端末を売却する際に価値が上がったり、今後の乗り換えがさらに簡単になりますのでチャチャっと済ませてしまいましょう!

SIMロック手順はこちら!(4〜5分でできます!)

ステップ4:ドコモでMNP予約番号を取得する

LINEMOに新規で契約される方や、新しい携帯電話番号にしたい方は不要な作業です。
(ステップ5へ進む)

MNPとは「Mobile Number Portability」の略で、現在の電話番号をそのまま引き継いで乗り換え先の携帯会社でも使いたいですよ!とドコモへ申請することをいいます。

ちくわ
ちくわ

「番号ポータビリティー」なんてよく聞くやろ?
多くの方は今の電話番号をそのまま使うはずやから、このステップは確実に行なっていこな!

要チェック!

「MNP予約番号を取得するとドコモはすぐに使えなくなってしまうの!?」と心配される方がおりますが、この作業はあくまでも乗り換えを予約している段階になりますので解約されるわけではありません!
つまりLINEMOと契約をしない限りドコモで問題なく使用することが可能です。
LINEMOで契約を進めて、LINEMOとしてスマホが使えるようになったときにドコモは自動解約されますのでご安心をください!

それでは早速ドコモでMNP予約番号を取得していきましょう。

取得方法としては、「WEB上」「店舗」「電話」の3つの方法があります。

受付時間手続き先
WEB上24時間My docomo
店舗各店舗によるドコモショップ
電話9時〜20時ドコモ電話:151
フリーダイヤル:0120-800-000
MNP取得方法
ちくわ
ちくわ

オススメは手間もかからないWEB上やで!
24時間いつでもOKや!

以下、WEB上でのMNP予約番号の取得方法になります。

MNP取得方法はこちら!
  1. 「My docomo」にログインする
  2. 検索窓に「MNP」と入力すると、検索候補に「携帯電話番号ポータビリティ予約(MNP)」と出てくるのでタップ
  3. もう一度「携帯電話番号ポータビリティ予約(MNP)をタップ」
  4. 「お手続きをする」をタップ
  5. 画面の指示に従い手続きを進めると送られてくるメールにMNP予約番号が記載されている
ここに注意!

MNPの予約番号には有効期限があり15日間となっておりますが、LINEMOでの契約の場合は予約番号の有効期限が10日以上残っている必要があります。
有効期限が10日以上ないと契約申し込み時にエラーが発生しますので、MNP予約番号取得後は早急にLINEMOの申し込みを進めるようお願い致します!

店舗でMNP予約番号を取得される方は、様々なキャンペーンなどの誘惑により引き止めにあう可能性があります。

誘惑に負けない折れない心も忘れずに持っていきましょうね!(笑)

ちくわ
ちくわ

ネットでMNP番号を取得する方法もわざと分かりづらくなっとるんや。
大抵は検索窓から「MNP」と検索すれば出てくるはずやから根気よく探してみてな!

ステップ5:LINEMOを申し込む

次はいよいよLINEMOへの申し込みを行なっていきます。

当サイトを「Safari」や「Chrome」などのプラウザでご覧の方は問題ありませんが、その他の環境で手続きを進めると予期せぬエラーとなる可能性があります。
お手数ですが、SafariまたはChromeでお手続きを進められますよう宜しくお願い致します。

\乗り換えで12,000円相当のPayPayがもらえる!/
LINEMO申し込み手順
  1. LINEMOの公式サイトへ入る
  2. 「今すぐ申し込む」をタップ
  3. 「今の電話番号をそのまま使用する」にチェックを入れる
  4. 現在利用中の携帯電話会社で「他社携帯電話会社」を選択する
  5. 利用するSIMの種類を選択する(SIMカードは物理的なカード型のSIM。eSIMとはスマホ内蔵型のSIMとなります。eSIMはまだ対応機種が少ないのでeSIMを使いたい場合はご自分の機種がeSIMに対応しているか確認してください!)
  6. 申し込み前の準備する書類を確認したら下までスクロールし「サービス選択に進む」をタップ
  7. プラン・通話オプション・AppleCareの加入の有無を選択し、「お客様情報の入力に進む」をタップ
  8. 乗り換え予定の電話番号やMNP予約番号・契約者情報・支払い方法などを入力する
  9. 本人確認書類をアップロードする
  10. 「申し込み内容の確認に進む」をタップ
  11. 内容を確認したら「重要事項の確認にすすむ」をタップ
  12. 申込内容・約款・重要事項説明などを確認・チェックを入れる
  13. 契約書類の確認方法を選択する
  14. 最終確認に同意し、「上記に同意の上申し込みを確定する」をタップ
  15. 受注番号が表示されるのでスクリーンショットなどで控えておく
ちくわ
ちくわ

これで申し込みは完了やで!
SIMカードの方は早くて2日(土日祝含まず)くらいでSIMカードが届くはずや!

ステップ6:初期設定をする

LINEMOよりSIMカードが届いたら初期設定を行っていきましょう。

eSIMの方はスマホアプリから簡単に初期設定をすることが可能ですのでぜひ活用ください。
iPhoneの方はこちら!
Androidの方はこちら!

初期設定の流れは「回線切り替え」→「SIMカードの挿入」→「APN設定」→「動作確認」の順番になります。

ちくわ
ちくわ

では初めに回線切り替えから見ていこか!

回線切り替え方法

回線切り替えとは、通話回線をドコモ回線からLINEMO(ソフトバンク)回線に切り替える作業です。

LINEMOの回線切り替えはWEB上で行う方法と、電話をして音声ガイダンスに従って行う方法と2つの方法があります。

それではWEB上で回線切り替えをする方法から確認していきましょう。

回線切替方法(WEB上)
  1. SIMカードが届いたら「商品発送のお知らせ」というメールが届く
  2. そのメールに記載されているURLをタップ
  3. 画面の案内に従って必要な情報を入力する

次は音声ガイダンスによる回線切替方法です。

回線切替窓口

TEL:0800-919-3448
対応時間:10時〜19時

回線切り替えは申し込んでから数十分で完了する場合もありますが、長いと1〜2時間待つ場合もありますので、気長に待ちましょう!

また、回線切り替えは行わなくてもSIMカードが到着した日を含めて7日後に自動で回線切り替えが行われますのでご注意ください。

ひよっこ
ひよっこ

だったら待ってればええやん?

ちくわ
ちくわ

突然回線が切り替わると焦るで・・

続いてSIMカードを挿入していきましょう。

SIMカードの挿入・入れ替え(eSIMの方は不要な作業です)

ここに注意!

SIMカードを入れ替えるときは必ず電源を切り、充電器や外部接続端子からケーブルなどを取り外してから作業するようにしてください!

SIMカードを交換するには蓋を指でパカっと開けて交換できるタイプもありますが、「シムピン」が必要になるタイプもあります。

シムピンが置かれている
シムピン
ひよっこ
ひよっこ

シムピン・・・
そんなんありましたっけ・・?

ちくわ
ちくわ

SIM交換でシムピンが必要になるタイプのスマホには購入時に同封されているはずやで!

シムピンがない場合はクリップでも代用できるのでご安心を!

クリップを伸ばせばシムピンの代わりになる
クリップを伸ばしても可能!

スマホの脇などに丸いポッチがあるので、そこにシムピンかクリップの先端をブッ刺します。

シムピンを挿す場所はiPhone 4以降、iPhone/iPad共に端末の右側面に統一されていますが、Androidは機種によって様々なのでシムピンを挿すちっちゃい穴を頑張って探してください!
※2015年頃までに発売された機種は裏蓋を外してSIMカードを交換するタイプもあるので注意!

SIMピンを差し込む位置

丸ポッチにシムピンを差すとこんな感じで「SIMトレイ」に乗っかっているSIMカードが出てきます。
※結構固いので強めに差さないと出てきません!

SIMトレイが飛び出している状態

SIMトレイごとSIMカードを取り出しましょう!(SIMカードの表裏や切り欠きの向きなどを確認しておくと悩まずに入れ替えられます!)

スマホからSIMを取り出した状態

送られてきたSIMカードをパキッと折って切り離し、切り欠きの向きに注意してSIMトレイに乗せてください。

SIMカードの切り欠きの向き

SIMカードを入れ替えて電源を入れればSIMの挿入は完了です。

ちくわ
ちくわ

SIMカードの金色の部分は触らないように注意してな!
綺麗な手袋などでやれば汚れる心配もないで!

最後はAPN設定になります。

APN設定

APNとは「Access Point Name」の略でデータ通信をするための設定になります。

iPhoneとAndroidで設定が異なるので順番に確認していきましょう。

iPhoneの設定

※Wi-Fiへの接続が必要になります!※

まずはiOSのアップデートを行います。
1.ホーム画面で「設定」をタップ
2.「一般」をタップ
3.「ソフトウェア・アップデート」をタップ
4.これ以降は画面に指示に従ってください

次にキャリア設定のアップデートになります。
1.ホーム画面で「設定」をタップ
2.「一般」をタップ
3.「情報」をタップ
4.数秒待つとキャリアアップデートが表示されるので「アップデート」をタップ
5.画面上部のステータスバーが「LINEMO」になっていればOK!

続いてAndroidのAPN設定になりますが、ソフトバンクで購入したAndroid端末の場合、APN設定は自動で行われますのでデータ通信ができていればこの作業は不要です。

うまく通信できない方のみ、下記の手順を行なってみてください。

ちくわ
ちくわ

端末によって文言が違うから下記手順の文言に近い言葉を探して設定を進めていってな!

Androidの設定

1.ホーム画面で「設定」をタップ
2.「ネットワークとインターネット」をタップ
3.「モバイルネットワーク」をタップ
4.「アクセスポイント名」をタップ
5.LINEMOのAPNを選択する
6.LINEMOが選択にない場合はは右上の設定をタップ
7.新しいAPNをタップし、下記を入力

名前:LINEMO
APN:plus.acs.jp
ユーザー名:lm
パスワード:lm
MCC:440
MNC:20
認証タイプ:CHAP
APNタイプ:default, mms,supl,hipri

8.右上の保存をタップしてLINEMOを選択すればOK!

最後は動作確認になります。

動作確認

11112へ電話をかけてガイダンスを最後まで聞いて電話を切ってください(通話料無料)

次にWi-Fiを切った状態でプラウザを起動し、ウェブサイトに接続できるか確認しましょう。

ちくわ
ちくわ

どちらもできれば初期設定は問題なく完了しとるで!

ステップ7:データを移行する(スマホ新規購入者のみ)

スマホを新規購入し、新しいスマホでLINEMOを使われる方は古いスマホから新しいスマホへデータを移行していきましょう。

データの移行方法は、iPhone→iPhone・Android→Android・iPhone→Android・Android→iPhoneと4パターンで異なるのでご注意ください。

ちくわ
ちくわ

電話帳・写真・動画・SuicaやPASMO情報など・・
大切な情報は沢山あるはずやろうから間違えずに移行してな!

大切なデータの移行手順はこちら!(4パターン対応!)

ステップ8:キャリアメールの持ち運びを申請する(必要により)

ドコモでいう「キャリアメール」とは、「〜@docomo.ne.jp」のメールアドレスのことです。

キャリアメールは名前の通り、大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)を利用している場合に使えるアドレスなので、以前までは大手キャリアから乗り換えてしまうと使えなくなってしまいました。

今はLINEなどの連絡手段が普及し使う人が減ってきてはいるものの、何年も前からの自分のアドレスなので愛用している方もまだまだ多いんです。

ちくわ
ちくわ

ワイの奥さんも使ってるで!
幼稚園・小学校・習い事などの連絡先に登録しとるんや。

「長年使っていたアドレスが使えなくなってしまうのは不便・・」というのが理由で乗り換えに踏み切れない方もおり、これを問題視した総務省が「公正な競争の阻害要因になる」という理由から、大手キャリアにキャリアメールの持ち運びができるよう要請しました。

これによりドコモのキャリアメールは2021年12月20日より持ち運ぶことが可能となっております。

ひよっこ
ひよっこ

それはありがたいな!

子供の学校や習い事などの連絡先などを登録する際にはメールアドレスを登録することも多いので、親世代の方などはキャリアメールを登録している方も多いのではないでしょうか。

キャリアメールが使えなくなると全て登録し直さなければいけないので引き継いで使えるというのはありがたいサービスと言えるでしょう!

ちくわ
ちくわ

キャリアメールの持ち運びは、ドコモ回線を解約後も31日以内であれば申し込み可能や!
使いたい場合は忘れずに申請してな!

注意点などの詳細はこちら!

まとめ

  • 事前準備として必要なもの
    ・本人確認書類(運転免許証・マイナーバーカード・健康保険証+補助書類・在留カード+補助書類などいずれか1点)
    ・本人名義のクレジットカードまたは口座振替用の銀行口座番号
    ・現在利用中の端末(LINEMOでは新しいスマホの購入はできません)
    ・キャリアメール(@docomo.ne.jp)以外のメールアドレス
    ・Wi-Fi環境(iPhoneユーザーのみ)(初期設定で必要)
  • 乗り換えの流れは次の通り
    1.自分のスマホがLINEMOで使えるかチェックする
    2.データ移行の準備をする(スマホ新規購入者のみ)
    3.SIMロック解除をする(SIMフリースマホをお持ちの方は不要!)
    4.ドコモでMNP予約番号を取得する(同じ電話番号を使いたいなら必須!)
    5.LINEMOを申し込む
    6.初期設定をする
    7.データ移行をする(スマホ新規購入者のみ)
    8.キャリアメールの持ち運びを申請する(必要により)
乗り換えフローチャート図
乗り換えフローチャート図

いかがだったでしょうか。

ステップ8まであるものの1つのステップは数分で終わってしまったり、環境によっては必要のないステップもあるのでサクサク進めることが可能です。

このちょっとの手間で生涯かかるスマホ代は数百万円という単位で変わってきます。

しかし多くの人は「面倒くさそう・・」「難しそう・・」「時間がない・・」と、何かと理由をつけては高いスマホ代を払い続けています。

ちくわ
ちくわ

何年も前から高い携帯料金を払ってきているから、スマホ代は高いのが当たり前やと思っている人も多いんやで。

スマホ代は高い人では1万円以上払っている方もいる一方、安いと数百円から1,000円ほどで済んでいる方もいます。

しかしこれだけ金額差があっても、両者の満足度にそれほど違いはないんです。

ひよっこ
ひよっこ

そうなん!?
だったらそら安い方がええわな!!

その無駄に気づき、ここまで読み進めていただいたあなたはとても行動力のある方だと言えます!

生活を豊かにしようと頑張っているあなたには、私がオススメするこのLINEMOに乗り換えて後悔だけはしてほしくありません。

何度ものお願いで大変恐縮ではありますが、メリットとデメリットだけは必ず確認してから乗り換えるようにしてください。

メリット・デメリットこちら!

LINEMOは大手キャリアであるソフトバンクの料金プランであり、信頼性は抜群で高速通信・低価格と魅力がいっぱいのプランとなっております。

さらに嬉しいのは最低契約期間や解約金が設定されていないので、プランを変えてみたけどどうしても自分の環境に合わなかった・・という場合でも簡単に乗り換えることが可能となっております。

ちくわ
ちくわ

解約金は1万円以上取られるところもあるんやで・・

LINEMOがあなたの環境に合えば、家計を助ける強力な味方となってくれることは間違いないでしょう!

ぜひご検討の上、お試し頂ければと思います!

\乗り換えで12,000円相当のPayPayがもらえる!/
他社も気になる方はこちらもどうぞ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました